西明寺の仏像2010年04月01日 08時27分12秒

西明寺の仏像
山門前を掃除していた方のご厚意で掃除中断で本堂に案内される。
ご本尊に線香を上げて手を合わせ、まずはお参りする。

薬師如来や日光・月光菩薩が並び両脇に一二神将が配されている。
天井部の作りや全体が狂がない? いろんな意味でコリャ凄いと驚くばかり!

裏手に回ると乱雑な感じにとりどりって風に仏像が配置されている?
表側の整然とした配置に比べ一寸見につながりがない?
持ってきた順に置いただけってそう言う感じだ?

仏像の種類?についてだけ説明をしていたが・・
説明が織田軍の侵攻に至り、ココに並んでいる像はその時に隠した物だと言う!
数々の堂や寺に有った物と聞く・・・ 凄いなあ?
聞きかじった話では信心に厚い村人達が山門手前で火を燃やし全山焼け落ちたと
説明し・・この寺だけはと守ったとなっていて・・ソコに興味があったのだが?

ここに順不動で並んでいるのが、その時の仏像群! ちょっと驚いたなあ?
案内の方はこともなげに落ち着いてからココに安置したと話すんですよ!

さてその中に2体のスラッとした形の良い仏像がありました。
観音様だったかなあ、コチラの像をご覧なさいと懐中電灯の光を当てると・・

驚いたなあ・・ 伏せていた目が開くんですよ・・

  ちょっと感動した!  凄いモノを見たなあ・・・・

一度見に行く価値は有るなあ この像だけでも・・・ とにかく凄い!

それにしてもこのお寺は気持ちがよい、最近は展示とか見に行くって感じのお寺が多いが?
ココはねえお参りって感じがするなあ・・・ 

この時点でまだ早朝って感じが抜けていない。  続く!