当分の間、汽車は来ない2012年05月11日 06時54分24秒

汽車が来ない鉄路というのは寂しいモノだなあ!

昔、北海道の駅に「とうぶんの間、汽車は来ません」と言う看板が有った。鉄橋の架け替えが出来ず、そのまま廃線になった。

廃線が決まるまでその看板は何時か汽車が来ると言う希望だったなあ。

河川管理のミスだと思うのだが只見線が今、そう言う状態にある。
無策のために起こった人災だと思うのだが電力会社は弁償しないのかな?

無残に落ちた橋梁と何故か綺麗に草刈りし手入れされた線路が悲しい。

汽車は来ない、しかしメンテナンスは綺麗にしているようだ?

途中のスノーシェトに気動車を隠してあった?
丁度2輌分が綺麗にしまってある! 線路がさびているが雑草は無い?

とうぶんの間、汽車は来ないが廃線にはなっていないと主張している。

只見駅に行って見る、未だ雪覆いの中、営業はしているみたいだ。
入って見ると売店が有る。何か記念にと只見線のストラップを購入。
とても喜んでくれてボールペンをオマケにくれた。

復旧、運転再開に向けて署名を求められ名前・住所を記す。

係の方が今日は何で来たかと聞くので汽車が無いので車で・・
当たり前の話しだが?なにか琴線に触れたのか・・
また来ますからと言ったら、とても喜んでくれた。



コメント

_ 親方 ― 2012年05月11日 07時27分07秒

東電はダムの放水を人災と認めていない。

被災地は足や生活を奪われているのに…

沿線の整備は住民の細やかな訴え。
この訴えが伝わることを祈りたいですね!(-人-)

_ 快走JIMNY  ― 2012年05月11日 18時34分23秒

あ!ひかれる・・・でも列車は来ない・・・

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック