釧路へ2015年02月02日 08時29分06秒

早めに起きて風呂に入りバケットとチーズ・トマトで朝食。
待てど来ない?ゆっくりすぎると思ったら事故で渋滞だったらしい?
久々の道東の朝、真っ白に着氷した樹木が綺麗だなあ?

何処へ行くかと問われても何処でも良いよと吞気に車窓を楽しむ!
それでは登るかと車を停める。山中に数人分の足跡が有る。
先客がいるならスノーシューは要らぬだろうと分け入る。
ひ~ひ~と坂を登り切る、案内人が立ち止まる。
足跡は左の稜線に向かうが、目的地は右らしい?
真っ白な雪原が続く・・行き先を確認し先頭を代わりラッセル!
一時は股くらいまで、は~は~言いながら進む。
セットして待ち時間が長い。
良い景色の中でコウイウ時間が汽車撮影の楽しみだなあ。
風が強く気温がどんどん下がる。重ね着して最重装備となる。
昼近くなり少し暖かくなった頃に汽笛が聞こえる。
追いかけて踏みきりで待つ。
来ない?DEの短笛が聞こえ客車がさがっていく?
どうやらココで打ちきりのようだ。遅めの昼食とする。
午後は夕日をテーマに踏み切り待ちとする。
知り合いも現れて待つが夕日の落ち方が早い。
考えオチのギラリで再び追いかける。
跨線橋の上から撮影し夜景
日没の待ちに消え行く汽車の撮影で閉める。
晩飯は噂に高いスパカツとするも遅い昼飯が効いて食えぬ。
予想通りの姿、その通りの味と納得。量が多いので残す!




釧路へ2015年02月03日 08時30分26秒

迎えの地元人と何となく走る、撮影場所を絞れない!
もうすぐ川湯?と言うくらい行ってしまう。
この時点で撮影者らしい姿は少ない・・・混雑はイヤだと話す。
結局はまた登ろうと戻る事にする。

アプローチにスノーシューの足跡、ココからは先は一カ所。
ならばストックだけで良いかなあと歩き始める。
谷間の道から尾根へ出た、風が抜けるとみて昨日よりは歩きやすい。
二カ所ほど坂、雪は薄いが降りる時は滑るかな?ズルズル登る。
展望台には先客が一人、景色も良い。
 コンナ場所だと遠景で良いかなあとSETする。
  後で考えれば連日同じ様な絵になった。
最後に一人登って来た。
正面撮影後、後ろ側に移動すると伝えたが解っているかなあ?
汽笛が聞こえ駅に停車、程なく良い音で走り始める。
予定より煙は少なく、もって寄った方が良かったと思うが遅い!
三脚と手持ちが同じような写真になってしまう。
手持ちを60-250にしておけば良かったのだが・・既に遅い!
後で見ればビデオも引きすぎ・・意識的には寄っていたはずだが?
位置と水平を合わせた後、引くのを忘れたみたいだ。
最後に来た方は3人がイキナリ後ろに移動したので驚いていた!
撮影後、下山途中で三脚の檋を落としたらしい?
そのまま昼食と蕎麦屋へ向かう。
百合根のかき揚げが美味い、食後にアイスクリームを食べる。
ノンビリと移動、踏切で何やら殺気立っている?
通過時にフト見ると大爆煙で接近中、あらら寛ぎすぎた?
ホボ併走で駅ホームに飛び込みビデオだけ回す。

