津和野俯瞰2014年11月20日 08時02分09秒

朝になって友人と連絡を撮り合い旧仁保病院裏へとさそわれる。
遅れてくる彼に先行していって見れば駐車している車の数が凄い!
撮影地に登る準備の人数も驚くほど・・・・
コレじゃ撮影場所は既に満員じゃあないかなあと連絡。

仁保坂へ場所替えとし、行って見ればコチラも駐車場所は満車状態。
先に行くと連絡しトンネルへ向かう・・ あれれ、コッチは誰もいない。
吞気に待っていると挨拶出来ぬおっさんが現れたが他へ行った?
友人は現れず。結果は一人でノンビリと撮影し撤収。
駐車場には一番先に戻る、友人の車があるので待つ事にする。
 皆さん戻ってきてとうとう誰もいなくなったが・・・帰ってこない?
 今からでは追いかけても既に遅い・・ かなり待って降りてきた。
昼食は津和野まで走り釣瓶で饂飩を食う。
去年から連れて行ってと頼んでいた津和野俯瞰へ上がる事に。
車を停めて林間に分け入り、すぐに急な尾根道にでる。
わああ凄い登りヒーヒーと登る、真っ直ぐ先に頂上かなあ明るく光る。
最近は足が上がらぬ? 平地でも歩くのが遅くなった。
こういう足上げがモノスゴクつらい、足下ばかり見て登っていたら行き過ぎ。

しばらくすると大勢やってきて賑やかな待機となる。
逆光だが良い眺めで景色は最高だがカメラの設定が不味く・・・
本門前側は舞い上がった煙に太陽光が光り真っ白で・・・・
目視では良い景色、ビデオを合わせようとしたがモニターが見えない。
シャッターチャンスを逃しビデオは向きが足らず・・・
なんとか鷲原を抜けて行く煙だけ押さえる。
撮影後、撤収早すぎ一人で降りるが道を見失い結果は皆を待つ。


今晩は津和野泊の友人と別れて紅花舎へ帰る。





コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック