閑散期のスキー場2016年07月26日 08時06分39秒

夕方にゲレンデ横のピザ屋で晩飯、美味しいけれど値段はソコソコ高い。
宿が無償だがココで喰うなら安い民宿分くらいは払うことになる。
MS4階の通路を抜けるとそのままゲレンデに出る。
リフト前を通りホテルや食堂を過ぎて少し降りる。
このシーズンはココ一軒、ピザ屋が営業している。
事前に予約をして置いたが客などいない。
山ほどのメニューが有るが年寄り二人、頼みすぎても食えない。
大きなキノコを焼いたモノ。
目の前で切り分けてくれた。
凄い盛りのサラダ。
揚げたズッキーニ。
生ハムの包みピザ、ナイフを入れて気がつき・・・
写真撮りますか、と言う訳で。
包まれた中身のチーズの量が凄く腹一杯になる。
ケーキやジェラートも有ったが既に腹一杯。
ソルベに近い感じだったデザート、桃とベリーとした。
食後は真っ暗、夏のスキー場は人気も無く徒歩で帰るのは怖い?
眼下に岩原の街灯りが綺麗だが夜道は真っ暗。
MSの入り口のみポッカリと明かりが灯っている。
通路ドコロか館内の廊下、大きな風呂にも人の気配が無い。
閑散期のスキー場併設リゾートマンションなどコンナモノだろうが。
この大きな建物に全く人気を感じないというのは変な感じだ。