田代トンネル訪問記2008年05月28日 11時20分36秒

蒸気機関車の撮影に山口へ度々出かけています。
撮影地としては篠直と呼ばれ有名な25%の勾配を登りきると二保へ向けて田代トンネルと言う長い隧道があります。

撮影の時に入り口まで行ってみると煉瓦作りの立派なトンネルポータルが。

YHでその話をすると興味を持ったPさんが連れて行け?
と言うわけでANNOさんとPさんをトンネルに案内?

大正期の大工事、立派な揮毫が掲げられている。
だいたい書いてる人に字の上手いヤツはいない?
新設時に未来永劫に残っていくって自覚が有ったのだろうか?
書いてある事もたいしたことが書いてあるわけではない?
はたしていつ頃からいつ頃まで?コウイウコトが行われていたのだろうか?

鉄道トンネルに最後の揮毫を添えたのは誰だったんだろ?

調べてみると天井川をくぐる日本で最初の鉄道トンネルの写真に石額は見えない?
しかし逢坂山トンネルには三条実美が揮毫しているらしい?

コメント

_ 松ちゃん ― 2008年05月28日 12時57分41秒

田代踏み切り70M行った所に石の石碑が有り、工事関係の方の名前が有ります。この碑にも松宮・・・さんが載っていた。

_ df50 ― 2008年05月28日 13時54分39秒

当時の技術では篠直の先のサミットからトンネルまでの23%を削る事が出来なかったのかなあ?

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック