仮眠を入れて12時間?2014年09月01日 10時15分45秒

昨日の山口線撮影終了が17時半頃に撮影を終える。
そのまま高速で移動、名物を喰わせると途中の下松PAへ。
行って見ればバリッ太ソバと言われて・・・・

もしかしてバリソバをアレンジ・・なのだろう?
餡は皿うどん的、ソバは固くて・・
山口のバリソバとは違う食べ物だと思う。

その後に後半の同行者を広島のご自宅前まで運び辞す。

ひたすら走るが睡魔に負けて30分二回ほど仮眠を!
途中記憶が飛んでヤバイと休憩。
流石に年だなあ、以前はこんなに休まなかった?
それでも5時前に帰宅する。

本日の走行距離1118km 運転時間14時間
山口線内の撮影も込みだから実質の高速燃費は10km以上は!
平均時速の80kmもそう言う事だ。

今の車は走り続けると休めって怒るのだが、その警告を何度聞いたか?
先週はいなかったので一応は朝から事務所にいる。

最近はスマホでもUPしているので何処から報告すれば良いのか。
取りあえず順を追うか・・ 
いくら何でも誘われている週末は温和しくしていようかなあ?

山口線訪問Ⅰ2014年09月02日 08時38分20秒

仕事の調整も済み荷を積んで出発。

運転手の都合で246を西下、宮崎台辺りの路上を目指す。
到達する直前に到着のMail、上手い具合に拾い東名に乗る。

走りながら晩飯の心配、トンテキの話になる!
前週は孫の関係でトンテキ禁止、今回は喰うかとなる。
腹が減ったので新東名で静岡おでんを食べ走る。
目的の長島PAに着くも、残念でした営業は終わって・・
そう言う事で少し走りカレーライスを食う。

明け方に山口入り、CLSは図体がデカイため!
林道に入るかもと軽トラックを調達済み。

山登りの友人と会い触発されて愛宕山に登る。
駐車場所へ行くだけでも軽トラの威力、CLSではココへも無理。
先週に彼が登っただけで少しは道の態を取り戻した感あり。
それでもジャングルのよう、ヒーヒー登る。
お立ち台は意外にスッキリ、以前よりも楽に到達する。
展望は開け宮野駅から仁保の踏切まで見える。
前回は届かなかったので欲張って500mmを背負ってきたが光が悪い。
手持ちで進入からシャッターを切る。
宮野駅通過
25%にかかる直線
やっと姿が見える
下山し白井でも行くかと走り始めるが途中から前走車の速度が上がる。
方針転換、徳佐へ向かって飛んでいく。
昼は何時もの釣瓶の饂飩、昨年の秋に一度は寄っているが久々
返しは津和野城趾に上がることにする。
アイスクリーム屋が店を閉めたので昼時間が余る。
天守跡で待機中に家族連れなどが通り掛かる。
汽車好き風の家族、父親はセットに夢中。
母親は知らぬ顔、子供が柵の無い方へ駆けだしてふざけ合う!
一度注意したが解ってくれぬ、二度目はきつめに注意。
アソコから落ちればどう言う事になるか解らぬのだろうか?
良い煙で津和野の町を走る。
津和野高校の生徒が復活イベントに合わせて旗を振る
意外に音が響かぬなあと後追いで見送り本日は打ち止め。
紅花舎へ向かい温泉に浸かる。



山口線訪問Ⅱ2014年09月03日 08時37分25秒

紅花舎の朝、何時もの朝食を食べのんびりの出撃!
昨日は俯瞰なので接近戦と公民館裏から始める。
ココは駐車場所からも近いし人も少なく、この日も僕らだけ。
意外に後追いが良い、消えゆく音が谷に響く!
追いかけてイセキ
ここも混み始めたなあ?
今日は木賊岳を遠望
釣瓶の饂飩を食べて白井に向かう
手前の集落と決めてカキ氷を食べに行く。
稲荷神社の参道、レトロな店で何故か抹茶ミルクが酸っぱい?
白井手前で待つ、時間前になると皆さんが手を振りに集まる。
トンネル飛び込み後に追いかけるも道を間違えた?
お仕舞いは後追いで、曇りだからこんな感じ
友人が新幹線・サンライズのためにここで打ち止め!
宿に帰り荷を整え宮野駅まで送る。



最近モニターの色が少し変だ?
上げている写真の色?少し濃くないですか!

