作州鶴田藩2010年12月01日 08時22分10秒

スローライフ列車で津山に出掛けた時に探したが見つける事が出来なかった?
大体の場所は解っていた・・ と言うか前回、横道に入れば解ったかなあ!
キハ58・28の最後の運行に出掛ける事になり再訪する事にした。
諦めて引き返した道、手前から細道に入り山手に曲がった所だった。
陣屋跡にしては規模も作りも簡素だ!
 途中には案内板のような物も無い。
探し当てた時に大きな銀杏の木と石組みに階段。
 あっ ココだと言う手応えは有った。
一目で明治に入って作った物と解る石組みがこの場所を解りにくくしている。
イメージ的には昔の小学校という雰囲気だなあ?
土地の人達がこの場所にあまり興味がないと思われる?
 だからかなあ何か感じる雰囲気でもない・・・・
一本の杭に刻んである”作州鶴田藩六万一千石””西御殿跡”
この杭を見に来た訳だからそれで良いのだが・・・・
扇原関門から始まった一連の訪問の最後をココにするには余りに何も無い!
津山市は津山城で十分に観光客を呼べると考えるだろうし・・・
石州口の戦いには津山藩も参戦していて戦わずに逃げちゃったワケで?
この距離に浜田藩が引っ越してきたら、チョットかっこわるかっただろうなあ!
そう言う事で、津山の人達も興味が無いのかなあ?
市内の資料館にも寄ってみたが鶴田藩に付いての説明は見つけられなかった。

鳥羽伏見の後に官軍に詫び許しを請うために家老が切腹したという・・・
    廃藩の後にこの藩の人達は何処へ行ったのかなあ?
    
この場所には残らなかったんだろうと・・・そう言う風景がまさに跡だなあ!
第二次長州征伐、長州側では四境戦争と呼ばれる戦いの跡を訪ねて来たが?
とりあえず石州口の戦いについての旅はコレでお終いとしよう!

津山ホルモン饂飩2010年12月01日 08時37分16秒

昼食を考えながら津山市内に入る。
コレはと言う食い物は浮かばない?
実は早朝の場所取りの時に車を返したのが潰れた饂飩屋の駐車場?
再びその看板を見つけて・・おや? 此方は営業している・
上手い具合に”名物ホルモン饂飩”と書いてある。
珍しい物はとりあえずチャレンジする事にしているので?
車を乗り付けてドアを開ける・・・讃岐のセルフ饂飩的景色がある。
棚に天麩羅などが並びそれを選んで自分で湯がく・・・
僕らは一目で初見扱い!おばさんが小中大の饂飩を見せて説明する。
ホルモン饂飩が食べてみたいと言うとそれは方式が違うらしい?
席で待っているように言われる。
入った時は相客も居なくて失敗かなと思ったけれど・・・
後からお客も増えて意外や繁盛している?
ボロイのは表のでかい看板だけのようだ?
他の人は手慣れた感じで湯がいて食べていく。
意外に時間が掛かり出てきた物は?
なあんだ焼き饂飩ではないか?
汁と丼を想像していたのでチョットガッカリかな?
醤油味の焼き饂飩にモツが入っていると言う感じで味も想像通りだった。
まさにモツ入りの焼き饂飩・・・・・・
不味くはないが味も想像通りで捻りも何も無い。
 メニューを確認してカツカレーうどんを発見! 此方の方が珍しい?
食後に津山の博物館へ行く・・ 町中でも駐車料金が無料?
隣に大きな有料駐車場があるのだが建物の裏手に停めれば見学者は無料!
建物が面白いが他には余り見るべき物はなく当然のように津山城の資料?
鶴田藩の事は何処にもない・・・あの場所だって津山市のハズだが・・・・



JPからの電話2010年12月01日 10時47分26秒

指定通りに電話が入る。
キチンとした日本語が使える人が電話してきた?

昨日の報告内容の説明を受ける。
 状況について説明し問題点を告げる。

駐車場私道部に侵入し駐車した事は当然のクレームだが。
臨時のアルバイトが指導を受けていないと返答。
電話したら課長が指導していないと答えた事。
クレームに対して上席の連絡先を聞いたらアンサーの電話番号を教えた事。

そして、ココではクレームは当事者ではなく上席の管理者へ連絡するという
ルールを説明した。

本人が反省していると言って是正された事はない。
まして今回はアンサーの連絡先を答え、貴方の対応が正しいか確認すると言うと
狼狽えるという不祥事だ!

毎度の事だが末端で配達している人達の危険を管理者は理解していない。

 だってさあ・・所属を聞いて答えられないヤツに配達させて?
雇用時に説明しているのか聞いたら指導はしていないって!

電話してきた方は驚いたようで、既に報告に対し論点の違いを諭したとの事。
課長職でこれじゃあ話にならないねえ・・・・

何処でもそうだがキチンとした対応が出来る方はいる!

津山線 キハ58・282010年12月02日 09時00分51秒

返しの時間は17時過ぎの津山駅発?既に真っ暗と想像できる!
それならば駅舎の明かりで急行色を見せるという手を使おう。

建部駅に向かう。

駅に着くと同好者の風の姿が多い!
夜景でバルブだと写ってしまうなあと構図を考えるが?
皆さんはしばらく居ると何処かへ行ってしまう。

彼らはこの運用に合わせて企画された木造駅舎のスタンプラリーが目的のようだ。
一通り見てスタンプを押すと居なくなる。

駅に外国人の旅行者が一人いて何かを読んでいるようだ。
この駅に何しに来たのか興味はあったが話しかける雰囲気を持っていない!

この駅は駅舎も古いが隣地に官舎と風呂が残っている。
古い時代の官舎を壊さずに残しているのは最近では珍しい!
風呂場などは全滅で色々と出掛けている僕でも久々に見つけた。

ウロウロしているウチに駅前にいたタクシーの運転手が何故か駅舎の鍵を持っていて開けてくれた。
内部は荒れてはいるが昔のママになっていた。

時間も迫り普通列車で練習を試みる。
今朝からの鉄道写真は全て酷い出来で見せられた物ではない。
最後の一枚くらいまともな写真に残したい。

それにしても辺りは真っ暗、ヘットライトは明るすぎると判断し後追いとホームの明かりに賭ける。

踏切音が聞こえ、遠くの線路に二条の灯りが光る!
 早い! 尋常な速度ではない。

僕らの時代の急行車両、長閑に走るローカルの雰囲気も似合うが・・
長大な編成の急行列車も魅力的だった。
おそらくはフルスピード? モノスゴイ早さで通過する。

ビデオ早すぎてパーンが遅れて上手くはいかない・・

写真は何とかお見せできる景色になった。 ホボ狙い通りに・・

山口号最終日2010年12月02日 10時12分25秒

山口には前夜の内に到着して布団で寝る事が出来た。
お陰で体力的には回復できたし、紅花舎の高カロリーな朝食も食べれれた?
お迎えの電話があり程なく登場!道具を積み込み撮影場所へ向かう。
行き先は決めていないが返しが決まっている。
深追いは出来ないし、饂飩もアイスも無理のようだ?
場所を宮野駅先の25%の入り口と決めてSetする。
煙的にはくべているのだがイマイチ薄く気温も高いので湯気も薄い?
高速で通過だが思った以上に逆光で出来上がりはアレ?と言う感じだなあ。
早撤収で追いかけるが紅葉見物の車が大渋滞、長門峡に臨時駐車場が出来ているが案内が無いので進まない?
予定では駅侵入を撮影しようとしたけれど・・既に汽笛が・・
そのまま追い越し三谷駅に向かう。
駅で同行者と他の人が下り方のホームにカメラを向けている?
あら?何でだろうと僕は線路間でそっちにビデオを向けるが・・・・
直前に紅葉の変態狙いと気づく が 時既に遅く良い煙で侵入してくる?
とっさにビデオを降り通過だけでも絵にする?  参ったなあ?
再び追うと徳佐の定番は意外に少ない?
 前の下段にはいる・・・ と北海道の友人が道路に見えて電話を掛ける。
ココにいると手を振るが電話機片手にキョロキョロしている?
そのうちに汽笛が聞こえてココでは何とか納める事が出来た。
何時もならつるべの饂飩だが返しの撮影のために集合場所へ向かう。
なごみの里に行くと続々と集まり始める。
場所の関係で車を半分ここに置いていく、同乗の車は取り付き付近に置く事にして先発組が山には入る。
その間に昼食を済ませて付近を散策する。
先発組を降ろした迎えの車に乗って山には入る。
イキナリ砂利道になり傾斜が感じられる頃から道ではない状態となる!
伐採地へ向かう作業道で斜面に丸太を打ち込み土留めして作った崖道となる。
山側には壁、崖側は土留めの上なので車からは道は見えない?
歩いても手をつくくらいな急坂をワゴン車でよじ登る。
ココはチベットと言っても疑う人はイナイのではと言う景色が続く?
途中に土留めから土が流れて丸太が剥き出しの場所があった。
空を走る・・・ 凄いなあ! それが普通のワゴン車なんだなあ。
岬のように空に突き出た場所が行き止まり。
 荷を担ぎ案内されて歩き始めると回り込んだ向こう側の尾根から声がする?
ええっ あんな所まで行くのか・・ って あそこで途中らしい!
伐採作業が終わり植林済んだ斜面は遙か下まで真っ直ぐに落ちている。
転んだら下まで行くなあ・・ 結構な山にも入ったけれどココの方が怖い!
数度の休憩をしながらやっと越えに聞こえた場所に着く!
先発隊の多くがココで力尽きている? 見ると僅かに線路が見える。
案内人は躊躇無く先へ進む・・しばらく尾根を下がる。
 下がるという事は帰りは登る・・ 辛いだろうなあ・・・・
息も絶え絶えになった頃に尾根のサミットに着く! 
声が聞こえて目的地と解る。
どういう風に撮すか悩んでいると名古屋のベテランが横に入れと言ってくれた。
見ると僕のためにと三脚一機分が空いている。
日が西に傾き少し霞んでいるがホボ真下に線路が見える。 良い景色だ!
ビデオは据え置きとしてカメラは固定で一台、手持ちで長いのを。
そうすれば欲張ろうとしても手が二本しかないので・・・・
アプローチは長かったので時間は余り無い、交換の気動車で雰囲気を計る。
本門前が鷲原の汽笛が聞こえる。
気持ちの良いドラフトが谷に響き近づくがふと音が消える。
手前のトンネルを抜けるとハッキリとドラフト音が迫る。
ココまで来なければ見る事は出来ない景色の中を今年最後の山口号が走っていく。
ビデオをアップにしたいという欲望と戦いながらシャッターを切る!
普通の俯瞰ならば帰りは楽なのだがココは同じくらい時間が掛かった。
戻り道は藪の中を通ってくれたのでキツイが怖くはなかった。
僕らが先に送ってもらい。先行組は途中まで歩くそうだ・・申し訳ない!
登るより下る方が怖いのは皆さんの想像通り・・・・
なごみの里で後発組を待って挨拶し紅花舎まで送ってもらう。



