木戸孝允2006年06月01日 13時17分09秒

出石の町中にこんな場所が?
桂小五郎って人が隠れていた所ってことです!
あまり悪口を聞かないひとですよねえ?
蛤御門の後、まあ彼はやめさせようとしたのですが?
大勢の仲間が戦死して・・・・
国にも帰れず ここに隠れていた・・・・・
出石はそんな雰囲気がチョット感じられる町です。

ここから彼が長州に戻って後に維新が始まった・・と 思うのですが!

大宮車輌総合センター2006年06月02日 08時53分02秒

EF80ってもっとピンクぽい色だったと思うんですが?
イメージでは新小岩に留置されていた! って
上野の常磐線より新小岩の貨物の方が思い出にありますが?
写真は無いだろうなあ・・・・・C57・C58・D51がゴロゴロしていた頃ですから
EF80・・・撮ってないだろうなあ1

D51全般検査 12006年06月07日 08時36分08秒

D51の全般検査の写真を・・・・・
車で言えば車検ですねえ!
ただし蒸気機関車の場合は機関車自体がエンジン?
と言う訳で 殆どバラバラになっちゃいます!
点検し問題有りという部品は全て取り替えますから
作り直しみたいになっちゃうって感じですねえ!
しばらく撮してきた写真を並べて行きますので ヨロシク

D51全般検査 22006年06月08日 08時48分16秒

オイルポンプです。
機関車のランボード?ボイラーの横にある通路様の所に付いています。
オイルを供給する部品です。
蒸気機関車って水と石炭だけじゃなくオイルも結構消費する物なんです!
あっ 砂もネ
産業革命後の誕生から終末まで基本的な構造は変わらなかった機会ですから!
現在の技術で作っても・・・たいして変わらないだろうなあ?

本線用機関庫に着手2006年06月08日 08時54分14秒

制作中の秘密基地に新たに本線用機関庫を・・・
珊瑚のターンテーブルプロジェクトに合わせて密かに進行していた機関庫ですが
従来のナンチャッテターンテーブルのリファインは後回しとして新たに用地を確保しました。
コレ・・可搬可能とし運転会等に出張出来るように細工します。

D51全般検査 32006年06月09日 09時17分40秒

反射板と火の粉止めです。
煙室の中、煙突の下に付いています。
シシンダ?火の粉が飛び散るのを防ぐ部品です。

場所?覚えていませんが・・・高崎かなあ?
D51が火事になった事が!
煙室扉を開けてシシンダを掻き出す作業の準備をしていたら?
煙室内のシシンダに火が付いて煙が出てきました。
大騒ぎで消してたっけ!!

D51全般検査 42006年06月12日 13時05分02秒

電線管と砂管?
こういう部品って?新しい物と変えるんでしょうかねえ?
要するにパイプでしょ・・・?

小山の機関庫2006年06月14日 08時51分22秒

小山の機関庫の空中写真です!
現在作成中の16番の扇形庫を設計していたら扇形の角度が問題に?
現在残っている機関区や資料(大きい所が多い)は7.5°なんです!
所がこの角度では16番の場合、線路同士がくっついちゃうんです。
調べてみても確証は無かったのですが?
ココ・・・90°で10線に見えませんか? つまり9°ミタイなんです?
今となっては測る事も出来ません。
そう言う資料って有るのかなあ?

D51全般検査 52006年06月15日 09時26分30秒

シリンダーのカバーです?
こうなると殆ど屑鉄ですねえ!
チャンと元に戻るんでしょうか?
蒸気機関車って本当に部品のカタマリって判りますねえ
部品の一個ずつが大きいから余計そう見えるのかなあ

機関区 その22006年06月16日 08時46分56秒

着手後・・・ここまで
基盤と線路はダイタイこんなモンでしょう!
配線とバラスト散布・機関庫の床部塗装
それと通路かなあ?
それよりも機関庫そのもののデザインが決まっていません?
コンクリートのサッパリしたものを予定していたのですが
基礎や骨組みを検討すると木造庫でも手間は大して変わらないみたいで!