  



仁万へ2014年09月04日 07時56分24秒

津和野へ寄って源氏巻きを購入し仁万に向かう。

昼飯を考えながら益田まで行ってしまう。
駅裏のC57156に会いに行く!
なんだか墓参りのようだがココへは通過の度に寄り道する。
少し手を入れたのだろうか以前よりはキレイに見えた。

少し走り札幌ラーメンに惹かれ塩バタを喰う、味はこんなモノさ。
先に温泉津へ行って風呂に入る。
天敵は留守のようで入浴後に喫茶にいたら電話が。
コーヒーをご馳走になり、プリンまで頂く辞して仁万に向かう。

実は明日が通夜!月初めに無くなった世話になった方の葬儀。
連絡を撮り合い親しい仲間が夜に着く、葬儀を控えお寺は慌ただしい。
晩飯は何処に・・・悩んだが、大田市に出て回転寿司に入る。
不思議な看板、サーモンの産地が築地?
翌日は19時からと言うに朝の7時には大勢来て準備を始める。

手伝っていたが昼前に檀家の方が今のうちに逃げろと・・・・
そこで逃げだす算段を!良い温泉が有る行ってこいと言われる!
直ぐソコのような事を言っていたがなんとホボ県境、大和まで行った。
昼飯を食う所も無く大和の道の駅、ビジュアルはイマイチだが美味い。
戻れば遠来の先輩達が到着、迎えに行く。

お寺の車庫に停めようとすると邪魔な位置に車が!
仕方が無いとよけて車庫に、降りると向こうも出てきた?
僕の顔を確認するとニヤっと笑いワカルかと聞かれた。
とりあえずワカルよと答えそっちはと返す、解るわよ。
そこでジャ名前を言えよと返してみた!
ウッっと詰まった相手は一瞬の間。 「加代ちゃんの旦那」
参ったなあ、皆で大笑いする。 40年は会っていないだろうに?
荘厳な通夜が始まり数えてみたら坊さんが二六人もいた。



松江に泊まる2014年09月05日 08時05分32秒

通夜の後も遅くまで・・・温泉に行きそびれる。
先輩達は今日帰ると言う、早くに起きて朝湯に行く。
温泉津に行けば天敵のオーナー夫人がいた。
僕の顔を見て湯代を取らぬ、ココは甘えることにする。
挨拶もソコソコに戻ればサンドイッチ・菓子パンの朝食。
そのままあれよあれよと本葬に突入。

随分と立派な袈裟の坊主がずらっと、通夜よりも多いのかなあ?
想像よりも長い拘束時間・・
呑気なメンバーは昼は焼き肉に行こうと、ところが続けて埋葬らしい。
全が終わり焼き肉焼き肉と騒ぐ連中、逃げだそうとすると!
僕の背後から用意してあるからと叫び声が!  思わずハイと・・
先輩に囲まれなんで返事したと責められるが・・ そりゃ酷だ。

結局、皆で用意のお膳を頂き辞す。
車は三台、大阪行きと姫路行きそれぞれに分乗しとりあえず逃げる。
田儀まで来て道の駅集合、無花果ソフトを食べて解散する。
本日の宿は松江、ホテルに車を止めて散策する。
この町も寂れ感はカナリのモノだ。

夜はココに住む知り合いと会食。
人見知りと聞いた初めて会う息子が来るなり僕の隣に座る。
親が驚いていたがなつかれれば可愛いものさ。
翌朝は大社に寄って再び仁万へ、約束の焼き肉を食べに。
昼の定食、これがロースって言うのが凄い。
そのまま広島へ出て従姉妹宅に世話になる。
実はホテルを探したが何処も空いていない?
なぜ?この日の分を確保していなかったのかそこも変だが・・
翌朝にテレビを見ていて気がつく!
そおかあ、災害関係で広島のホテルはイッパイなんだ。




上関へ2014年09月08日 07時53分56秒

従姉妹の家でゆっくりの朝、広島の汽車友に連絡!
今日は山口入り、夕方まで着けば良い。
友人宅近所で待ち合わせ市内を抜けて2号線を西下する。

周防大島が近づくココは海が綺麗だが天気が悪いと通過。
問わず語りに松陰の上関砲台訪問記の話し、興味を持ったようだ。

上関左の看板に反応し左折する。
久々の上関訪問となる、始めて茶屋跡まで行って見る。
水道を渡り室津へ四階楼へ行くと今日は空いている。
数度の訪問は何時も休館日、始めて中を見学する。
ナルホドこりゃあ凝った建物だなあ。
第二騎兵隊で維新史に登場する小方謙九郎と言う方が建てたらしい。
明治初期の建物で和洋の混ざったモノに多い螺旋階段が面白い。
色々な工夫が斬新すぎで作った大工は大変だったろう。

窓の開閉金具が苦労を騙る、話しだけでコウイウモノを!
おそらくは村の野鍛冶の作と思うが良い形だなあ。

室積に案内し海商通りに行く頃には雨脚も強く。
暇そうな資料館の方々が案内をしてくれ思わず長居になる。
夕刻になり山口着、温泉に浸かる。
帰った所へ友人チームが到着。 

今日は山口号に乗った?
えっ! 知らなかったと言うか忘れていた。 走っていたのか。
完全に失念、空いていたのでは無くて撮影予定だから・・・
紅花舎からも昨日はどうしたの? そおか泊まるはずだったのか。
参ったなあ、途中の葬儀ですっかり失念!
そう言うワケで絶好の雨中の爆煙を逃す。



山口線訪問Ⅲ2014年09月09日 08時16分43秒

連絡を取りあい友人の車に同乗と決す。
迎えを待ち、ゆっくりの出発、リクエストの場所へ向かう。
こっちが涼しいと誘えば横着者が足をたたまず日陰に移動?
長閑な待ち時間。  ココから25%となる場所をサイドから!

