蒸気機関車の遺構2008年01月21日 09時16分34秒

これを見て解る方は?
昔々山陰本線の機関車が走っていた頃の踏み台です。
通知票って小さな皮のポーチの付いた丸い輪っかで
タブレットというのですが、それの受け渡しのための踏み台です。

駅も設備も変わってしまって・・・・
走っている列車もレールバス!

山陰本線と言っても名ばかりで

でもココに蒸気機関車が走り東京行きの特急も・・・
そんな名残が コレだけかなあ?

地方の鉄道の存続はムズカシイねえ!
赤字だから本数を減らす・・減らすから不便になる!
不便になるから本数が減る?

昔は各駅が集落の中心だったけれど今はそれも・・・

この踏み台に乗って通知票を渡していた頃・・
この駅にも官舎が有って・・
数人の駅員さんが常駐していた・・・・
今はネエ・・  駅舎もないんですよ・・

コメント

_ つじ ― 2008年01月21日 11時56分14秒

物事の栄枯盛衰は世の常。
古代の駅制でつくられた「駅(うまや)」は1,000年後の今では影も形もなく、遺跡として見られるのみ。
鉄道もいずれそうなる運命じゃろう。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック