かわいそうな葡萄園の話?2011年10月03日 07時45分25秒

インターホンが鳴り宅急便のお兄さんがモニターに映っている?
ほぼ同時にMailが入る!
着いた?気になることが有ったら言ってほしい・・・

一応、箱を開けて見る!一房ずつ袋に入っている。
 全部で5袋有る・・ 一つ小さく実も少ないのが有る?

房の切り口を確認すると乾ききっていて縮んでさえいる?
袋から出すと、ぽろぽろと実が落ちる?

どう見ても昨日の収穫ではあり得ない・・・
 どうしようかと悩むが・・Mailで報告し電話で話す。

送り主は発送先にクレームを入れると電話を切る。
 程なくして葡萄園と名乗る電話がかかる。
着払いで送り返してほしい、良い物を送る・・・

どう言う事かとかどうなっていたかの確認もせずに・・・・
 此方から質問をする。 何時もこういう対応なのか?

葡萄は収穫から検品・袋詰め梱包・発送を自分がしている。
 昨日の朝取った葡萄で悪い物が行くわけが無い、送り返してくれれば良い物を送るを繰り返す。

本当にあなたが詰めたのなら僕が嘘をついていることになる!
 では、巨峰の房に三粒しおれた物が着いていたのを承知で送ったのか?
この質問に高飛車だった相手のトーンが落ちる!
 よく覚えていないと言うので?検品とはいかなる作業か聴く!

全ての房に生気が無く落果も目立ち巨峰は明らかにしおれている。
見たところ展示品でコレ以上は商品価値が無くなると言う状態だと言う。
切り口の乾き具合も実の張り方も昨日収穫した葡萄ではあり得ない・・
 念のために収穫時の天気を聴く! スゴイ雨だったとの答え?
収穫時に雨に濡れたのかを聴くが答えが無い。

そこで箱詰めしたのは貴方なら袋に入れたのは貴方じゃ無いねと聴く。
やけに素直に認める・・・・

葡萄は此方で廃棄するから品代を発送主に返金しろと言って電話を切る。

 電話あったかい? 送り主に連絡するも えっ?無いけどの返事?

結局、昨日の留守中に代換え品が届いたと家から連絡がある。
              房に生気が有り落果など無いようだ

帰宅後、確認するがなるほど昨日の収穫と納得できる。
 まっ巨峰は時期を逸しているのでこんなモンかなあ・・・・
   
実は着払いの伝票に記入して送り返す準備を終えていた!
 そのことを知った送り主が再度クレームを入れた結果だ。


彼らは自信いっぱいで昨日の収穫品、全て私の作業だ。
 着払いで送り返せ・・ それでクレーム処理をしているのだろう。

展示してあった見本は売れるウチに処分するのだろう・・・
 大雨でお客も少なかったのだろう?

その為に隙間が出たので半端な房を入れて調整したのだろう・・

Webでも売れていると自信ありげだった。
顧客は無数にいて殆どが初見のお客、HPなど更新しなくても注文は来る。
送って貰うお客は八百屋やスーパーの売り場しか知らない!
まして、依頼で送った貰い物に文句を言う人はいない。

こういうことはしてはイケナイ・・けれどそれが解らなくなるんだなあ?

で そう言うのに限って・・・・・・
選んだように・・・・・・・・

                僕のトコロへ届く・・・

赤坂峠2011年10月04日 07時50分07秒

前後したが新潟の報告を?
実は台風が向かっている大雨に大風と諦めていた訪問。

宿を出て長岡付近まで行くと太陽が出てきた?

それならば予定通りに赤坂峠へ向かおう!
 下調べした資料は練馬の電気屋の駐車場に有る?
行く場所が判らない。

友人に電話してパソコンを立ち上げて貰い。
 戊辰戦争 赤坂 古戦場 と入力してもらい住所を特定。

ナビに入力すると調べてあった地形が、良しとソコへ向かう。
 ウマイ具合に雨もやんで赤坂峠に着く!

長岡から栃尾を抜ける道は予想通りなだらかで進軍撤退の軍事が見える。

峠を越えてなだらかになる辺りに石碑を見つける。
解りやすい地形で背後の尾根道が戦場だろうと想像する。

松代藩中心の官軍と米沢・村松・長岡・会津の列藩同盟軍が会戦した。
村松藩のことは良く判らない?
しかし双方の調停にも積極的だった米沢藩が住民に請われて参戦と聞く?
彼らは越後を故知と認識し住民も同じように頼っている?
幕末に越後地方から一万石くらいが米沢藩に入っていたという?

越後という土地の豊かさは家屋の大きさでも良く判る。
豊臣政権により会津へ、戦わずに敗戦した関ヶ原後に米沢へ!
それでも幕末の動乱で故知奪還とか住民保護って越後に侵攻する上杉?

う~ん 越後時代の裕福だったか記憶がそうさせたのかなあ・・ 
他所者には良く判らない・・・

 雨中にその時だけ晴れた清々しい空気の中でしばしたたずむ。
   ソコへ電話が、葡萄葡萄と叫んでいる?葡萄園に行きたいらしい?
 しかし・・昼飯の予約が12時からでここからでは新発田着が11時過ぎ
 葡萄園などに寄っている時間は無いはず?

なだめてそのまま新発田へ向かい・・他に客のいない料理屋へ行く!

 郷土料理を頂く事になっている?
  しかし・・ 地元産の鮭は来月かららしい・・・・・

藁で出来た大きな蛇2011年10月05日 07時44分09秒

今回の新発田訪問は単純な勘違いから台風の中?決行となった。

不動産屋の社長が春にイクラを食べたいと村上まで出かけて?
既に泳いでいるイクラに驚かされるのだが・・・
その時に食いしん坊のデブの電気屋が食べたがった?

そこで新発田の友人にイクラが食える頃に再訪すると伝えてあった?

僕の考えは旬の穫れたてのイクラの話だったが・・・・
10月から忙しくなる友人は何時でも食えるいくら丼と勘違いした?
名の通った店に聴いたと言う・・  いくら丼は有りますか?
通年でメニューには有るという答えだったらしい・・・

そういう勘違いでオイデヨという誘いが?
新発田組とデブ電の都合が妙に一致し・・ 
おかしいなあと思ったが決行となった?
宿泊のホテルを予約した頃はイクラよりもカラオケの方が主になっている?

ソコまで来ていくら丼では無くて旬のイクラ・鮭料理を食べる話と伝わる!
なんだ、となるが今更調整も面倒だ で 決行に合わせて台風?

雨も激しさを増す中で店に着く。
玄関に名前が書かれていると言う規模の料理屋さんで?
複雑に増築された建物内は面白い角度で廊下が続き階段も多い?
奥まった個室に通されるが他に客はいない!

一通りの料理を見ると会津と似たものが多い。
 話し込んでデザートを忘れて帰ろうとして大笑いとなる。

料理の内容はもう少しで鮭料理が出せるのにと説明されているような?
こう言うと解りやすいかなあ? そんな雰囲気だった。

食後は体育館のような場所へ案内されて藁で出来た大きな蛇を見る!
広い体育館の縁を半周する形で吊り下げてある?
 実際の祭りは面白そうだが見上げる形で下からしか見えない・・・

越後下関 渡辺邸2011年10月06日 08時45分22秒

新発田訪問、大蛇の後は渡辺さんの家に行く?
リフォーム中で足場だらけ、中はまるで工事現場のようだ。
見学の意思を伝えると喜んでくれる、工事の養生を見で帰る客が多いらしい。

昔の越後国は余程に裕福だったのだろう!あっちにもこっちのもこういう家が有る?

贅を尽くしたというよりは正しい経営をしてきたんだなあと覗える。
丁度、中の仕切りも取り払い家の大きさが良く判る。

修復の方法が少し乱暴じゃあ無いかなあと思うけれど。
残そうという意思を感じる作業風景だった?

よく喋る案内のおじさんが面白い!
 上杉家との関わりが興味を引くなあ?
秀吉に移封され会津から米沢に押し込まれた上杉。
それなのに越後の豪農達は上杉への援助を続ける。

その上杉も戊辰戦争の混乱に乗じて故地回復なんて時代がかった考えを?
結果は時を知り無駄と解ると戦意が消える訳だが・・

この家の博物館には鷹山候の書やお礼の品が残っている

可笑しかったのは戊辰戦争に上杉軍として郎党を率い参戦したらしい?
時代がかった兜と馬具の展示に戊辰戦争で使用と有った!

ばかげた話だ、それが源平の戦で使うような道具なんだ。

長岡や庄内に比べてあまりに吞気な?
それでも今にこの屋敷を伝えているの大した物だ。

大改修の作業足場の中、ヘルメットも着用させずに屋根まで上がらせるのは大丈夫かなあと思うが見る方は大変に面白く楽しめた。

維新後の鉄道誘致や敗戦/農地解放後の民政にチョット感心したなあ。

ココまでで時間は既に遅く、台風も近づき風雲急を告げる。
夜はウマイ肉を食う約束、カラオケにも行くらしい。

 僕はカラオケは得意では無い!
昔は仕事で随分と付き合ったがそれはオネーさんのいる店で・・
カラオケボックスと言うのは珍しい! 勉強になった?


しかし・・・不思議なモノだ?
案内人には赤坂峠の話も戊辰戦争と米沢藩の事も話してはいない?
なのに・・なんで渡辺さんの家に案内されるかなあ・・・・

謙信候以来の家臣団を主力とする米沢藩はこの家に泊まり、新型銃を受け取り新政府軍から越後を守るために赤坂峠に向かうわけだ・・・

結婚式に出かける!2011年10月07日 07時30分58秒

こういうお祝いの席って随分と久々だ?

お客で参加!なので時々拍手して出てくる料理を順に食べれば良い。

都内で結婚式では名の通った式場。
それにしても凄い数をこなしている?
以前にも数度、呼ばれているのでそのまま駐車場へ車を止めて・・・
ホテルの玄関に行くが・・あれ? 名前が無い!

そおかあ・・ 向こうの正面の方だ、バス停で一つ分くらい離れている?
駐車場に戻り車を移動させる。地下の駐車場所は狭いなあ。

此方の玄関には飛行場の搭乗案内のような掲示が・・・
 これだけ多くの式をいっぺんに・・・スゴイ!

自分も間違えていったのに表示器の前で狼狽えるお客を見ている。
 おや・・ 旧知の友人が悩んでいる。 偉そうにこっちだよと教える?

インチキ手品師のような新郎は終始デレデレしている。
緊張しているのかイマイチ笑顔が足らない?

新郎側は会社の上司に同僚がエラクにぎやか?
新婦側は友人が多いのだろう・・・華やか?
 僕らはどちらにも入らず・・地味に・・カメラもQちゃんだし。
  とても気楽に料理を頂く・・

新婦の恩師という大きなドイツ人がピアノを演奏
 一回り小さなグランドピアノが余計に小さく見えて可笑しい。

山口へ行く2011年10月12日 08時26分23秒

オモロオマッセェ~ いやらしい電話が度々掛かる?
山口へ行っている大阪の友人からだ・・・・

マダマニアイマッセェ~とか タノシオマッセェ~とか!
盛んにMailも届く・・・・

う~ん 宿がなあ・・・ 
国体で山口の宿は一杯だ!
何時もの紅花舎もパンパンで大騒ぎしているらしい・・・
  明日、泊まれるかなあと電話してみる   と  オイデヨ?
そのかわりプライベートでごろ寝と言う!

とりあえず指定券を確保しよう。
 明日の朝に着くのが都合良い!今からじゃ泊まれない?
  サンライズで行って岡山から新幹線。
 A個室を利用しても東京からの新幹線グリーンよりも安い!
 中野駅に行く・・駅員は出雲と瀬戸全てのチケットを叩くが?
 さすがに3連休だ・・ A個室から普通指定まで全て無い?

諦めて事務所に戻り明日の切符を調べる。
 のぞみ99も既に無くのぞみ3無い! つまり山口号発車前に着けない。

ダメだねえ発車前に着かないとMailする。

世間は3連休と改めて関心しても一度行く気になった後では・・
再度、考えて最後の方法を試す。

のぞみ1で新山口を検索する。(1は新山口に停まらない)
あれ? 空席あり! なんと広島乗り換えで席がある?
単純に東京-新山口ではOUT、しかしのぞみ1を指定したら。
 なるほど! のぞみ3で広島下車のお客がいるようだ。

と言うわけで、5分遅たが新山口に無事到着!
 遅れているとのアナウスで老父夫婦が慌てている。
おばあさんが走ろうと爺さんを急かす。 で ダッシュ!

あっ 大丈夫ですよって声を掛ける間もの無く走り去る。
しかし、長い跨線橋を渡りきり階段の上で追いつく? 
 
途中で足がもつれ1番線の階段でひ~ひ~言って肩で息している。
ユックリ歩いてきた僕が階段で追い越した。

階下のホームで嬉しそうに手を上げているおっさんが?
 着きましたなあ~ と 喜んでいる。
今日は撮影を諦めて山口号に乗ることになっている。

SL山口号2011年10月13日 08時36分56秒

ホームには大勢人がいる。
案内されて車内に入る編成は6両で12系を使用している。
車内のアナウスも昭和を代表する車輌って説明だった?
窓際を確保してある指定席は右!二反田の景色を楽しめる。
嬉しそうな母親とゲームに夢中の子供、はしゃぐ爺婆と色々な乗客。
最近は女性の好き者が増えていると言うが?
母親が走り回り子供はそうでも無い親子が増えている。 オモロイナなあ。
仁保駅で機関車を見に行き別車輌の同行者へ挨拶に。
昨日から来ていてホーム展示のC57の汽笛を鳴らしまくってご機嫌らしい。車輌に入ると直ぐに気づいたかニコニコでしばし話す。
りんご園や車窓になびく煙を見てご機嫌の津和野着となる。
体が御不自由なので迎えが有ると思ったがホームに駅員がいない?
 新山口駅で入場の際に山口号で津和野と申告済みのはず・・だろうに?
人混みを分けて改札に行き誘導を、と声を掛けると駅員が大慌て?
 新山口駅が津和野への連絡を怠っていたらしい?
    津和野駅の駅員さん達が狼狽え凄く申し訳ないと謝る。
今回は重連運転のために有効長が足らず到着後直ぐなら通れた跨線橋下の通路が使えない。
閉塞の関係もあり入れ替え後までホームで待つことになる。
 津和野の駅員さん達は僕に一生懸命謝るが?
    肝心のホームへは説明に行かない?
しかたないので駅舎側から線路越に大声で!
「入れ替えと普通列車の発車まで通路が使えない」と叫ぶ。
    当人は2台の蒸気機関車をホーム間近に見れてご機嫌だ。
 津和野滞在は鶴瓶の饂飩と代々屋のアイスクリーム?
 観光地のなのだから見に行きなさいと言うのだが・・・
    ・・汽車しか興味が無いのは仕方が無い?
   
乙女峠の殉教の説明をするが僕も詳しいわけでは無い。
代々屋に行くと先客が?山口号の販売員で旧知の女性?
    あれえ?今日乗ってきたのに気が付かなかったなあ?
        2年ほど前にココで知り合い顔見知りになっていたお姉さんだ!  
しばらく話し、彼女らは乗務の準備に向かう。
僕らはユックリして駅へ! 早めにと駅員さんに頼まれている。
    駅に着くともう一組、御不自由な方がいるとのこと・・・
     時間になっても其方が現れず駅員さん慌てる?
      津和野の駅員さんは良い人のようだが大げさに慌てる人だなあ?
   
ホームに案内されると添乗の社員に引き継ぎ帰って行く 
指定券は5号車、トコロがドアが開かない?
 ホームの有効長の関係で閉めているとのこと?
    だって津和野は長いホームが有るじゃないか!
   
つっかえ棒を外して開けてくれと言うも、その社員は開けられないという?
簡単な話だが・・ 彼が開け方を知らないみたいだ?
棒を外してコックを開ければよい!
 僕の話が理解できないらしく車掌もいない?
    仕方なく4号車から歩く・・・
   
帰りもご機嫌で山口号の旅は続く! 今日は汽笛が良くなる。
新山口駅手前で社員君が来て5号車から下車してください。
車椅子は此方で移動します と 言いに来た! 当然の対応だろうと思う。
入線すると6~7人の駅員が待機している?
普段はソコまで騒がないだろうと言うくらいの人数だ。
以前にも駅員の間抜けな対応で置いてけ堀を食ったことが有る。
新山口駅の対応はおかしいなあと思っていたが・・・・
こりゃあ全く変な話? 
その割には作業しているのは1名で後は見ているだけだった。
一連の作業が終わり跨線橋の上に無事到着した。

添乗の社員君に観光列車なんだから対応をもう少し詰めた方が良いと話す。
ホーム長が十分の津和野でドアを締め切るのは運用の怠慢でしか無い。

発車後に棒を4本セットし途中駅では開かないと掲示すれば良い!

車内に車椅子利用の乗客がいて津和野着で駅員が待機していない?
そういう時のために君らは乗っているんだろうと説教した。
添乗社員は津和野到着まででホームの監視は関係ない。
駅側もホームに駅員の配置が無い?
では機関車に群がる観光客の安全はどういう風に守っているのかなあ?

 社員君の答えは・・・  目が泳いでいた?


山口線訪問撮影編2011年10月14日 09時16分21秒

山口線訪問撮影編
何処で撮すか・・・・?
昨日の車窓から思わぬ所まで人集っているのを見て、チョットヤル気が無い
友人達は山に登るらしい・・あまりキツイ場所は運転手が嫌がる?
線路際で追えば人混みに混ざる・・・それは嫌だなあ!
新山口駅を俯瞰する山に登ることにする。
吉敷まで同宿のお姉さんのバイクの後ろを走る。
お寺の駐車場に車を置いて境内を経由して山頂を目指す。 
しかし・・・コレが全て階段の連続でこりゃあ参ったなあ!
石仏と真言が所々に置いてある。
オンコロコロとかノウマクサンマンダとかつぶやきながら登る。
空が開ける山頂となる。
鯉のぼりと怪しげなテントが有る?
左手から瀬戸内海、山陽本線、新幹線と並び右側に山口線が見える。
眼下には小郡機関区とその先に新山口駅。
遙かに入れ替え中のC56と待機のC57が見える。
程なくして親子連れが一組、登ってきた。
新幹線が遅れているようで昨日乗ったのぞみ3の到着前に煙が上がる。
汽笛が響くと良い音で走り出す。 残念ながら昨日ほどは汽笛が聞こえない。



撮影後に下山中、親子連れとすれ違う?以外や人気スポットなのかなあ?
津和野まで追わずに昼食はバリソバとし返しは田んぼの中とする。
待機中に2人組のおばさんが畦道を歩いてくる?
こんにちはと挨拶すると祭りのお持ちを6個もくれた?
 僕はよい子なのでこう言うことがよくある?
    立ち話の後、汽車が来ると言い残し踏切を渡っていった。 
昨日の乗車時には煙が上がり絶気合図が有った位置を中心に構えるも・・・
今日は音も無く煙も無く通過していく・・・ 考え落ちだねえ!
撮影後は追う気も失せて紅花舎へ帰り風呂とする。
 今日はバイクのお姉さんに国体観戦のおじさん・僕らが泊まる。

実は宿泊予定の選手団は惜敗し今晩はキャンセルでガラガラ空き。
 国体とその運営方法って少し乱暴って言うか・・・
    宿泊所は大変だと思うなあ? 
     予約チームが全敗だと最悪は期間中は到着入れ替え時の1泊だけ?
          後は空室になる! でも数ヶ月前から期間中は満室?
      おかげでのんびりと何時もより凝った晩飯を頂く??

二反田から2011年10月17日 07時53分31秒

朝早く九州の友人から向かうと連絡が来た?
道の駅に行き野営の仲間と話す。
それぞれが撮影地に散っていく。

僕らは二反田に入りトンネル入り口で待つ。
何時もの定番でチョット悪巧みをしている。
友人は中段に入るも枝が伸びていてその上まで行ったようだ。

長い待ち時間をノンビリと過ごす。 誰も来ない・・
おきと普通列車で試して本番を待つ。
 実は低い位置から魚眼レンズでトンネル飛び込みを映そうという魂胆だ!

遠くに汽笛が聞こえて煙が見え始める。
 カーブの先にライトが見えて・・今回は望遠は無し・・ 待つ!
ビデオを引きながら広角のシャッターを切る。
ついで魚眼のシャッター・・・あれ 読み込みランプが灯かないような?

一抹の不安だが通過後では術が無い! 
撤収し津和野へ向かう。紅花舎の杉田氏と待ち合わせだ。
鶴瓶の饂飩はカレーとし何時ものようにおにぎりは1個!
代々屋でアイスと城福寺へ上用饅頭を言付かる。
出雲横田で小休憩の後、夕方に温泉津に着く間が悪い事に内藤さんがいた?
仁摩のスーパーで仕事中の友人としばし話し込みお寺へ向かう。



でんすけ2011年10月18日 07時41分08秒

お寺の朝は何時もの通り・・・のんびりと朝飯を食う?

 今日は、大阪人をまく作戦を練る!
    出雲市で逃げてまつかぜで鳥取経由はまかぜ。
    米子で逃げだしやくもで岡山。
    鳥取で脱出しSはくとで京都。
同じく鳥取より浜坂経由、新はまかぜで大阪。

鳥取手前でなかなかウマイ饂飩屋に案内すると言われる?
走行中に食い物の話になる!

姫路のあんちゃんルートを検討中に晩飯の話に?
          姫路にウマイモンありまんのか~?

でんすけと言う食い物が有るらしいが食ったことは無い・・・
   えっ でんすけならけんちゃんちトコで食えまっせ!

お節介な友人!連絡しまくる?
今日はでんすけはイナイ!
何処かににいないのか聞いている?
   でんすけ確保!

そんなあ・・・・探させたの? 今更 
でんすけの魅力に負けて茨木に向かい最終の新幹線と決まる。トホホ・・・

今回の訪問ビデオをUPしました。
http://www.youtube.com/user/dd5412#p/u/5/8henMoCW1Zo
相変わらずカメラ2台と併用のため中途半端な絵になってます。