北海道に上陸する。2016年05月13日 08時14分06秒

うとうとする間もなく函館入港の案内、近いなあ。
上陸し木古内に向かうが途中でラッキーピエロの看板を見つける。
奥方が異常に反応する?この人はマクドナルドは食わない!
せいぜいモスバーガーならと言うタイプだが是非にも寄ると言い出す。
僕は食べられそうも無いのでパフェを奥方はハンバーガーを注文。
美味いが調理に時間が掛かる、できあがりを受け取り走る。
せっかくだから咸臨丸の公園で食べようと走るが着く前に完食。
運転中に後ろの席から良いニオイが・・・
ちなみにコノ人は乗車中は常に後席に、至れり尽くせりの前席を嫌う。
サラキ岬に至り咸臨丸と白石小十郎とその一行の説明をしつつ食う。
大ぶりのパフェのカップは意外に溶けていない、食べ応えの有る量だ。
木古内駅に隣接の道の駅などを見学していると、待ちくたびれた木古内のおじさんから催促の電話が掛かる。

しかたなく家へ向かう、簡単なハズが何度来ても迷うなあ。
座敷へ通されて何時もの様にお茶を呼ばれる。
奥さんも現れて晩飯はジンギスカンを用意しているらしい。
全くの偶然だが土産は遠野のシンギスカンのタレ?
コウイウのは間が良いのか悪いのか妙な所を感心される。

夜遅くまで歓待を受けて今宵の宿へ案内される。
何時もは「おいどんの下宿」の様な民宿だがイッパイのようで・・
ビジネスホテルへ案内、社長は大きな風呂が有ると自慢したが?
当然だが男湯のみで奥方は部屋の風呂に浸かる。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック