さあ出掛けよう2013年08月01日 08時11分33秒

久々の長躯になる。 出掛けるには制限が・・
液晶表示部分を割ってしまったK5Ⅱsの修理上がりが1日11時。
引き取りに行ってそのまま出るか?

大間からの船は6時半、と言う事は6時には着いていないとイケナイ!
昼に出たとして18時間 。

距離は・・800km程度でナビの計算は12時間。
最近のナビは結構正確で以前のように短縮できない?

2時間に一回休むとして×6で3時間かぁ・・・
そうすると計算上は途中3時間の仮眠はOKだな!

普段の島根・山口行の場合は最速で9時間台で行くのだから?
計算上は楽勝なんだけれど・・・・

最近は新幹線利用が増えて楽な移動に体がなぁ・・・

ちなみに今の車は静かだし高速移動も比較的楽だ?

以前の早いけれど戦い続けるようなC63や外乱に関係なくフラットに走り続けるけれど速度を出せぬ戦車とは違う。
まだ数回の長距離経験だが疲労度は少ないと思う。

これがなあ・・って事は眠くなるだろうなあ・・

ミッション終了2013年08月04日 17時26分34秒

東北道をひた走り、未明に大間に到着。
朝一のフェリーを待って津軽海峡を渡る。
そのママ陸別まで走り泊、翌朝は石北の貨物を撮影し丸瀬布。
夜汽車と花火を楽しみ高原の宿で宴会、順次寝る?

いこいの森のイベントに参加し二日間、雨宮をおいかけまわす。
珊瑚模型店から預かった雨宮の模型を町の方に手渡しし初めてのお使いも無事に終了!

北見の宿にチェックイン。

と言う、週末の行動をアラスジで報告。

明日は再び一気に帰宅の予定だ。
その前に北見の夜をタンノウする。

なんだ! 早起きすれば良いのか?2013年08月05日 13時32分03秒

ホテルの不味い朝飯を捨てれば明るいうちに大間に着くこと出来じゃないか!
と言う訳で走り続けて函館に着いた。

北見から559キロ7時間16分。

東京~茨木とほぼ同じ距離だ。
これから一時間半程船に乗り、800キロ程を走る。

遠いなぁ♪

上手く行ったので大間のマグロと斗南訪問が可能になる予定。

先程、家から電話でいつ帰るか聞いてきたが?
明日の朝と答えた。

丸瀬布のお祭り2013年08月07日 08時29分39秒

夜中に走り続けてPAで仮眠がシッカリ寝た。
コウイウ時にはやぶさで貰ったアイマスクを愛用している?
汽笛が聞こえた様な気がした?
顔を洗いに行こうと車を出てフト見ると東北本線の線路が見える。
しまった!北斗星だったようだ・・・

このあと都内の渋滞にはまり昼前の帰着となる。
屋上プールを依頼されたり何かと忙しくUPを忘れた。
順に報告とする。

8月1日この日付で社名からペンタックスの名前が消えたフォーラムへ行き修理のK5Ⅱsを引き取る。
新宿フォーラムは何も変わっていない様に見える。
そのまま首都高速で東北道を目指す。王子線は混雑で進まぬ。
予定よりも2時間くらい早い出発になる?
道路は順調、佐野でモツの乗ったらーめんを喰う、塩ょっぱい。
芋餅
に牛肉の串
、そして冷麺
と途中の名物を拾いながら走る。
事前の計算に合わせ2時間おきに30分の休憩で走る。
三沢から野辺地に向けて走るとコレが記憶に有る道。
30数年前にビックホーンで辿った景色を思い出す。
あの時は八戸のフェリーに乗り遅れ、野辺地へ走ったんだっけ!
大湊に着き帰りも夜になるのだからと斗南藩士上陸の地へ向かう。
営業していたマクドナルドで夜食を購入し大畑にも寄るが駅の場所が見つからず。 漁り火を見ながら喰う。
大間には3時頃に着く、何も無いが既に数台が待っている?
計算は苦手だがコウイウコトは良く出来る?早出の分早く着過ぎ。
準備して仮眠しようとグローブボックスを開けるとプリントが無い!
宿泊のホテルやフェリーの資料一式を忘れてきた様だ・・寝る。



丸瀬布のお祭り Ⅱ2013年08月08日 07時54分33秒

周りのざわつきに目を覚まし時間になり受付へ!
予約番号が解らぬと告げる。

フェリーは発行された番号が有れば自動発券機で乗れる便利だなあ・・
その番号が解らぬのでは仕方が無い・・・・
名前を告げるが時間が掛かる、ああファーストクラスですねと無事発券。
こぢんまりしているがデザインが船らしい・・大函丸、名前も良い。
乗船時間は1時間半、ファーストと言っても安い!
その僅かな価格差でとても静かだ・・ 
発券に手間取っていたがナルホド、お客は僕だけだ。
売る方もファーストクラスに予約があるか見なかったって落ちか!
津軽海峡を渡る船を選んだのはサラキ沖からの眺めに興味があったが・・
遠くて何も見えず。直ぐに船は函館に着く。
走るのは大変だがこれだけ近ければソレハソレデ価値は有るなあ?
朝食を取って向かうつもりでいたが倉庫街から市街の外れに出る。
峠を越えれば大沼、ラッキーピエロは準備中。
高速の看板が左折を・・・ナビは何も言わぬ?
行ってみたら、ソコまで出来ている。乗り、走り始める。
食料が尽きているのにウッカリいていた。
南部せんべいを囓りながら走るもPAも無い!
結局、随分と先まで走りホタ天蕎麦と言うのを喰う、まずい。
そのまま高速を移動し・・ナビには無い道、足寄まで走る。
足寄駅舎を見つけてソフトを喰う美味いが下手!
町職員が団体を案内してペコペコしている。
個人の旅行者の迷惑に気がつかない!
何処かの視察だろうか、彼らもまたソウイウ事に気がつかない。
そんな人達が視察し何の参考にするのかな?
施設や景色では無く僕らのような観光客の動きを見た方がよほど勉強だと思うけれど・・・無理だなあ? ソフトを食べるのを邪魔されたので?
町職員の名札を付けたおっさんにゴミ箱が無いよとコーンの紙を渡す!
 何故か?数人が・・ゴミ箱はってどこだと言いながら慌てていた!


丸瀬布のお祭りⅢ2013年08月09日 07時25分29秒

池北線の線路跡、駅に寄りつつ陸別を目指す。
景色の中にはっきりと線路跡が解る、コウイウ景色は寂しい物だなあ。
廃駅により陸別駅に向かう?資料を忘れたので宿の名前がわからぬ。
ナビでは池北線もふるさと銀河線も陸別駅まで既に無い。
大沼から足寄まで高速道路を走ったので予定より早く着く。
駅の設備も残されていて気動車も並んでいる。

併設されている関寛斎の資料館を見ていたらエンジン音が聞こえた。
鉄道を保存している施設は多いが動かしている所は少ない。
不思議な物でエンジンの音が聞こえるだけで周辺の空気が変わる。
他の町へ行く事は出来なくても鉄道を残す・・・ ナルホド。
車輌の状態も悪いく塗装が悲しい、これからの残す努力が大変だ。
話変わってココに資料館が併設されている関さん!この人もまた・・
辿ってきた四境戦争、石州口の戦い以後に縁のある人だ。
西南の官軍各藩の残虐性は語られぬがその代わりなのか?
医療関係者の資料は少し誇張されて各地に多い。
維新前後の医師は元々が同じ理想を追って維新開戦までは知り合い?
そう考えればおかしな戦だもの。
しかし・・ ココにこの人の資料館があることは失念していた。
 意外や官軍側に付いたために一般的な戯曲には出番が無い?
  宿はこの元駅舎、部屋は綺麗だが冷蔵庫が無い?

目の前にセイコーマートがある!これなら食事無しでも良かったなあ?
安いけれど・・作り手も解っているようで何故か陸別の水が付いている。
朝の食事時間を確認し寝る。


丸瀬布のお祭りⅣ2013年08月12日 08時03分27秒

目が覚めるとMailが来ている?
石北臨貨の試運転が有るらしい。
北見の友人に撮影場所指南のMailを送り早めに朝食に降りる。
 昨晩は6:30と教わったと思うのだが7:00からと言われる?
    年取ったのか待つというのが苦手、それならいらぬと宿を出る!
セイコーマートのクロワッサンはとても美味しい。
朝食に購入する北海道に行くと必ず食べるものの一つなのだ?
連絡を取り留辺蘂に向かう、国道沿いのタマネギ畑横で再会。
  話に盛り上がると列車の音が、一日数本のオホーツクを逃す?
    あらららと言ってまた話し込み再び交換の各停も逃す!
猿でも反省すると嘆き今度こそカメラをセットしてする・・・・
 快速きたみが通過し・・しばし待つ・・来ない?
  通過時間を聞くと・・今! 来なかったら笑えるなあ・・・・
   脚立に登っている友人から来ましたと声が掛かる。
長さが解らず後補機が見えない・・
ビデオはパーンしたあとで後部の機関車で回せば良かったんだと気づく?
きたみの時に山の上まで欲張りそのままで電線を切る予定が・・・・
分かれて走り快速きたみとオホーツクを瀬戸瀬付近の踏切で待つ
編成が入る所と考えるが土地勘も無くMLとの記念写真にする。

Q7・K5Ⅱs・K5の順

丸瀬布いこいの森に向かいお使いを済ませ。
大盛況のお祭りを眺めて売店のうどんを喰う。
公園内に有り得ないほど天幕が並んでいる。
丸瀬布でココまで混雑した状況でのキャンプというのは初めて見た。
昼になり駅まで友人を迎えに行く。
既に釧路から,迎車が到着しているが荷物満載のパジェロミニ?
ココに+二人は乗れないだろうという事で迎えに加わると言う趣向。



丸瀬布のお祭り Ⅴ2013年08月13日 07時08分06秒

皆の到着を待つ間にまずは乗ろうと車中に収まる!
実は依頼され迎えに行った方は視力を失って久しいと言う。

煙のにおいと蒸気の音を喜んくれでいる。
彼にとっては車輌の軋む音や車輪の音が嬉しいだろう。

以前の訪問記憶もシッカリ映像で覚えているというので、鉄橋です・ゴーカート場の直線に・ダム湖の、などと話ながら井笠の客車に乗りご機嫌。
下車後は日陰の椅子席に座り汽笛を聞いている。
山に木霊する汽笛や小さなドラフトの音、蒸気機関車のにおい。
トウモロコシやキュウリの漬け物を喰い、仲間の到着を待つ。
皆が集まり始めて今夜の宿へ水を運ぶという?
何だかよく解らないがココは来る度にもの凄いトコロに泊まる。
行ってみれば小学校跡と言うが見渡す四方に人家など無い!
適当に掃除機を掛けて、今朝の試運転の返しを撮しに線路脇へ向かう。
高台の畑に登るがポイントは既に日陰になっている。
今からでは悩んでいたら来てしまう。
丸瀬布駅の通過で良いかと言われ行ってみたら金網。
それではと網越しで・・修理を終えたⅡsのシャッターが落ちない?
金網に反応しているのか良く解らぬが慌ててフォーカスをマニュアルに!
朝からの撮影で何だか既にお腹イッパイ・・
その後は温泉に浸かり花火大会待ちとなる。

夜間運転なので軌道自転車で露払いをするという。
面白そうなので乗せてもらう!

撮影はイマイチ情況が把握できずあまりお見せできる絵は無い!
撮影はイマイチ情況が把握できずあまりお見せできる絵は無い!
花火と絡めては勝手が解らずレンズの選択を間違ったかなあ・・

最初の一発目をライトの修理で逃し、以後は煙で写らぬ。

適当に撮影し、本日打は止めと花火を眺める。
イベント終了後、町へ戻る大渋滞に驚きながら僕らは逆に山へ向かう。
真っ暗になった道を宿に向かうが皆はすっ飛んで行ってしまう。
先ほどと言ったって昼に一回・・解るものでは無い?
置いて行かれそうになりながら追いかける!