唯一の正面ドカンのチャンスを逃し・・・返しの夕日にかける。

戻る途中で踏切に入る。
ここからだと背景に山が見える、足場を作りスタンバイする。
踏切の向こうに停めてあった車から夫婦が出てきた?
林を抜けて僕らが狙う正面に入る・・・・参ったなあ!
仕方が無いので無理矢理切った、肝心の山並みが見えなくなってしまう。
様子はビデオで見て貰えば・・・ ああ言う人に入るって言っても・・・
昨年の場所や踏切を悩んだが昨日の沈み具合ならと私有地内に。
丁度良く雪かきをしていたので挨拶しお庭の先に入れて貰う。
絶好の夕日ポイントでSET、ビデオはアソコから回しパーンして!
イメージは中々問い感じ、  だが・・来ない?
夕日はどんどん沈んでいく。    来ない!
ああああ 沈んじゃう     来ない。
やっとヘッドライトが迫る。  よしよしと長玉で押さえて。
通過、ビデオをパーン あら! 寒さでオイルが。
軸ごと緩みビデオがぶらぶらに、手を離すと斜めになっちゃう!
仕方が無いので両手でビデオを押さえる、引くことも出来ない?
雪煙を上げて夕日に向かう予定の景色を見ながら。
広角で納めるはずがビデオを押さえている・・・・駄目じゃん!
これにて打ち止め送ってもらってホテルに帰る。
スーパーで貰った大根の箱にキャリーやスノーシューを収め
梱包を、百円ショップのテープが紙だったので上手く張れない。
ホテルのテープで補強して・・・
時間があるので和商市場へ行ってみたら本日休業。
 コンビニで食料を調達し寝る。

石北臨貨と湿原号です。001と002が続けて見れると思うけど?

釧路へ2015年02月04日 08時03分42秒

重い物は全て送った。
背負いの中身はホボ何も入っていない!
時間になり駅に向かうも真っ暗だ。
おにぎり屋で美味いと聞いた焼味噌にぎりを購入。
早めにホームへ、釧網線の始発は既に入線している。
フト見ればヘッドライトが見え、ビデオを回しながらホームを歩く。
指定を6枚使い切っているので自由席に収まる。
283もくたびれてきている、揺れる。
2500円の切符のために移動が全て普通車、お尻が痛くなるなあ。
南千歳に定刻、橋上に上がり弁当を買う。
あれ?ホームに寝台編成が、しまったトワイライトだ。
駅の表示は確認していたのだが?
寝台券が無いと乗車出来ない列車は到着表示されないんだねえ!
あわててビデオを回すが一瞬写る後ろ姿・・・
ならば北斗星が追いかけて来るはず。
残念ながら北斗の時間が迫るのでホームを移動出来ない。
 コウイウコトなら、もう少し調べてくれば良かったなあ。
北斗星の入線を撮していると見事に被る。
発車して消えていくのは撮したが角度が悪い。
函館には遅れて到着、白鳥が自由席なので余裕が無い。
木古内で下車は二人・・ 
改札にご機嫌の赤いおじさんがいた。
跨線橋を渡り階段にエスカレータが工事中・・片側だけ!
出口に木古内駅の看板? あれえ、もしかして在来線・三セクの駅か?
横には立派な新幹線の駅を建設中、橋上に連絡通路は見当たらない。
新幹線が出来た時に海側に出るのは駅を出て横の入り口から階段か?
こりゃあ大変だなあ! キャリー持ちの旅行者には絶望の駅。
町の人は知っているのかなあ? それともチャント通路は出来るのかな?
何時ものように家に呼ばれて2時間ほど話す。
帰りがけに立派な羊羹と何だか解らぬ海草を貰う。
おっさんが松前線のサボを持って行けと包み始める。
奥さんが岩崎さんもコンナ物が好きなのかと聞かれる。
新青森で本日初めて暖かい食い物を食べる。
新幹線に乗り換え一本遅らせておいたのに入線を回し忘れる。
車内はガラガラ・・ 盛岡で隣に座ったおじさんが話しかけてくる。
低気圧と台風の区別が付かず冬の低気圧発生のメカニズムを理解出来ぬ。
聞いてくるので少し話すが、おじさんの知識では説明も面倒!
 なんだか色々聞いてきたが相手にするのを止めて・・・
東京駅に着けば空気が暖かい?
今朝の釧路が-10°東京は+10°でその差が20°
上着を脱いでシャツだけで地下鉄の乗る。

北海道往復に乗った車輌を・・・ 

中野に出掛ける2015年02月05日 09時02分06秒

中野まで出掛ける用事があり奥方に送って貰えるか聞いた?
快諾だったが今日はリフォームチームが作業中。
終わるのを待っていたら中途半端な時間となる。
ならば晩飯を食おうと決し、車を車庫からだそうとエンジンを!
フト考えれば用事は直ぐ済む、駐車料金を考えたらバス代の方が安い。
思い直してバス停へ向かう。

そのまま用事を済ませて、晩飯は久々にトロロでもとブロードウェイへ。
ナントしたことか臨時休業。
一考の後、冷麺となりとらじに行く。
ココは肉も美味しいが最近は余り行かない。

冷麺だけでは寂しいのでハツとカルビにユッケをオーダーした。

ついでにフジヤへ寄って三脚を見る。
ジッツオの軽いヤツが出ていた。
ホボ新品コンデションで価格的にも高いが軽いなあと・・・
明後日又来るのでその時に未だ残っていたら買うかなあと言うと。
 欲しいなら買えばと簡単に突っ込まれた。
今使っているモノがダイブゆるゆるだが使えるので躊躇していた。
 一人で来たら多分決心が付かずに買わぬ物を。
イキナリ背中を押されたので・・・ 買ってしまった。

駐車料金をケチる奥方は数万円の三脚をいとも簡単に買えという?

指定券の買い方2015年02月06日 06時39分32秒

以前はお友達の旅行社に頼んでいた?
JRグループが中小の旅行社から端末を取り上げてからは窓口へ。
指定券などと言うモノは必要な時にはだいたい買える物だった。

最近は寝台列車全廃騒ぎなどで中々買えないらしい。
ソウイウ苦労を知らずにいたというのも別に買えなければ他の方法で!
僕の出掛ける先の指定席など概ねガラガラなのだから・・・

実は降って湧いた話しなのだが来月に鳥取へ出掛ける。
何時もの事なのだが今回は古い友人の企画に乗った?
ソウイウ訳で奥方も参加する!
 腰が痛いとか色々な理由を主張するのだが企画者がヤツだから・・
車で行くのは嫌らしい、新幹線だと大阪で一泊かなあ?
そおだ、寝台で行くかいと聞いて見た。
最初はブツブツ言っていたのだが新幹線や車よりは楽だとなる。

ソウイウ訳でサンライズの切符を確保せねばならぬ!

今更のように確認したらみどりの窓口が開く前に並び予約するらしい?
10時の発売時に機械を止めて何かしているのは記憶にあったが・・・
どうもその時に予約を打ち込むのだそうだ?

と言うわけで朝から中野駅に来た。
6時半に着いたら既に二人 並んでいる?
どちらが先頭か聞くと明らかにオタク風の方が早口で何か言い出す。
なるほどなあ、様子はどう見てもお出かけじゃ無いみたい。
切符転売を商売にしている人がいると聞くが?
並ぶ人を仕切りだし彼がそろそろ開きますよと言うとシャッターが・・
窓口へ行くとおはようございますに駅員が今日はなんですか?
あの人は毎日来ているのかなあ・・・

昨日のニュースでダフ屋行為で逮捕と流れていたが・・・・。

溜っちゃっているなあ。2015年02月09日 08時48分34秒

毎週のお決まり、昼から珊瑚模型店に行くと!
給油機が発売になっていた。

昨年の秋頃に再販決定の発表が有ってから音沙汰無がかったのだ。

丸瀬布の雨宮21に関わってから発売の度にOナローが増えている。
雨宮21号に岩崎レールの客車、炭車と運材台車などだ。
ドラム缶も・・・ 

全て組み上げたら小さなセクションでも作ろうかと考えている。
そんな中でガソリン計量器の話が出たんだったと思う。

僕が免許を取った頃には既に使われてはいなかったと思うのだが?
スタンドの片隅やバス会社などでこの機械を見ることが有った。
仕組みはハンドルでポンプを回し、ガラスの筒に給油する燃料を貯める。
メモリが有って量を量るんだ。
貯まると給油口にノズルを入れてレバーを引けばそのまま燃料は落下。
簡単な仕組みだが正確に給油が出来ると言うモノだ。

軽便鉄道が内燃機化されていく渦中では利用されていたらしい。
軽便や地方交通機関の車庫などのようにスタンドから遠い場合。
ココに石油販売会社からローリーが運んできたという。
農協などもこの機械で燃料を販売していたので今のスタンドが有る。
需要と供給の話しか法規の関係か今は使えないんだと聞いた事が有る。
貯蔵施設が露出しちゃ行けないんだとか?そういう話しっだったような?

けっこうノスタルジックな形をしていて・・
レイアウトに有ると良いんじゃ無いかなあ、そう言う事だ。

しかし・・ 考えたら?
機関車は雨宮21のみ!予定のカトーの5トンは木炭車にって話し。

 あれ? 給油機なんてイラナイじゃ無いか?

スマートホン保持器2015年02月10日 08時12分12秒

最近の若者・・ と言っても撮影に行く友人達だから?
 既に若者かどうかは怪しい所も有るのだが、僕よりは若い!

スマホを自在に使う世代だから若い、と思っているんだ。
彼らのモノはMailや調べ物以外にもカメラやビデオにも活躍している。

しかし、このスマホというヤツはそのままでは手で持って撮すしか無い。
アジア系観光客などは棒の先に固定して自分を撮るモノが大流行。

汽車友もパチンと挟んで三脚に付ける道具を使っている。
ココの所、Amazonで買い物が続きついでに注文してみた。
価格的にも千円以下のオモチャのようなモノだ。

最初に買ったのはイマイチ大げさで変に嵩張るので出番は無かった!
今回購入したのはスゴク小さい!その割にはシッカリ掴める。

次はレリーズだなあ?
このままだと何時もの猫又君を三つ叉君に改造するかなあ?

初午2015年02月12日 08時08分20秒

例年のごとく、旗を用意する。
この旗竿は昔々に商社を任されていた時に貰ってきたモノ?
ストーブの会社の販売促進用の幟、丁度良いのでそのまま使っていた。
かなりボロボロになってネジも言う事を聞かなくなってきた。
考えて見たら20年以上も使って来たことになる。

毎年の事だが昨日は煮物と赤飯で我が家でお祭りみたいなことをする。
何時もなら信金の支店長なども招待するのだが、休日では・・・

来年までには旗竿を新調しよう!
ソンナたいした金額では無いのだろうから?

このお稲荷さんは以前は近所に立派な境内が有ったのだが。
祖父の相続で土地を手放し敷地内の奥の方に移動した。
その頃は小さな犬小屋の様な社だった。
親父が今の社を作って表から見える位置に!今の自宅の建て替えでこの場所となった。
今では詣る人も余りいなくなったがその頃は遠くから詣でる人もいた?
家族は全く知らぬ事だが、境内が有った頃は商売に聞くという話し・・
それで信心していた人が多かったらしい。
子供の頃などは知らぬ人が庭に入ってきて一生懸命拝んでいたりした?

僕は全く信心というモノは無いのだが?
商いで失敗や損をしたことが無い!
御利益というモノはワカラナイが商いに関してのみ自分の選択に誤りは無かったと思う。
間違い失敗は随分有ったが全て自分が儲かるという結果になった?

コウイウのを御利益というのなら、かなりの効き目が有るかも知れない?

お出かけ鞄2015年02月13日 07時46分27秒

お出かけ用にバックを買った!
普段の撮影用は皆さんご存じのKATAを使っている。
10年くらい・・背負いのモノは同じ、実は予備も買って有った。
皆さんが気がつかぬうちに代替わりしていた訳。

最初のウェストバック以降、KATAのモノばかりを購入してきた。
気がついたらKATAはマンプロットに吸収されていたみたいだ?
既に市場から商品が消えている!
もっともマークが白黒になって以降のKATAは材質なども以前とは比べものにならず、拘る必要も無いと思っていたのだが。

所有しているバック類は目的に毎に組み合わせて使用してきた。
ただし、この目的というのはあくまで撮影行の話しなんだ!