古龍への道2010年12月03日 08時32分35秒

夜半に雨音がしていた。
起きてみると本降りではないけれどしっかり雨!
コレでは古龍への道は無理だと紅花舎でユックリと朝食を取る。
津和野へ向かい肉饂飩を食べて代々屋へ寄る、和菓子屋へ和菓子のお土産を?
雨降りで寒いので善哉を頂く、本店が源氏巻屋なので餡物は美味い!
益田に出ると雨は止んでいた?日本海側は晴れていたようだ。
 今から行っても古龍往復はキツイので温泉津の沖泊まりへ案内する。
温泉に浸かりお寺に向かう!
晩飯は漁師さんから頂いた猪の肉で鍋と言っていたのに?
うっかりすき焼きにを用意し肉を入れる段になってアレって・・
味付けがマンマすき焼きの猪鍋となる。
  それでも肉が新鮮で若いらしく軟らかく美味い
翌日は曇天で波は荒い、今朝まで雨だったので琴ヶ浜へは降りずに鞆へ行く。
久々に神谷寿禎を祭る社まで行くが、かなり荒れている。
一度9号線まで戻り鞆ヶ浦道へ入りそのまま峠まで走る。
前回よりはマシだが相変わらず倒木や落石が多い!
車を駐車位置?に停めて指標の横から杉林の道をたどる。
以前より荒れ方は酷い、アプローチの尾根道ですら草に埋もれている。
松食い虫にやられて穴だらけになって倒れた松が道を塞いでいる。
下りに入ると道とは言えない状態になっている。
 前回まではどことなく生活の臭いが感じられて気持ち悪い感じだった?
今は遺跡というか山道になっていて水場の跡も竹が生えて解らなくなっていた。
降りきった先はもっと酷く、倒木に塞がれて通れなくなっていた。
残念な事に撮影しようと思っていた衝撃的な漂着ゴミは何故か減っていた?
倒木で通れないので道を離れてゴミを跨いで海岸へ出る。
突然に目の前に広がる海岸に立ち同行者へココが古龍と声を掛ける。
 想像通りに感動してくれたようなので安心する。
今日の感じではそんなに掛からずに再び陸路からは到達できなくなると思う。
”昔、古龍千軒と言われて栄えた港が有った今は海から見る事しかできない”
初めて古龍の名を聞いた時、スゴイ興味を持ったそう言う場所だ。
目的を達成し車に戻り湯里へ抜ける、付近を案内し時間があるので西田へ向かう。
毛利元就が大内の尼子征伐に傭兵として参戦し殿軍となり逃げ帰った道。
 この里は銀山の表玄関だった時期もあり独特の風習もある。
降露坂の入り口を教えて矢立城址を抜けて祖式へ抜ける。
時間に余裕があるので大森により城上神社に参る。
神社前に車を置くがタクシーが皆が立てに停める場所に横に置いている?
大田市がタクシーの駐車位置としているが地元車はココへ停める!
僕が車を置くとココはタクシーの駐車場と言われた・・・
ナンバーは練馬だが地元だぞと脅す! 当然何も言わなくなった。
社殿に観光客が居たあのタクシーの客だろう。
 案内もせずに車で待っているようでは話にならない!
観光地で案内も出来ない運転手じゃあお客がかわいそうだなあ。
鳴き龍の奥義を教える! 手を打った人にしか龍の声は聞こえない。
昼飯を兼ねて多義へ向かい温泉でユックリし大田でお茶を飲む!
 同行者は特急を乗り継ぎ京都まで帰る。
送った後とは温泉津へも行かずお寺に帰る!
近所のおじさんの通夜がある? 
服がないので始まる前に線香だけあげに行く・・
  が 知り合いに掴まりお手伝いの人と飯を食わされる? 


救急車は呼ぼうよ2010年12月03日 08時52分20秒

朝ユックリ起きると誰もいない?
 葬式の手伝いに行っているようだ?
  
朝飯を食べに行こうと出掛けるが下の会館の前を通るの は気が引ける?
 葬儀場をさけて学校裏へ出て大田に向かう!

喫茶店でモーニングと思ったが店がない!ついでだと出雲市まで行く?
市内にはいるとマクドナルドがあった、随分久々に食べてみる。

帰りは会議後になるので早めにお土産を買っておこうとワイナリーに行く!
早すぎたのかなあ誰もいない? まっそんな時間に着いたって事?

古代出雲歴史博物館へ行く年間パスを確認すると既に切れている?
   昨年は親父の件で来なかったんだなあ!

企画展が面白そうなので年間パスを更新して入る。
 
見終わって帰ろうとするともの凄い音がした?
振り返ると企画展の入り口のカウンターが倒れている!
以前から危ないと思っていたカウンターだが様子が変だ?

よく見ると倒れたカウンターから女性の足がニュッと出ている!
 直ぐに戻ると踏まれた蛙のような格好で掛かりの女性が・・
動かない? が 駆けつけてきた博物館の人は散らばったパンフを片づけ始める?

直ぐに抱き起こすが意識がない! 仰向けに寝かせる・・
  片づけている人に救急車を呼ぶように言うがボーっとしている。
    少し強めに言う! 横のおじさんに足に何か掛けてあげるように言う!
いくら意識が無くてもあんな格好を見られちゃ可愛そうだ!

本人の意識が戻ったようで立とうとするが押さえて落ち着かせる。
もの凄い汗が噴き出している。 

ブランケットのような物を掛けて本人が落ち着いたので手を離し。
側にいた人に救急隊員が来たら指示に従うようにと言う

周りが落ち着いたのでその場を離れ帰ろうと駐車場へ向かう。
 飲み物を買って行く所もないしと考えて 戻りトイレに行く!
出てくると丁度、搬送している。

救急隊員が状況を聞いているが付き添う人が答えられないようなので?
 説明しておいた。

音がして見たらカウンターごと倒れていた/意識は無かった/抱き上げて仰向きに寝かせた/数秒で意識は戻った/スゴイ量の汗が出た。  と 説明した。

昼を食おうと蕎麦屋に行くが休みで初見の店に入ったがマズイ!

温泉津に戻り風呂に入り帰る
 今日は宿泊客はいないので上人達と晩飯を食いに出るが行った店が休み!

         散々な一日となる。

C63 タイヤが破ける?2010年12月06日 08時29分57秒

会議も終了し参加者を送りながら東京へ向かう。
とりあえず御堀堂へ行けと指示が出る外郎を買うとの事!
途中でリンゴを買うとか買わないとか道の駅に寄れとか・・・
 思いの外に時間が掛かり昼を過ぎてお寺に着く!

上人が病院に出掛け、残った僕らで遅い昼飯を食べようと坂を下り始めると?
なんと! 前輪の空気がない?  タイヤが裂けている!

とりあえず下のスタンドでタイヤを交換し出雲まで行く事にする。
 走りながら連絡を取るが解った事は!
島根どころか中国地方にタイヤが無い! 最近で神戸に翌日?
ところがスペアでは長距離は走れない?
輝ちゃんの所には明日ならタイヤが入る。

即、あんちゃんに救援を依頼する 姫路から迎えに来い!
 僕は9号線を鳥取まで走る事に。
 岩美の交差点を曲がると用事を済ませ走ってきたあんちゃんが前にいた?
 車をクルーズに預けて大阪を目指す、茨木から東京へ向かう友人がいる。
 11時過ぎに茨木到着、結局あんちゃんも東京まで来る事に!

 朝着いて輝ちゃんからタイヤが届いたと連絡が入る。
組んで貰って翌日は朝から鳥取を目指す。

 茨木に寄り一人降ろして3人、軽くなった車で鳥取へ向かう。

 到着したが付近のスタンドは皆、無人で道具がない!
 オートバックスを聞き出掛けるが9時過ぎまで予約でイッパイらしい。
 事情を話し親切な店員に道具を借りてその場で作業する。
 
 晩飯を食おうとするが何処も満員で時間がない!
仕方がないのであんちゃんとはココで別れ茨木に向かう。

 10時過ぎに着きいつもの焼き肉屋へ行き晩飯とする。  ウマイ!

 何とか日曜日中に高速に乗り八ヶ岳で仮眠し仕事には間にあう。

ふ~っ 何キロ走ったのだろう? と言うかあんちゃんは役に立つなあ!

 しかし・・・ メーカの国内在庫がタイヤが一台分しかない事が判明!
改めて・・エライモノを買ってしまったなあ?

C63も10000Km2010年12月07日 08時37分20秒

何回走ったのかな?
都内をウロチョロしたのはカウントしないで・・・
 長距離だけで?
  下ろしたての大阪日帰り!
肉を食いに高山
  夏の島根・山口
    広島往復
会津只見
岡山・山口・島根
あれえ?   こんなモノか・・     しかしなあ・・・
 たったこれだけで後輪はスリップサインが出ていた!
    前輪はサイドを裂いて結局は両輪交換!

で タイヤの価格は5万以上で20万越え!
ガソリン代は戦車と変わらずだがタンクが小さいので何時も給油している?

運転するのは慣れたなあ・・・
そんなにパワーも感じなくなった? 慣れとは恐ろしい!

少し振り回してみようかと思った頃にはタイヤがツルツル・・・
機械は賢いチョット粗めに加速するとESPが点滅する。
  
4輪とも新品にしたので少しおとなしくしていようかと思うが?
おとなしく乗っているのならこんな車はイラナイ訳だし?

パンクの原因は夏を過ぎて空気圧が少し減っていたようだ!
  機械がこなれて乗り味がマイルドになったのではなく単純にそう言う事!
ホイルの歪みはヒットした時に受けたダメージかなあ・・・・
そうそう、ガラスの飛び石はまだ直していない!

コレまでで解った事は・・キチンとした舗装路以外は走ってはイケナイ!

鉄道写真の撮影行には向かないって事だなあ?

あれ? 増えてる!2010年12月08日 08時18分26秒

デジタルカメラというのは不思議だ・・・・最初に購入したのはDSという機械
その後でK10というのが増えた。違いは手ぶれ補正という機能!
買い控えていたがK20に。 AF速度が早くなって感度も上がった!
すぐにK7に小さく軽くなって使い勝手が良くAF精度が上がりもノイズも減った!
ココまでで4台・・あっと言う間に増えた!
その間にシグマ2本400・135-400タムロン2本70-300・18-200が増えて?
純正レンズは10-17から60-250までPENTAXが数え切れないくらい?

あれ?  また増えている・・・・
 ポチっとするとその日のウチに届くって怖いなあ!

何時も買い控えて安くなってから買うから買ったとたんに新型が出る!
今回は発表後から買おうと決めていた。

18-135は使いやすい長さで通常の鉄道写真には良いと思う!
レスポンスも早くK7が遅く感じる?何より音が静かだ。

これくらい静かならビデオの横で撮影しても音は入らないんじゃ・・

しかし・・・これだけボディ溜まると困るなあ? 
    機能的にはDSとK10は使わないと思う!

K20は色とか性能では出ない部分が捨てがたい。
K7はここに来て余り取りえがないかなあ? 
 相手が動くモノの場合はK20よりはいくらか良いくらいのモノ・・

レンズも余っている? 
 中古で売ってしまう人が多いけれど幾らにもならないだろうし?
読み終わった本でも売るって嫌いで段ボールに溜まっているくらいなんだ!
それくらいだからカメラは・・・

エルモフレックス・フジカハーフ・PENTAX SP・マミヤプレス・ライカ
とみんな残っている。 

コンデジはあげてしまったりして減っているけれど?
 一眼は新機種が出る度に買ってしまう!

         と言う訳でデジタル1眼は増殖するなあ?