那珂川清流鉄道訪問2014年04月14日 08時07分07秒

集合時間は7:30?数分前にモニターで確認、施錠して事務所を出る。
近所のおじさんも現れ挨拶・紹介して走り始める。

上手い具合に渋滞直前に都内を抜けて東北道に入る。
途中のトイレ休憩も一回?矢板ICで高速を降りて地道に。
最近のナビはスゴク優秀で農道風の道をショートカットし国道へ?
意外な距離を走って景色が開き始めた辺りが目的地のようだ。
ドコかなあと眺める先、葬祭場のようなトコロにモノレールが有る!

恐る恐る車を乗り入れると数人の女性がコチラを見ている。
どうやらココが目的地のようだ。

建物の周りには各種ゲージの線路が張り巡らされている。
1067mmでこのカーブを曲がるのかな?そんな線路が広がる?
ジジイがお姉さんに聞いて一人千円を払った。 ココが目的地だ!

先に電話で訪問の意向と日時を連絡済み。
その時に食事を聞かれたそうだが、ナルホドそう言うコトか。
見学者の食事用の部屋もある。仕出しが頼めるのだろう。

車輌の方はどう言う基準で集めているのかがワカラナイ?
主に産業用のディーゼルで遊園地の豆汽車まで有る。
大滝の人車や海軍マークのカトウなども並んでいる。

殆どが可動するらしい?
自由に見学させてくれるのは楽だなあ。

クラウスと国産最後の新製蒸気機関車は並んで建屋の中にあった。

料金を徴収した女性が来て話し始める。この方が何だか面白い?
色々話しているうちに別にあるレストアヤードに案内して貰う。

古いアーチバの台車をお兄さんが錆落とし中。福井から来たと言う?
伊予鉄のモニ31らしき残骸がある?
ブリル製の台車と言うがイマイチな感じ・・・良く判らない。
個人所有でレストアするらしい。
アッチにもコッチにもまるで模型のように車輌が並んでいる。

話しを聞けばソコラ中の放置鉄道車輌を集めているらしい?
不思議な感覚だなあ・・ 行ってみれば中々面白いけれど・・・