新宿発長野行き(スハ32)2005年06月20日 09時41分24秒

新宿発長野行き、昼行の普通列車も数本走っていましたが思い出が有るのは23時55分です。
これは山好きな仲間がよく使っていて時々、送りに行ったり、山行に付きあったりしたのでちょくちょくお世話になりました。
立川以遠の最終になるこの列車の利用客は飲み過ぎたサラリーマン風の人達と山登り(ワンダーフォーゲル風が多い)が殆どでした。
その中に横田とか立川近辺の米軍関係の夜遊びグループが混じっていました。
よく乗っていたので顔見知りになったのが黒人と白人の女の子でどっちかがナンシーという名前でした。
ナンシー達は六本木のディスコで遊んでの帰りで土曜の夜はタイガイ乗って来ました。
電球の薄暗い照明、落ち着いた木目、古い客車、満員の山屋。
そこにディスコ帰りのアメリカ人の女の子ですから目立ってましたよねえ、その子達が僕らを見つけると「ハアーイ」とか言ってホームで一騒ぎして混雑している車内をかき分けて乗り込んでくるのです・・・下車する立川でまた大騒ぎで別れました。
まあ・・彼女らが下車した後はチョット恥ずかしかったかなあ?

初雁は冬だと真っ暗っだったかな?
何時だったか切符も買わずに乗っていて空が少し明るくなり始めた頃のスイッチバックの駅で止まった時、デッキから降りて歩いた事があったなあ?
スゴイ霧の朝で・・・少しずつ明るくなっていく線路脇から牧草地のような所を・・・その後?どうしたのかも?何処へ行ったのかも記憶にないけれど?
霧の中でEF13の汽笛が聞こえ遠ざかるジョイントの通過音が鳥の声と重なって・・・

EF13とマヌの煙、ナンシー達の笑い声に早朝の高原の霧・遠ざかっていく列車の音、
スハ32のイメージかなあ・・・・
学校帰りの新宿駅でマヌの中を覗いたり発車まで車内に座っていたり・・・・
まあ 記憶には残っていても写真は無いんです。