スキャナー2005年09月01日 08時56分33秒

新しくスキャナーを購入しました。
35mmが30枚一度に読み込みが可能な物です。
最初に購入したフィルムスキャナーはSCSIでホルダーにフィルムを挟んで装置に差し込みソフトを起動するとジーーっと音がして1枚づつ読み込む物でした。
18万位したかなあ?大変な作業でした。
コレってネガの読み込みたいコマにアダプタを合わせるわけで・・・・
各コマを確認して読ませる・・・と言うことは? 1枚づつ選択?
古いネガを選び始めるとキリがないんです。
そこでネガをしまってある(お菓子の箱)箱に手を突っ込んで握ったヤツから読むってルールを勝手に決めたんです。
その後、フラットで6枚読み込みの物に変わりました。
これはネガの読み込みが可能になった初期の物で機能や読み込み画像は現行の物と変わりません。
使用には問題が無かったのですが、予算に余裕が出たので30枚一度にってヤツに交代です。
今、考えるとスゴイ進化ですねえ!
今度の物はハーフも読むし6×9も可能です。
試しにフジカハーフ時代の画像を読んで見ました。
全く記憶にない写真とか有るんですよ・・・・年齢にして12歳位からの写真で・・・
露出は甘いし・・ファインダーに連動していないためピンぼけのネガは1本まるまるピンぼけ。
何より広角な上に遙か彼方に車輌が来た時点でシャッターを切っている。
けれど新参のスキャナーのお陰でそんな写真も見ることが可能になりました。