手打ちうどん2009年02月02日 12時49分24秒

近所に手打ちうどんの店がある!
ここは盛りが凄い!
汁物を頼むと丼にうどんだけで汁なんか入らないほど入れてしまう?
以前は食べられたけれど・・ 最近は・・ 少しにしてくれって・・
僕には少し太すぎの麺なので少しって言うと本数?が極端に減る?
まあ 出汁も丁度良いし・・ 時々、出掛けるが・・

この日は、隣に座ってた人が肉豆腐うどんを頼んだんだろうなあ?
牛肉と豆腐が一丁で一杯の鍋にてんこ盛りにうどんを載せていた?
あれじゃあ食えないだろうってくらいの大盛りを前にビックリしている!

しかも・・ そのまま食らいついて・・ ボロボロうどんが落ちる?
よっぽど、ソレは付いてる小鉢に・・って教えてあげようかと思ったが
以外に頑張っているので・・ 
案の定、食べ終わった後で小鉢の使い方を聞いている?
かわいそうに・・・ 

あっ 僕が頼んだのはコレ!
かに玉うどんというヤツ!
このかに玉だけでお腹が膨れる!
蟹の身も手でゴバッとつかんで思いっきり入れるのだが・・・
卵も凄い量なので・・・

うどんは少なめ・・・ これさあ 少なめって言わないと?
丼からうどんだけで盛り上がって汁が入らない!

良い親父なんだが・・・ 限度ってヤツが少しずれている?
 天麩羅なんか頼むとお客が怯えるくらい!
味が良いだけに・・

猫のうんこ2009年02月03日 09時24分06秒

家に帰るときに何か臭うなあ・・・
 と 猫のウンチが植え込みに!
しょうがないなあ・・・ って掃除する?

翌日、明るい所で見たら・・・ あれ? 他にも・・・
ソレを取ろうとしたら・・  わあぁ

砂利の中から出るわ出るわ・・・物凄い数のウンチ!

玄関横はご覧のように砂利が撒いてある・・・
コレが結構深い・・・ で ココは雨も当たらず乾燥している!
そこからカチカチの猫のウンチが出るは出るは・・・・

敵は用を済ますとキチンと埋めていたらしい?
 で ココは乾燥していいるから夜のウチにカチカチに?
それで臭わなかったみたい?

トコロが入りきらなくなって土の所にした?
その日は前日から雨が降っていて・・・ で 臭ったのかぁ

参ったなあ!

しょうがないので昨日から砂利の部分に毎晩、撒水しておこうと!

 が 今朝は土の上に小さなウンチが・・・・

そおかあ 砂利が濡れていて・・ でも土の上は防げないなあ?
参ったなあ・・ 取りあえず・・ 今日は消毒しておく予定だったが?
土の上まで消毒したら・・植木が枯れてしまうし・・・・・

節分の豆2009年02月04日 09時26分31秒

子供達が小さかった頃は?大イベントだったなあ!
大騒ぎして家中に撒いて怒られたなあ・・・・

しかし、最近は面倒なだけだなあ・・・

僕は元々、神様はじめ宗教的な物も含め信心は無いので
こう言う事も・・・

ところが 我が家には以外や以外・・・ 家内がこう言う事に妙に真面目?
昨日も怒られながら神棚にあげて・・ 「鬼は外」って声が出ていないって

蟹ツアーの前には初午の用意をしなければイケナイ!

それにしても節分の豆? 数年前からコレ?
 小袋に入っている! 上手い事を考える物だなあ!

なんだか 味も良くなっていない?

信心の件は・・ 人一倍?各地の寺社を詣でているが・・・・

 何故って?

もし ですよ もし
そう言う物が本当にいたら・・・ 神や仏だって 怖いぞ
逆に魑魅魍魎・鬼とか妖なんかは出てきたら・・ 対応は・・・

突然、光がでて 神様が現れたら・・  どうする?

その点は鬼は まず 豆は役に立たないはずだし?
      あっ 話がずれてきた?

初午2009年02月05日 11時33分21秒

子供の頃は自宅から少し離れた場所に公園のような広場があってソコに家のお稲荷様が有った。

丁度、登ったりして遊べる様な木がいっぱいあって楽しい遊び場だったなあ!

初午の時は家から、その場所まで旗を持たされて行くのがちょっと恥ずかしかった?

祖父が亡くなった時にソコの土地を売ってしまって自宅の庭に移動した!

お稲荷さんは庭の中に移動したのだが・・・信心している人多かったみたいで?
庭に入ってお参りする人とか? 門の外で手を合わせている人がいたなあ?

今のMSに立て替えるとき屋上に置くとかの案もあったが・・・
土の上って事で自宅の横に・・・

以前よりは旗も出さなくなったので楽になったけれど?

毎年、初午の度に地面に杭を打って穴を開けて・・旗竿を立てる!
上手い方法は無い物かって毎回思うのだが・・
一年に一回では忘れちゃうなあ?

旗をしまうときに何か工夫をすれば良いのだが・・・

今晩からお出かけ?2009年02月05日 20時03分05秒

”サンライズ出雲”に乗ってお出かけです。
明日朝早く姫路で下車・・・ 5時24分?
起きられるかなあ?  車掌さんに頼んでおこう!

今回は姫路で降りるので普通車? 座席指定ってやつですねえ!

実は、この列車の普通席って座席が無いんですよ??なのに座席指定って言うのも可笑しいなあ・・・

ラウンジも有るし・・ 今回も同行のHyama君とラウンジで夜景を見ながら・・・

姫路5時50分の播但線に乗り換えて京口まで・・!
明日は生野峠で”はまかぜ”を撮影し豊岡に保存されているC5711を見に行きます。
昼飯は但馬牛かな?  夜が恒例の”蟹”なので軽めで良いなあ!

あとは温泉でも入って・・

蟹ツアー報告2009年02月10日 09時47分16秒

寝台特急”サンライズ出雲”で出掛けます。
列車と電車ってやはり違うなあ?
  重みも違うし・・まして今回は普通車?

初めての経験です。
 各仕切にはカーテンレールは有るけれどカーテンは無い!
通路側のカーテンは有るのだが・・・・・

深夜になって床の暖房が熱い・・ 殆どが通路側のカーテンを引いているので熱の逃げ場が無いんじゃあ無いかなあ?

僕の隣は? 東京駅を出るときは女の人が座っていたけれど?
サロンでユックリして戻ったら居なかった?

Hyama君の隣は?
 とても ぶぅ なお姉さん?
夜中に・・・・ ポリポリ お菓子を食べる音がしていたそうな??

乗った印象は・・ 毛布と意味不明の布が有ったが・・枕が無い?

早朝の京口駅2009年02月12日 08時55分35秒

15才の夏だった・・・

呉線訪問の帰りに早朝の姫路駅で下車、一番の気動車で播但線に・・・
姫路駅を出て大きく曲がり、機関区の裏を回って町並みが切れた辺りで・・・

右の車窓が開けた! 線路脇のポプラ並木の向こうは地平線?

市川の土手が見えた・・  朝焼けの向こうに日の出が・・・・

次の訪問から東京発の2日目は山陽本線の夜行列車で下り適当な駅で上りに乗り換えて姫路駅で下車!

城に向かって歩き、屋台の様なバラックのうどん屋で夜食!
そうして京口駅で始発を待つようになった。

姫路は友人がいるので時々訪れるけれど・・・京口の駅には?
今では立派な住宅街で面影もない・・・・

線路を境に古い町並みと線路のむこうのポプラと原野?
 とても印象深かった!

あの景色が姫路空襲の跡と知ったのは随分後になっての事だったなあ!

一円列車2009年02月13日 08時31分10秒

僕が播但線を訪問していた頃に沿線に一円電車という明延鉱山の軌道を開放している鉄道が有った。

当時はソコへ行く方法も解らず、既に部外者の乗車も出来なくなっていたので訪問する事は出来なかった。

今回、初めて播但線に沿った道を車で移動したが・・・

Hyama君が「あれ?軽便がある」って・・・・
おお これは明延鉱山の機関車と人車だ!
帰ってから調べると・・ この鉄道の車輌はけっこう保存されているらしい?

次回があればユックリと訪問してみよう?

C57112009年02月13日 08時34分44秒

かつて京都-博多間に”かもめ”という特急列車が走っていた。
東海道・山陽本線の電化が進みC59に余剰が出るまでは九州島内をC57が牽引していた。
短い間だが特別に整備された数量のC57がその任にあたっていた!

雑誌の写真で憧れた門鉄形の除煙板に波に鴎の化粧を施し各所に真鍮の磨き出しをした機関車がC5711だった。

中学生で播但線を訪問したとき、朝一番の貨物列車をこの11号機が牽引してきた?
当時は今のように情報も無かったのでとても驚いた!

既に集煙装置や重油併燃のタンクを背負ってかなりイメージは違っていたけれど?
それでも各所に真鍮の飾りが付いていたし・・・
デッキに”かもめ”のヘッドサインを掲げた棒が立っていた・・・
当時のネガを捜してみたが? 途中駅で追い抜く写真しか見つからない?
しかも?追い抜いたのに迎え撃った写真が無い? 記憶も無い?

豊岡の公園に保存されている事は知っていたが機会が無くて訪問していなかった!

今回はメインをコレにした。

公園の屋根付きのスペースに置かれた11号機は悪戯もされてはいるが保存状態は良い方だなあ・・

それよりも不思議だったのは?
最近、磐越線を走っているC57180号機が同じタイプのデフを付けているのだが?

何か違うのかワカラナイのだけれど?
180号機で「門デフってこんなだったっけ?」と言う印象なのに対して・・・

この11号機を見たときに「違う!」と感じた?

何がと問われたらワカラナイのだが?
ボロボロになっているけれどこの11号機は凛としている!

どこがどう違うかはよく解らない? でも・・・・
公園に置かれていても・・・・・うーん

城崎温泉地蔵湯?2009年02月16日 08時41分14秒

僕の記憶では、播但線の最終で和田山に降り立ち接続の汽車で城崎へ駅から温泉街へ向かい橋を渡った地蔵湯に浸かった!

春だったと思う既に東京を出てから3日目、夜行乗り継ぎ車中泊・・・
薄暗い、あまり綺麗じゃない脱衣場だったような記憶が?

風呂を出て橋を渡ろうとしたときに踏切の照明の中を轟音をあげてD51の貨物列車が通過した!

”京都夜行”までの時間調整?駅の待合室は蟹の臭いがしていたと思う。

今回はその頃以来の地蔵湯に浸かる!
新しくなって(何時の話だ?)綺麗だし金曜の昼間では空いていて少しサッパリ感が有るが良い湯だなあ・・・
風呂を出てフト時計を見ると”はまかぜ”の通過時刻?
そこで思い出の鉄橋へ・・・・