終わらぬ工事を終わらすためには?2012年05月30日 07時29分24秒

鳶さんたちはチームワークとても良い!
責任者のおじさんは温厚な感じで若手は良く動く。
足場の仕事は当然だがそれに関する周辺への気配りが良い。
基礎がキチンとしている職人さんたちは気持ちが良い。
みなまで説明しなくとも正確に意図を汲んでくれて助かる。

各工程が押している光触媒組がフルで動いても追いつかれそうだ。

此方も早出で作業している。

ガードマンも初日からチームを変えていない!
他の仕事へ回されそうになっても会社と相談してまでココに来てくれている?

良く判らないのだが現場はとても楽しそうに動いている。

しかし、既に手直しは相当数見つかっている?
発注者としては複雑なモノがある・・・・・

終わらぬ工事は無いと言うが誰かがやらねば工事は終わらぬ。

僕自身が工事屋時代に随分とソウイウ目に遭った。
そりゃあ結果として工事は終わる!
終わらすためには誰かが人一倍の苦労をするって事だ。
そういう事が解っているからこれ以上はダメって時に口出しを・・・

それが先週からヘルメットを被らぬ日は無い!

昨日も交代のいないガードマンを鳶の休憩に合わせて休ますため、ダメ回りで防水屋がよこしている職人を早休みにさせて交代させた!
15分速く休ませて解体途中の現場の番をさせる?
所が・・フト見ると彼らも休んでいる・・
見に行くとイッパイイッパイの所長が休めって言ったって?

なんで早休みしていましたって言わぬかなあ?


僕が出しゃばると仕事は早まる!
但し、休憩はキチッと取らせる!彼らの都合では無く!
現場って端で見ていればよく見えるもので・・・
このままやらせろって言うヤツもいるが「休憩だ!」ってキツク?
作業の終わりには何故そこで休憩させたか彼らが一番ワカル!

だから・・・・ 一作業を指揮すれば皆が素直に言うことを聴く?

 ふう・・ また、愚痴になっちゃうなあ?