DD54の思い出2005年06月02日 13時09分18秒

DD54と言う機関車を初めて見たのは15歳の時かなあ? 大阪駅の構内で福知山線からの列車の先頭に居たのか、姫路の播但ホームかあまり記憶がないんです。 調べてみれば解ると思うのだけれど・・・ネガでは福知山の機関区でC57やD51と一緒に写っています。 とても大きく感じたのはタブン先頭のデザインのせいだと思います。 エンジンの音も力強かったし・・・ 他の機関車と違って加速とエンジン音がリンクしているし変速時の一瞬音が止まるような感じが不思議でした。

客車に乗っていてもハッキリと変速時が解るのが面白かったし、排煙も蒸気の方が少ないんじゃ?と言うくらい油煙を吹き上げる時がありました。

初めて福知山を訪れた時は播但線はまだC57でしたし帰りは旧キロハで加古川へ出たハズなので乗ったのは翌年高1の夏かなあ

それからはよく乗りに行ったなあ だいたい播但線で姫路から上がって城崎で温泉に入って京都夜行で倉吉へ・・・この京都夜行がDF50だと、とても良く寝られる!DD54の時は加速時に変速の時に列車が揺れる・・・

けれど当時の山陰本線では最新の機関車で汽笛の音も情緒を感じていたカナ?

汽車好きじゃなかったら感じない程度の違いなんだけれどね!!

線路脇でカメラを構えていてもなんだか蒸気機関車みたいな温度を感じたって記憶があるんです。

山陰本線の最新鋭機ってイメージが強くって迫力のある機関車って感じかなあ

ちょうど出雲が急行から特急に変わった年の夏だったと思うのだけど・・・ 各駅停車で何時ものように山陰本線を下っていくと特急の通過待ちというアナウスでホームに降りカメラを持っていると。

かなり遠くから豪快なエンジン音が聞こえ始め線路の向こうにDD54が見えてきて・・・激しく上下左右に揺れながらブルブル車体を震わせて出雲のヘッドマークを掲げて猛然と通過していきます。

ところが

轟音と共にDD54が通過すると一瞬にして静かなカニの発電音と徐行しているような20系の優雅な揺れ方?カタンカタン・すーーーという感じです。

驚きましたねえ・・力一杯のDD54と余裕の20系?涼しそうな乗客? このコントラスト? 弁解すると たぶん 遅れ儀気味の出雲が場内の制限速度まで落として重量のあるDD54がポイントを通過した後にフル加速に移ったんだと・・思うんですが・・・・・・ それにしても 驚くほどの迫力と アレって感じの 20系の通過速度・・・

後にDD51が入線してきたときの余裕からすると非力だったんでしょうねえ

けれど山陰東部や播但の景色にはDD54はとても似合っていました。

幸いなことに交通科学館に保存されましたがDD54はやはり真っ黒に汚れた播但線の姿が似合いうと思いませんか?

ああ そうそう不思議なことが?大阪駅の福知山線のDD54はそんなに汚れていなかったと思うのですが? それは出雲牽引機も同じで?

なぜか??播但線の車両は真っ黒だったでしょう? それだけ播但線が過酷だったんでしょうかねえ?ただ単にDD54が条件によって油煙が凄くって播但線を往復するだけで車体が真っ黒になっていたのかなあ?

いずれにしても懐かしい機関車ですよね・・・・・・・

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック