北海道から帰って来た。2016年05月09日 08時12分49秒

先月末から北海道へ出掛けていた。
毎年の事だが丸瀬布の開園式と安全旗を掲げた走行を見るためだ。
今回は奥方も同行する、同行するが丸瀬布までは行かない。
あんな遠くまで行くのはイヤだと言われればそりゃそうだ!
東北・道南くらいなら付いてくる・・・って事らしい。
しかも、直前にインフルエンザになる。
取りあえず中止かなあと料金の掛かる旅館をキャンセル。
なんと前日に回復で盛岡の宿が無い、慌てて市内のビジネスを予約。
前夜に荷は積んである、暗いウチに出発する。
朝の渋滞前に首都圏を脱出、朝飯にコロッケ蕎麦を食う・不味い。
平泉まで走り毛越寺へ参る。
予定では金色堂も・・坂を登るのはイヤだと断れれる?
ココまで来てと言うも、その気は全くなく再び高速に乗る。
まっすぐ行っても早すぎる、宮沢賢治の記念館へ寄り道。
それでも昼前、以前にも寄った食堂でワサビ冷麺を食う。
ドウイウ仕掛けか解らぬが大量のワサビは香り良くそんなに辛くは無い。
宮守の道の駅に寄って何時もの焼き肉のタレを購入し遠野へ向かう。
目的はカッパ淵、大昔にテレビで見た「カッパはね・居るんです」というオカシゲな爺さんが強烈な記憶で残っている。
金色堂に興味は無いがカッパ淵は行きたがる。
そのまま盛岡へ至りホテルへ。
アヤシイほど安いホテルだったがキチンとしていた。
徒歩で繁華街へ椀子そばでも食べようと出掛ける。
盛岡城桜祭りと有り行ってみる。
ココでも城の入り口で待っていると言い張る?
30mほどの坂道を嫌がり一人で見に行く。
内馬場かなあ、夜店も賑やかだったがソコで引き返す。
繁華街を歩くが椀子そば屋が見つからない。
郷土料理屋へ行くも予約無しでは無理の様子。
仕方なく蕎麦屋に入るが蕎麦が無い、刺身も出来ない?
天麩羅の乗った饂飩を食う、揚げ方はカナリ上手い。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック