江差再訪2016年05月17日 08時10分25秒

海沿いの道を走り遠くに風車が見え始める。
アノ山の向こうが上ノ国だろう、思ったよりは近かった。
江差線廃線の頃の通った道に出て江差を目指す。
廃駅になった江差駅に寄って開陽へむかう。
開陽丸はますます傷みが酷いなあ。
お金を取っているのだからもう少し維持管理に使えない物か?
ココでもホボ僕らだけの見物客。
北海道新幹線の威力は松前も江差も全く関係無い様だ。
見終わって時間が有るので旧檜山爾志郡役所を訪問する。
開陽が座礁沈没するを見た土方歳三が叩いたために曲がった松。
ソウイウ物が門前に有る、源平の遺跡なら有りそうだが・・・
箱館戦争の遺跡としては面白い話しだ。
奥方は馬鹿にするが一応はその松も見学する。
中々面白い、フト見れば江差駅の看板があった。
その他の駅の資料もココに保存されていたのか。
コレにて江差の見物を終了し帰途につく。
帰りは旧江差線沿いに走り湯ノ岱温泉に浸かる。
木古内まで戻ればおじさんから電話が掛かり家に寄れと騒ぐ。
海のモノ山のモノを土産に持たせたいらしい。
背負って帰る予定のリュックを空にしても入りきらない。
リュックは車で運びコロコロ付きの鞄に詰め込む事になる。
最終東京行きに合わせて木古内駅に向かう。
指定は確保済みだが少しでもJR北海道応援と乗車券はココで買う。
ホームへ向かうがエスカレータが一台づつしか無い?
下りは降りるだけ上りは登るのみ、木古内駅のホームって幅が狭い。
これは殆ど臨時停車場の扱いだねえ。
つまり上り列車のお客は木古内には降りないという判断だろう。
東京行き最終、この列車に乗る人は予想通り奥方一人。
やって来た新幹線は思ったよりは乗っていた。
以前の白鳥と同じくらいの乗客の数と見た。
グランクラスも数人はいたかな?
奥方を送り列車を見送ると・・ホームに乗客がいた。
コロコロバックを引きながらエスカレータまで来て困っていた。
一方通行のマーク、登りしかないとの表示が理解できないようだ。
エレベータに戻るを見て写真を撮し後を追う。
改札の駅員に下車客が多い場合にさばけるのかと聞いたら。
エスカレータを反転する場合も有るとの返答・・・
それは配されている駅員の数を見ても不可能だろう。
こういう所に北海道新幹線の本質が覗くなあ・・・・




鳥居の前で立ち小便2016年05月18日 08時06分49秒

そろそろ昼飯だなあと言う時間。
おや?私道におっさんが入って来た。
防犯カメラを避ける、画面から消えた。
出て行くと、立ち小便をしている! ココは怒るでしょ。
めちゃ怒って名刺と免許証を取り上げる。
コピーしようと事務所に入る、驚いたなあ。
今度は自宅の玄関に置いてある如雨露を勝手に持ち出した。
こりゃあ窃盗だよ!
名刺の会社に電話を入れる・・・
責任者はいるか=社長はいません。
オタクの**さんが私有地で立ち小便をした=**はそんなトコにいない。
それなら警察を呼んで良いですね=そうしてください。
と言うワケでパトカー数台と大勢の警察官がやって来た。

小便が我慢できない?
私道の奥まで行くのならコンビニのトイレの方が近い。
防犯カメラの死角に入る動きがアヤシイ。
躊躇無く如雨露に手を掛けた。

相手の社長も来て謝り始める。
警察官にも説教されたと見て社長共々詫びに掛かる。
トコロがねえ土下座したのよ・・・ あれれ・・・

会社は不動産管理会社らしい。
オタクの管理物件でコウイウコトが起きたら貴方はドウスルのと聞いた。
トコロが返答しないのよ、スミマセンを繰り返すだけ。

普通コウイウ時って二度としないって詫びてオシマイなのだが。
終わったと思ったら現場の写真とか、指さしたカッコウなどを撮している。
変だなあと見ていたらパトカーで連れて行かれた。
ありゃりゃ、  想像だけど前が出たのかな。
だいたいコウイウ時に土下座するヤツって怪しいのよ!


ソウイウ事もだけれど新しい防犯システムの映像を印刷する方法が良くワカラナイ・・・・と言う事が判明!

非常ベルで大騒ぎ2016年05月19日 08時10分46秒

北海道の報告は旭川まで着いていない?
昨日の話、実日は一昨日なのだが割り込みが有ったのでついでに。
北海道報告は小休止で日々の話を・・・これは昨日の話。

朝起きて洗顔していた。
ソコへ奥方が飛んできた?
「警報が鳴っている」
寝る時は素裸なので・・服を着なくてはイケナイ。
見てきてとお願いし急いで服を、出ようとすると戻って来た。
「事務所に警報が出ていない」音はと問えば「隣からみたい」
なんだと安心するが酷く慌ててドウシヨウと狼狽える。

そりゃあドウシヨウも無いさ。
だいたい警報がウチのMSでは無いって解ったら。
    ソコは落ち着くとこでしょう!

火災警報はズッと鳴り続けている。
息子と奥方を主装置の前に連れて行き。
MS火災時はココと警報の出る場所を教えた。

他人の財布で美味しいモノを。2016年05月20日 08時04分04秒

割り込みついでに北海道の話は来週にしよう!
先週末の事、大阪から友人がやってきた?
色々と貸しがあるので夕食を是非ご馳走したいらしい。
奥方と相談し高い天麩羅屋でも予約しちゃおうかとMail。
天麩羅は今日食べたと返信、食事場所も東京駅近が良いらしい。
面倒なヤツだ、任せる事にした。
当日の3時頃に事務所に現れ、会議で藤沢に居たらしい。
何だかソコで持たされた土産を山ほど奥方に渡していた。
お茶も出さずにホッテ置いたら自分で買ってきた?
5時になり珊瑚模型店に出掛ける。
彼はココの製品は殆ど所有しているのだが・・
今回もセムとセムフを12輌も買っていた?

奥方とは駅で待ち合わせ京橋へ向かう。
夕食は焼き鳥屋となったようだが場所が解らぬ。
ヤツの息子が場所を指定したらしい。
明治屋口から出て迷子になる?
同じ名前の店が幾つかあるようだ、スマホで探しても良くワカラナイ。
本店を探し当てたらソコも路地を隔てて2軒有った。
四人分をフルコースで頼むが息子が来ない、先に始める。
焼き鳥12本は多かったかなあ?最初のウチは美味かったが飽きたなあ。
コースは本当に焼き鳥だけ、小さなサラダと細いキュウリが一本。
その他は焼き鳥を一本ずつ順に持って来る。
遅れてきた息子はいっぺんに12本とそぼろ丼を一気食い?
新幹線の時間まで残り10分を切って店を出る。
2分前に改札、ご機嫌で消えて数分後に地震、全員の携帯が鳴った。
最終新大阪行きはホームを出掛けて非常停止、僕らはスタバでお茶。

散々の悪口を言って次は鰻をた集ろうかと相談した。

敵は普段、偉そうな人たちからも一目置かれているらしい・・・
社会的地位もソコソコ、家では厳格な父だがココは学生時の続き・・
ウチの奥方には僕より頭が上がらぬ?
彼の息子は会うたびに僕らの親父扱いに目を白黒している。

 
人ごとながら友人関係とは恐ろしいモノだなあ~~。

撮鉄行2016年05月23日 08時39分28秒

忘れかけているけれど、北海道の報告に戻る
木古内で奥方を新幹線に乗せた。
ナビをセットすると午前2時頃に着くと出ている。
夕食は簡単に済まそうと上磯のラッキーピエロに寄る。
ハンバーガーを頼むつもりがツイふらっとカレーを、マズイ失敗。
夜道を走るが急ぐ必要も無し数十年ぶりに中山峠を越えて札幌に至。
友人から聞かされていた俯瞰場所の側で仮眠とする。
外気温はマイナス、さすがに北海道だなあ。
新型の布団で暖かく熟睡し日の出と共に目覚める。
2月に知り合った土地の人と待ち合わせをしている。
沿線の風景をロケハンしながら彷徨き、予定の場所で汽車を待つ。



現れぬのでそのまま平地で撮影し旭川へ向かう。
(後で知ったが彼は俯瞰場所で待っていたらしい・・スマヌ)
長いレンズはコレが初戦、掴み所が解らず難しい。
高速のスマートインターチェンジの標識に入ってみる。
何だか大きなお土産センタのような場所に出てしまった。
今から行って昼飯はと相談のつもりで連絡してみる。
友人がハンドル訓練でDEに乗っている、撮しに行けと教わる。
おおそうか、軽い気持ちで走り始めナビにセットしたら70キロも先。
コレだから北海道の人はヤヤコシイ、結局昼飯は食えず抜きとなる。
何処が良いか場所も解らす線路に沿って北上す。
手塩川に架かる橋で待つことに、車に有った菓子で空腹を満たす。
カメラとビデオをセット、鼻がムズムズしてかもうとした時に汽笛!
わあと慌ててシャッターを切る、ギリ間に合って何とか撮す。
僕が来ている事が伝わっていた様、汽笛を貰わなかったら危なかった。
そのまま追いかけて返しの場所、良く判らぬので・・・
今度は向こうに良く判る様に車を見える位置に停めて待つ。
遠くに二条のライトが見え近づくと窓から手が出た・・あらら。
再び汽笛を貰って手を振りながら走り去っていった。
停車時間を含め抜けそうだ追う、高規格道路の看板に・・
乗ってしまったらなんと降り口が無い、名寄まで戻ってしまった。
仕方が無いので名寄手前、公園の様な場所でカメラを構える。
程なくしてやって来た今度も大きく手を振ってくれた・・・
そういう画像をUPしても良い物か悩む?
そのままホテルに向かい駐車場を確保して直火に向かう。

動画はこちらへ
https://www.youtube.com/watch?v=v3bq9K2naI8



ペコペコ曲げてカバーを作る2016年05月24日 08時24分06秒

ユックリ寝たなあ、起きたら9時半を過ぎていた?
朝飯付きのホテルだが既にサービスも終わる時間。
慌てて着替えOUTする。
コンビニによって軽い朝食、そのまま友人の会社へ向かう。
MSのケーブル隠しを頼んだのだが来てから作ると言う事で・・
磨きのステン板をチョキチョキと切ってペコペコと曲げる、出来た?
持ってきたオモチャのドローンで遊ぶがおっさん二人で上手く飛ばぬ。
あっと言う間にサクランボの木に引っかけ、彼の愛犬は逃げ惑う・・・・

昼飯を食べて辞し丸瀬布を目指す。
公園に着けば明日の準備で調整中、挨拶を済ませて宿へ向かう。
ついでと駅に寄れば微妙な時間。

遠軽まで買い物に出掛けて瀬戸瀬辺りで撮影しようと。
近道をしたら警察車両が制限速度で走る、遅い。
ダムの方へ行こうとすれば何故か前走車も同じ方向へ。
面倒くさいので踏切に行ったらカメラを出す前に警報器が鳴る。
ありゃりゃ来ちゃった。 で コンナ感じ。
随分久々の越後屋に泊まる。
相変わらず値段にしてはご飯は良い方だと思う。
本日の宿泊者は一人、早めに風呂に入り寝る。
夜半に雪が降り始め見る見る外は雪景色になる。



開園式2016年05月25日 08時41分39秒

朝飯を食べて公園に向かう。
既に暗い内に着いている友人もいて何時もの丸瀬布が始まる。
天気が悪く雪と風が強くなる。
安全を考慮、車は動けなくなるを見越し温泉側に上げておく。
見る見る雪は増え開園式は機関庫の中となる。
式が終わる頃には積雪という感じ、景色は初冬の風景となる。
今年の一発目はキャンプ場方と決めてきたがまさか雪になるとは。
用意の自転車も出せず、寒さに萎えてイマイチ気分も上がらぬ。
昼前には完全に真冬の景色となる。
安全を考え釧路からの友人は撤収する事になる。
僕らも寒くて午後はしばし昼寝をしよう。
既に車は山から降りられる状態では無い。
安全を見越し1日の夜行便を変更する。
やっと繋がりWebで変更を選んだが2日の夕方便となる。
温泉に入り夕飯を食う。
部屋で宴会も始まり空き缶が何時もの様に並んでいく。
時々外を見に行ってはスゴイ事になっていると言う報告が有る。
寝る前に体育館でドローン大会を開くも予想よりは難しい。
箱には野外用と書いて有るが今時は規制で遊べる場所も無いだろう。
ここ丸瀬布でも当然だが禁止されている。
そんな事よりも体育館内でも上手く飛ばせないのだから公園じゃねえ。ご覧の様に飛ばぬドローンに操縦者が飛ぶ?
こりゃあ難しいよと広大な農場の所有者に譲ってしまう話になる。
本日は宿泊者が減ったので部屋に三人、体育館に二人で寝る。



雪の丸瀬布2016年05月26日 08時45分36秒

朝起きれば雪はホボ止んでいた。
駐車場で20cm園内は30cm以上は積もっている。
皆は除雪作業を手伝い始める。
僕的には体力的に無理なので見学とする。
歩くだけで一杯なのに除雪などしたら寝込むは確実だ。
皆で線路を除雪し続け、運行開始直前に何とか線路の雪を退ける。
しかしスゴイ事になったなあ!
子犬では無いので雪が降っても走り回るほどは嬉しくない。
撮影ポイントは何となく決めてくるのだがコレじゃなあ。
行き当たりばったりの撮影になり余り気が入らない。
ダイタイ連休初日に羽毛ズボンにオーバーズボン。
中厚の羽毛服に断熱入りの上着と手袋。
コレじゃ厳冬期の装備と変わらない。
凝った構図も取らず、適当にシャッターを切る。
寒くてドウデモ良くなってきている。
午後は昼寝して二度ほど乗って最終を狙うがやはり上手くは行かぬ。
夜は宿泊メンバーも増えて遅くまで賑やか。

最終日は雪も消え始めるが午前中で撤収を予定している。
数カ所で撮影し乗車、挨拶して帰る事に。
旭川のヌシも前日の除雪で腰を痛めた様だ。
だから辞めておけと、僕が手伝えば今頃は寝込んでいる。
温泉に入ってから帰るというので先に出る。

時間を見れば昼過ぎだが上川でラーメンを食べていく。
高速を降りて札沼線に沿って走るがこの時間で既に最終後。
以前なら寄って撮影して行く所だ。
ホボ予定通りに小さな旅の博物館に到着、予想通り留守?
しばらく待てば帰って来て、他の宿泊者もついて寛ぐ。
明日の予定を聞かれても夕刻の苫小牧以外にする事は無い。
旅の宿らしく話しも盛り上がり日を跨ぎ寝る。


やっと脱北2016年05月27日 08時31分42秒

別段早起きの必要も無いが目が覚めた。
旅人達は急ぐ人もいないのだろう長閑な朝ご飯となる。
稚内まで走ると言うバイクのおじさんが出掛け。
札幌散策と言うお姉さんは駅まで歩いて行った。
三笠へ行こうかと思ったが休園日という情報が。
暇なので小樽総合博物館へ向かう。
記憶とは全く違う風景に多少驚きながら見学する。
展示物は少ないけれどココはココで面白い。
大昔に子供達を連れてきた記憶は有るが全く覚えていない?
もっとクチャクチャした所と言うイメージが残っていたが。
昼までグズグズしてレストランで食事。
何処かへ寄ろうかなあと考えながら高速に乗る。
千歳で降り小さな駅に寄るが撮影もせず、そのまま苫小牧へ。
晩飯と朝飯、昼と食料を調達。

仕事で借りていたアパートを探すが様変わりしていて見つからぬ。
半年ほど毎日通ったのに思い出さない。
探したあげくにたぶんココじゃ無いかなあと言う場所に出た。
記憶に無い祠が有るが道の角度や防波堤からココかなあ?
別段にソコを探し当てて何があるかと言う事も無いし・・・
港へ向かい乗船手続きを済ませてしまう。
相変わらず船底の乗用車用デッキ、この船はエレベータが有った。
そのまま風呂へ、出航前にはあがって後は寝る。 ひたすら寝る。
トイレ以外はベットから出ず、食い本を読み寝るを繰り返す。
気がつけば翌日の昼、一番人のいない時間なので風呂へ。
子供連れがいたが久々に全身に墨が入っている人を見た。
他に客はいないので、遠慮する事は無いが声を掛けるのも悪いし・・
明らかに現役なので話しかけない方がアチラも気が楽だろう。
子供ははしゃいでいたが早々に出ていった。
夕刻の大洗入港、早めに車に乗るのでこの時間が結構長い。
デッキのトラックが出ないと乗用車のスロープが降りてこない。
やっと出られて国道へ向かうがもの凄い渋滞。
海沿いの道は車が動かない。ナビが変な方向を指示する。
一度町中に入り迂回するように案内が・・それにしても凄い。

高速に乗るまで一時間くらいかな?
今後は休日着の昼便は避けよう。
連休中だが高速は空いていてスムーズに帰宅。
実際の旅程も長かったが報告も時間が掛かった。


次回の渡道は冬かなあ・・最近は北海道ばかり行っている。


御開帳と50周年2016年05月30日 08時16分06秒

縁あって学生時代から出かけている島根県のお寺。
かつてはユースホステルだった。
JYHの方針と相いれず別れたが今でも昔のまま。
あの頃の民営YHそのままの宿に今も旅人が訪ねてくる。
最近は海外から来る人のほうが多いくらいだ?

先代がユースホステルを初めてから50年になろうとしている。
先日電話が、お寺の御開帳に合わせてイベント開催を企画。
そういう話らしい?

大昔にお寺の本堂に屯していた大学生達。
そこにやって来た高校生という関係が60歳を過ぎても続いている。
ココで再び縁ある人々に連絡を・・・・
詳しい事は全く解らぬ?
ソウイウ事はコレから決めるらしい・・・
と言うか6月のお出かけの序でにお寺に寄ってと言う連絡。
島根県の小さな町、東京からはもの凄く遠い。

細かな事はソコで決めるらしい?