撮影後に仁保駅へ向かい出発を撮影、風のように追う。
長門峡で場所取り済みと電話を頂くが飛ばして渡川の先。
踏切のイン側に入る。
徳佐まで先行し行きを終える。
今日も釣瓶で昼食。
午後は稲荷の鉄橋からスタート
白井手前で追いつき、えっココで撮るのって飛び降りる。
車を手前に停めすぎ、駆けって飛び出しを押さえ飛び乗る?
三谷駅の踏切で併走、長門峡手前で飛び降り構え!
再び飛び乗り駅発車を撮す。
あまりの忙しさにビデオは間に合わず!
最後は何時もの後追いに・・・
医者に走るなと言われている友人が風のように駆ける?
時間は十分、歩いても間に合うって。




ビデオは此方に









山口線訪問Ⅳ2014年09月10日 07時45分54秒

撮影最終日はCLSで出掛ける。
山には入れないし農道も無理は出来ない?
欲張らず前日に行った仁保駅からスタートとする。
追いかけて渡川駅に入る。ビデオをセットしようとしたら?
 先着の方が「あまちゃんのテーマをながしますけど」  ん?
そんなモノは家に帰って編集で入れるモノだと説明するのも面倒!
ハイそうですかと聞こえぬくらい離れる。
これも最近増えている変わった人だ?
そのまま徳佐のイン側へ移動し行きを終える。
返しは津和野俯瞰の約束、スーパーで弁当を食い案内人待ち。
天気は悪くポツポツと雨が降り始め、相談し中止となる。
うどん屋へ行きたいと誘われるが弁当で腹一杯。
峰月堂へ寄り土産の源氏巻きを購入し水饅頭を頂く。
連絡が入り友人の待つ白井手前に行く。
以前なら代々屋で寛いでいたが返しまでが長いなあ!
一眠りした後で汽笛が聞こえ午後のスタート!
撮影後は再び別れて追うが僅かに足りず。
長門峡で並ぶも赤信号で飛び出してきたパジェロに前を塞がれる?
そのまま大歳に向かう。
ウッカリしてナビの言う事を聞き湯田温泉の渋滞にはまる。
それでも何とか先行到着、挨拶して入る。
良い煙だがココはやはり雨の日に限る!
撮影後は同乗者を広島まで送る。
高速に乗ると直ぐに下松PSで名物をと言い出す。
行ってみればバリソバ風の食べ物?
なあんだ、これなら山口で食わせば良かった!
次回は連れて行くよと話す。
広島で降りて家の前まで送り、そのまま九時間強を走り帰宅となる。




北海道へ出掛ける。2014年09月11日 07時52分38秒

また行くのかとか言われるが、また行くのだ。
世相的には本州連絡の寝台特急が無くなる。
これを撮影するかというと時間的に面倒だ。

青森まで疾走し夜行便で渡れば撮影可能だが・・・
これを一人でと言うのはカナリ大変!

どうしようかなあと悩んでいるウチに割引の時期を逸する。

高速代と燃料費を考えりゃフェリーだってそんなに高いモノじゃ無い?

今回は大洗-苫小牧航路で往復とし予約した?

19日昼過ぎには苫小牧に泊は銭函、帰りは24日明け前に夜逃げする?

と言うわけで今回は寝台特急の写真は無し!

その代わりにニセコ号を見に行く事になる。

木古内のおっさんには寄らぬと連絡しよう。

カメラ貸し出し2014年09月12日 08時45分40秒

先月だったかなあ?奥方が絵を買った。

余り行き来の無かった甥っ子が絵描きになっていた。
色々話すウチにカメラを買おうかと思うって話を聞く。

カメラならウチにイッパイ有るよ?
普通に聞けば何を言っているのかと思うだろうが・・・・
確かにイッパイ有るんだ。

僕は自分で買った物を売りに出したりするのを好まない。
車のようなモノは仕方が無いが本でもそのまま置いている。

そう言うワケでカメラは確かにイッパイ有る。
余りに増えたので使う人がいると貸していた。

困ったなあ、カメラは余剰機が有るのだがレンズが無い!
貸し出し中のカメラに全て標準系のレンズを付けて出したからなあ。

記憶ではDSに18-50と70-300・K10に18-200・K7に28-80と80-200
残っているのはK20とK5。

中古のレンズを見てみたが安いのが無い?
コレにこんなに払うのかと思うともったいない!
取りあえず買ったばかりの20-40を貸したのだが・・・
僕自身がまだ実戦で未使用のママ貸し出してしまった。

夏も終わり取りあえず返して貰い代わりに18-135を貸す事に!
この長さは便利だが余り使わない。

彼に使わせたいと思うのは14mm位だなあ。