目的が撮影じゃ無い場合のお出かけ鞄?
今までは組み合わせ、流用で対応してきた。

背負って出掛ける小さめなモノが欲しい(奥方の同行時の)
そう言う事で山屋で探したのだが!
山登り用はカラフルで良いのだが三脚が付かぬ?
ビデオを回したいのでソウイウ機能は欲しい・・となるよねえ!
行き着いたのはヤハリ写真撮影用のバックパックになった。

ソウイウ訳でKATAはもう無いと知ったけれど探してみて売れ残りのKATAバックパックを・・・・で!見つけた。 

色が黒、材質も昔の良い物感は無くなっているが使いかっては?
小物入れが4カ所、三脚も付く(両側に付けられたら良かったのに)
背負い感、ココはかろうじてKATAらしい(重さを感じない)
荷室は上下二段をファスナーで仕切り(開ければつながる)
緩衝材もシッカリしている(外す事も出来る)

ビデオとQちゃんで済む場合はこれで行けると思う。


そうすると欲が出る・・・・
撮影地でアタック用に両側に三脚を付けられるように改造したら・・
・・イヤイヤこれは小旅行用に買った物! 欲張っちゃダメダメ。

醤油カツ丼2015年02月16日 08時57分35秒

先週末の中津川へ向かう。
娘の嫁ぎ先へ種籾をもらいに?

実は姫路のあんちゃんがリタイヤ後に始めた米作り!
先方の舅に教えを請うという話が出来て、彼だけで訪問は無し?
って話しで付き合うこととなった。婿と娘は前夜から来ている。

なぜだか知らぬが僕が彼らを乗せて運ぶ。

早朝に東京を出て中央高速を疾走、途中軽めの朝食で中津川入り。
到着は昼前、昼食は最近流行の中津川醤油カツ丼というモノにと決す!
駅前の駐車場に車を置いてWebで探した店に行く。
イメージと違い恐ろしくレトロな外観に驚く、覗けば人気は無い。
コレじゃ駄目だと移動するが後ろ髪を引かれる!
娘が確認の電話をかけると、今日は休みでご飯が四人分無いと言う。
とてもフレンドリーな対応だったようだが諦めて駅方向へ戻る。
歴史のありそうな割烹を名乗る店前に醤油カツ丼の看板をみとめる。
暖簾は無いが覗いてみる、カツ丼を食わせる店構えでは無い・・・
無人の入り口で声を掛けると・・間を置いて女性が出てきた。
古い玄関から内庭を見ながら廊下を・・通された広間は清潔な部屋。
テーブル毎に生花が飾ってある。 大きな部屋でストーブが二台。
心地よい温度に保たれた部屋は昼食時間に誰もいない?

塵一つ無くコレだけ綺麗に維持されているのにメニューがボロボロ?
まるで駅萎え食堂のような品目からカツ丼と蕎麦のセットを・・・
出てきたのはこの店の格式を語る大きな盆に器類?
 (丼類を乗せた立派な盆は大きすぎてフレームに収まらない)
味は悪くない・・材料も値段に対しては良いと思う・・・
おそらくはココで工夫したのでは無く何処でもこう言う味と想像出来る!
そういう感じのタレが掛かったカツが乗っている。
Setの蕎麦は割烹の味、出汁が甘めなのはこの辺り風らしい。

美味しかったのだが・・グズグズ書いたのは・・・
この構えの店がコウイウのを出しちゃ駄目だ!ソウイウ残念感が有った。

けれども所詮は企画モノのカツ丼!
最初に行って食えなかった店とココが競っても勝ち目は無い。
どんなに美味しくてもカツ丼は丼を片手にかっ喰らう食べ物なんだから。


心地よい部屋でユックリと食べていてあんちゃんの到着時間になった。