満点の星空の下、開拓時には多くの人が住んでいたと言う大平に向かう。



高知県四万十市江川崎2013年08月13日 08時40分12秒

テレビやWebのニュースが暑い暑いと騒いでいる?
ココでは先日の北海道丸瀬布訪問の報告が続いているが・・・
期を失しては間抜けなので号外と言う事で最近では珍しく1日に2回!

昨日、午後1時32分に高知県四万十市の江川崎で40.7度を記録。この後さらに気温が上昇し、午後1時42分に国内の観測史上最高となる41.0度を記録した。
実はこの江川崎という場所は昔々に仕事で行った事がある!
その後は2009年に再訪した。
四万十川上流の高原という感じだった。
確かに開けた田んぼも有ったように思うが清流の町というイメージ。
再訪時が雨天だったので写真もそういう風に写っている。
予土線は開通まもなく乗ったのだが、その頃は当然だが国鉄。
この再訪時はJR四国!
驚いた事に2時間以上の長い乗車にも関わらず気動車にトイレが無い。
江川崎駅で10分弱の停車時間がある?
この間に乗客は駅のトイレに行くと言う趣向なのだ。
しかし・・・ ここで日本一とは。
これは一つ町興しに利用しない手は無い。
少なくとも今現在だけでも高知県四万十市の江川崎が日本一だし・・

余談だが7年8月の岐阜県多治見市が国内最高気温の日、その時間に!
多治見でテンコロと呼ばれる冷たい天ぷらうどんを食べていた?
  http://imws.asablo.jp/blog/2007/08/18/1734038



丸瀬布のお祭り Ⅵ2013年08月14日 07時37分20秒

翌朝、ココは丘陵地の頂上で広々とした平らな牧草地の先は谷になる。

朝霧が溜まり雲海様になって綺麗だ!
 友人が朝コーヒーを望むが・・ココでは自販機も無い!
朝食を取り掃除して撤収。

公園に着けば既に昨日よりは天幕も減っている。
定番を順に撮影し雰囲気を楽しむ。
物を買う度に券をくれる? ナルホド皆さんはコレが楽しみなのだな。
農村部の集落の祭礼などに多い富くじの変形なのだろう?
昼前に役場の方が贈呈式をと言ってくる?
今回のお使い?預かり物は運んだがそれをどうするかは聞いていない?
何だか遠軽町のエライ人に渡し一言挨拶と頼まれる!
打ち合わせして寄付とか言う言葉は避けて承諾を得る。

本番は打ち合わせした内容をアナウンサーが読んでしまう・・・・
 ありゃ僕の台詞ったってもう遅い。

 仕方が無いので遠軽町の皆さんとココに集まる人々協力で、
珊瑚模型店が制作した雨宮号のキットが発売になったので持ってきた。
いこいの森と地域の発展の為にご活用くださいと挨拶し渡して握手。

まだ、壇上にいるのにおじさんが寄ってきて何処で売ってると聞く?
話がかみ合わないが・・良く聞くと雨宮の切手、違う違うキット!
その後は当たりクジ・・イヤ 番号の発表。
ナルホドなあ大規模な村祭りの雰囲気が面白い。
適当な時間に打ち止めとして北見に向かう。
常紋峠を越えようかと思っていたがウッカリ、道を誤り寄れず早めの着。
休憩し荷を取りに駐車場に降りると既に迎えが来ていた。
早めなので御実家の喫茶店で美味しいコーヒーを頂く。
予約している焼き肉店に案内される。
店主のお任せで頼み、生の物を追加する。
内蔵系の下処理がとても丁寧なのが解る、コウイウ店は美味しい。
楽しく喰い話、店の仕舞い時間に合わせて辞し、送って貰い寝る。