ぐるっと九州旅行 202008年10月29日 08時44分35秒

小浜の温泉街を抜けて・・・加津佐へ
島原鉄道加津佐駅は枕木を剥がす作業中!

駅自体はそのままですが・・線路側は撤去した線路や枕木の山。

一昔前の廃線跡って訪ねていっても線路が残っていたり・・・
そういう情緒がなかなか良い雰囲気だったりするのですが?
最近は建設機械が良くなったのと鉄の値段が良いそうで結構早くなくなってしまう?

70年代の配線跡がサイクリングロードとかに整備され・・
結局は誰も使わず無駄な設備として荒れているのを見れば・・
そんな物かと思うけれど・・ 廃止後半年 作業真っ最中でした。

春に知り合った口之津のおばさんから寄ってくれって言われていて!
おばさんに聞いていたスーパーの駐車場に車を止めていると・・・
 それとおぼしき家の前が数人の人が? 「来たよ」って言っている?

朝からおばさんが家の前に立っていたらしい?
 で 通りかかった人達が何をしているか聞いたら”東京からペンフレンドが来る”
   そこで近所の人達が「来たら教えてあげるから」って 事だったらしい?

そのまま家に通されて? ココはどうも裏口らしい・・・・?

台所から入って居間を抜けて客間で食事をって言うけれど運ぶのも大変なのでそのまま居間でご馳走になる     これがねえ・・ 美味かったなあ!

東京を出てから昨晩まで殆ど固形物を食べていなかったのに?

入る入る! 美味い美味い 刺身に煮魚、焼き魚 畑の野菜にみそ汁!

オドロクほど美味しい!

ぐるっと九州旅行 212008年10月29日 08時46分16秒

思わぬ長居をしてしまった? 口之津まで来て・・ おお 資料館に行かなくちゃ?

Pさんが口之津灯台を見たいというので先に灯台へ放置されたような灯台と海が良かったなあ!

明治以前の常夜灯は意外な山の上で遠かった・・・・
 他の場所って突堤の先とかが多いから珍しいなあ!

口之津海の資料館を訪問する。
館長さんに挨拶を済ませるとPさん達は展示を見に館内へ・・

僕は?思わず長話で・・ しかも石見銀山の話題が出て?
館内を見ないで話し込んでしまった!

しかし・・ 春に送った写真が本当に展示されているとは 一寸 恥ずかしい!

館長さんのお話では口之津に寄港した南蛮船は”銀の船”と呼ばれていたそうで。

その時期のに日本国内銀は生産量の殆どを石見銀山が産していたと思われるのに口の津にはそれを裏付ける資料がないそうです。

そう言えば石見銀山は世界の経済を支えたとか言っているけれど?
輸出の経路はどうなっていたいたのだろう?

古龍や鞆ヶ浦の話を調べても唐人は出てきても南蛮貿易の話は出てこないなあ?

初期の石見銀山の開発には博多の商人達が関わっているから博多経由で南蛮船は銀を調達したのかなあ?

そんな話で館内を見る時間が無くなってしまった。