大寧寺2013年06月26日 08時19分23秒

大内さんと言うの関東生まれの僕らにはよく解らない?
領地争い繰り返し負けて逃げ帰った尼子さんを追って攻めた。

籠城した尼子さんを攻めあぐね結局は返り討ちに遭い逃げる?
ココで跡継ぎが溺れて死んじゃったりで戦意を無くし・・
領地の経営を配下に任せて遊んで暮らす?

こりゃあヤバイぜって配下の連中が騒ぎ出し・・
重臣と言われる人達がなすり合いをし自滅する。

結局は陶君が蜂起し大内さんは逃げ出す。

今の山口県の観光に関しては最大級の功労者だけれど・・
残っている記録によっても大内さんって驚くくらい人望が無い?

領内を逃げ回っても味方は減るばかり? 大寧寺で自害となる。

この争乱により大内さんが胴元で輸入していた銅銭が絶たれる。
銅銭に頼っていた流通経済が破綻し米に依存する結果を招く。
貨幣では無く米が流通の基礎となる経済は江戸時代の鎖国で守られる?
この国の少し変わった経済感覚の基はこの辺りにもある?

山口県下の旅行は毛利さんの旧跡と同じくらい大内さんの記述に遭う。

せっかく大寧寺まで出掛けたのに?
同行者は階段を登らず・・大内義隆の墓にも詣でない。
温泉に浸かり大寧寺を辞す。

興味があれば残っている石塔を見るだけでも中々の物だが。
温泉街の観光化の失敗がココを観光地として中途半端にしている。

見ように依ってはソコが良いと思うが・・

コメント

_ まえだっち ― 2013年06月26日 17時23分53秒

貨幣は「ニセモノ」が多かったようですからねぇ・・でもコメ相場は世界に先駆けた先物取引の始まりではないのですか?

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック