冬の北海道に傘を持っていく馬鹿はイナイ2017年02月01日 09時01分45秒

暗いウチに起き出すのは久しぶりだ。
最近は注意していても物忘れを実感しているので荷は事前に作ってある。
以前は事務所によってから出掛けていたがそのまま駅へ向かう。
東京駅では朝食を、サンドイッチを買ってホームに上がる。
乗車位置まで移動途中ではやぶさ1の入線となる。
今回は大人の休日倶楽部の乗り放題、普通車なので後ろの方だ。
3人席に座るが終着まで隣は来ない、盛岡まで行かずにお尻が痛くなる!
北海道新幹線から初めて陸奥湾を眺め青函トンネルに入る。
JR北海道に入ると釧網線の流氷物語号のテロップも流れている。
海峡を抜けるとイキナリ雨が降っている?
悪評高い新函館北斗駅は何故と言うくらい知恵が足らぬと感心した。
ココの文句は別項で書くとしよう?

開業時には新駅と函館間は電化されて本数が増えるとそこら中に有ったが。
乗った電車は五稜郭と函館のみ停車。
これで沿線住民に便利になると大宣伝をしていたのかと驚く!
五稜郭駅では土砂降りになる車輌庫の雨受けから雨水が溢れている。
冬の北海道に傘を持っていく馬鹿はイナイと昔人の僕らは思っていたが。
ドシャドシャ降っている雨を見ながら構内で路頭に迷う。
函館まで来た目的はラッキーピエロ。
4つほど向こうの信号を曲がった所、タクシーじゃ近すぎ。
傘を買うのも馬鹿らしい、徒歩の1/3程はビルの中を通れるはず。
幸い二人とも上着はゴアテックス、意を決し土砂降りに歩き出す。
歩き出せば傘も役に立たぬ位降っている、僕らの装備の方が良いくらいだ。
奥方の北海道行きにラッキーピエロは必須項目。
今回も大きなハンバーガーを満足げに食べ、再び大雨の中を駅へと戻る。
後にこの雨が道東でも降っていて寄って来ていた流氷は逃げる。
道路はスケートリンクという酷いことになるのだが。
この時は函館だけが季節外れの大雨と呑気に思っていた。


函館本線で小樽へ2017年02月02日 08時17分54秒

今回は函館本線の特急ニセコで小樽へ向かう。
通路で時間調整していると何時の間にか入線していた。
外見も特徴的だが中のデザインも凝っていて椅子もフカフカとしている。
キハ182を名乗るが遮音も一般車より良いような気がする?
斜め後ろの方で騒ぎが起きていた、何かと思えば雨漏りだと怒っている。
清掃スタッフが怒られながら拭いていたが・・
中国人のガラガラトランクの車輪に付いていた雪だと思うが?
車内は結構な乗車率、その割りには長閑に走る。
この特急は最初から速く走る積もりは無いらしい。
長万部に着くと長停車、ホームに出ると怪しい着ぐるみがいた。
中華お姉さんに囲まれて大騒ぎをしている。
車内に戻っていたら突然窓に現れて両手で窓をバンバンする。
奥方が答えて手を振ったら窓に顔を押しつけて余計にバンバンした。
久々の山線をエンジン音も長閑に走る。
荒天のため景色も見えず暗くなるのも思いの他に早い。
小樽駅に着いたら真っ暗だった。
イベント開催中と言うが30分も掛かるらしい、ホテルに移動する。
荷を解いていると友人からMail、ロビーに降りると程なく到着。
運河に向かい夜の街に出るが雨で路面がツルツルで怖い。
そのセイか観光客も少なく、思いの他に綺麗な運河を眺める。
小樽ビールで宴会とし、呑み喰う!
再び運河の夜景を楽しみ宿へ戻り解散す。
本日の移動、はやぶさ1の東京駅発は6:32ニセコの小樽着18:38!
実に12時間6分の汽車旅。
明日は再び小樽から札幌へ特急オホーツクを完乗し網走を目指す。



小樽から網走2017年02月03日 08時10分28秒

暗いうちに起きだして駅に向かう。
スマホのアプリを信用したら早く駅に着きすぎ。
改札を抜けて停車中の電車、荷を置いて顔を撮しに行く。
向かいに座ったおじさんが納豆を取り出してまぜだしたらしい。
奥方は目を合わさぬようにしたと言い・・僕が戻ると何かクサイ!
フト見ればご飯のパックに納豆をかけて喰っている?
怖いようと退散、におわぬクライ離れた席に座る。
明るくなり始めて札幌到着、昨年のはまなす以来の札幌駅。
乗り替え時に豚汁とおにぎりのセットを購入する。
久々にオホーツク1で札幌-網走を乗り通す、実に5時間19分。
昨日のニセコと違い本線を唸りながら疾走する。
上川を過ぎ峠に掛かると天候は荒れ模様で窓の外は真っ白。
エンジンは唸っているが速度は見る見る落ちていく。
止まってしまうかと思うほどになるもやっとサミットを超える。
丸瀬布では青空も見えて回復運転、7分延で網走着。
昼食は奥方のリクエストで久々の蕎麦・・ヤハリな味で半分残す。
ホテルに荷を預けて網走駅に向かう。
流氷物語号の入線前、改札は長蛇の列となって駅の外まで並んでいる。
改札が始まりホームへ行けば乗車口前でお迎えを受ける。



流氷物語号に乗る2017年02月06日 08時45分03秒

網走駅改札前に立っていたら僕らの後ろに人が並び始めた。
入線時にホームへ入って友人を探すが会えず、改札へ戻る。
驚いたなあ、既に駅出口付近まで並んでいて、僕らも並び直す。
行列は駅からはみ出るくらいまで伸びて改札が始まる。
前の方の人は駆けだしていくが他の人はユックリと跨線橋を渡る。
ホームに出ると見知った顔がタオルを広げてお出迎えをしている。
海側の席を確保、車内を見ればホボ満席となっていた。
発車前からボランティアのアナウスが始まり流氷物語号が発車する。
事前の情報で流氷は無し、それなら景色は昨年と変わらない。
軽妙なアナウスを楽しみ北浜駅へ至、展望台に上がれると教え。
何時ものようにシャッター押しで中国人旅行者に喜ばれる。
意外に速度が速く軽快に走る、コレでは沿線案内も大変だろう?
この辺りでも昨日は雨が降ったらしい、景色的には真っ白で綺麗だ。
終着の手前、案内の終わりに切っ掛けの拍手を仕掛け車内が和んだ。
個人旅行の中国人と日本人双方を盛り上げるのは難しそうだ。
終点の知床斜里、改札を出ると待合室は人でイッパイだ。
接続列車は1時間以上先、網走に戻るも釧路へ行くも移動手段はない。
コレならもっとユックリ走ったって良いだろうに?
この時間に着かないとイケナイ事情でもあるのかなぁ・・・
網走人達が出て来て車に乗せて貰う。
途中で流氷物語号を浜小清水で追い抜き、北浜で下車。
北浜人は一度自宅に戻ると言うので、僕らは喫茶店で待機。
信号を確認し展望台に上がる、程なくして遠くにヘッドライトが光る。
流氷物語号回送ががカナリの速度で通過して行った!
網走に戻すなら客扱いすれば良いのに?
次の網走行きに乗れば、何も無い斜里に2時間いた観光客が乗っている。
チェックインして駅に戻りタクシーで夜の街に向かう。
そう言えば昨年の網走訪問も似たような宴会に参加したなあ?
網走人達に明日は働けと詰め寄られて恐ろしい思いした!
何も出来ないが車内で記念写真のシャッター押しでもするかと提案。
元気の良いご婦人が盛んにメンバーをクルクルと言うので何かと思ったら。
鉄道好きの事を言うらしい?理由は何かと思ったらクルクルパーだって。
もう少し引っかけがあるのかと思いや予想外で可笑しい。
乗りクルクル・撮りクルクル・集めクルクル、クルクルはイッパイ買ってくれる良いお客さんだと騒いでいた?
早めの解散、彼らは汽車の有るウチに帰り僕らもホテルに戻る。



流氷はイナイ2017年02月07日 08時31分21秒

今回の旅行は早起きが続く、今日は11時から船と出だしも遅い・・
6時には起きていた、7時には朝ご飯も済んでゴロゴロしていた。
砕氷船の予約は11時と考えていたが、あれれ流氷が無いんじゃ乗れる?
電話してみれば9時OK、急いで荷をまとめてタクシーで港へ向かう。
9時発の乗船時間丁度に到着、流氷無しで2500円と1000円安いが微妙。
港を出る時に隅の方に名残の蓮氷が貯まっていた。
ギリギリに寄せて浮氷をかき分ける、中国人大喜び?
風が強く波も大きい、吃水が深いのか船自体は余り揺れない。
何処まで行くのかと思ったら街の沖合でクルっと回ってもう終わり。
桂台に行けば流氷物語号を撮影可能かなあと思うが奥方同行、網走駅へ。
昨日ほどはでないがそれでも観光客は並んでいる。
中国人も多いが今日は日曜日、旅行者でな家族連れが意外に多い。
改札に迎えに来て貰い先に入場、車内に荷を置いてお迎えの準備。
各乗車口に別れて釧網本線と記したタオルを広げて待つ。
改札が始まり乗り込んでくる、タオルを持つ僕らを撮したり記念撮影を。
スタッフタオルを持たせてシャッターを押したりとサービスをする。
振り向けば根が真面目な奥方は中国人に囲まれ人気者になっている?
発車時間が迫り車内に入れば沿線案内が始まっている。
言葉は解るのかなあ中国人達も普通に聞いている。
話す感じや動きで僕らがボランティアと解るのだと思う。
頃合いを見て販売用のタオルを持って車内を回る。
スッタッフタオルを欲しがる人が多いので販売用で記念写真サービス。
タオルを持たせてシャッターサービスと声を掛ける。
コウイウのを彼らはとても喜ぶ、ついでにこのタオルは買えると営業?
面白い物で観光客と同じくらい一人旅の乗り鉄おじさんが喜ぶ。
僕らは止別駅で下車、二人でタオルを広げてホームでお見送り。
降りたのに気づいた記念撮影した中国人達が大騒ぎで手を振る!
走り去る気動車を見送って駅馬車にラーメン注文。
駅前は昨日の雨の為かスケートリンクのようになっていた。
食べ終わりホームで待っているとおっさんが出て来て・・・
ラーメン屋の裏に線路があると驚いていた?
正解は駅がラーメン屋なのだからホームも有るし線路も有るさ!



ホームでタオルを広げてお迎え2017年02月08日 08時31分43秒

止別駅から流氷物語4号に乗る。
夫婦二人、ホームでタオルを広げてお迎え・・あれ?ドアが開かない!
そおか、急いで後部へ移動で車掌と笑う・・うっかり都会人とバレル。
再びタオルを持って記念写真のサービスをしながら網走へ向かう。
北浜で降りて3号に乗るつもりが北浜人がお願いしますって降りた?
あれれと網走駅の見送りお迎えからお手伝いとなる。
人手が足らぬと奥方まで肩から箱をぶら下げて車内販売を手伝う。
流氷は見えぬので車内販売も好調!
知床斜里に着くが昨日同様に行き場が無い乗車客が待合に溢れる。
網走に帰るか釧路へ行くか知床への移動待ちか?
今日は摩周まで移動、知床斜里で長い待ち時間で町に出る。
喫茶店を探すも生憎の休みばかり。
道の駅まで歩くが何も無いく、お土産屋に寄っても時間は潰れない。

駅に戻り待合列車待ち、乗っていた観光客数人に挨拶される。
同じ汽車で釧路方面に向かう人達も多いようだ。
旅姿の僕らを見てボランティアだったんですかと驚かれる。
全く中国人だと思っていた家族が日本人で笑ってしまった?
摩周着、宿は昨年もお世話になった民宿で駅に迎えが来ていた。
今夜の宿泊は僕らだけ昨年は安いコースだったが今回は牛ステーキ?
料理は美味しかったけれどステーキが端切れみたい。
コレで値段差は大きい過ぎだなあ。
確かに料理個々の量も質も昨年のコースよりは掛かっているが。
年寄りには少し多すぎ。
肝心のステーキが焼き肉的な大きさなのは。
デザートを頂き

これなら安い方で十分だねえ、温泉に入って早めに寝る。



摩周から帯広へ2017年02月09日 08時14分47秒

コウイウ宿は朝食が豪勢、ココもそのタイプだ。
この他に納豆や生卵、漬け物や塩辛が取り放題。
朝は余り食べないので結構大変だ、僕など塩辛だけで十分だ!
流氷物語号の釧網本線と書いたスタッフタオルを見て宿の方が驚いている。
ココも同じ釧網本線、摩周の彼らは全く情報を知らないらしい?
ココで僕も気がついたのだが8時頃釧路発で臨時とし知床斜里で2号に、3号終了後に釧路までの双方を客扱いすれば乗客数は増えるのでは?
摩周や川湯辺りから網走へ入るのには便利だし、湿原号無き後の観光客誘致には費用対効果は大きいと思うのだが。
変則的な送り込みも不要になるし、連休などの観光客にも有効だろう。
それよりもボランティア応援し臨時列車運行と頑張る網走人達、その事を知らずJRは何もしてくれないという摩周の宿の温度差は考えモノだ!
駅に送って貰い釧路へ向かう。
釧路の昼はスパカツと提案するも昨晩がステーキで今晩は豚丼の予定。
協議の結果、駅のおにぎり屋で味噌焼きおにぎりを購入する。
指定を明日に変更、このまま帯広へ向かう事にするが1時間半程ある。
和商市場へ向かい店をひやかしSおおぞら6自由席で帯広に移動。
そのままホテルに入り何処か見物できる場所を聞くも食べ物屋しか無い?
フト見ればばんえい競馬のパンフレットが、聞くと無料券をくれた。
場所は徒歩15分位という、最初から教えてくれれば良いに?
ホテルの前にタクシーがいたが15分を信じ歩き始める。
電柱に競馬場900mm!なんだそれならタクシーに乗れば良かった。
文句を聞きながら歩くが、慣れぬ雪道は想像を超える。
思いの他に時間が掛かって競馬場へ着く。
貰った無料券を提示、驚いたなあ一人分だけ?
競馬場の係の人にも何処のホテルだケチ臭いなあと笑われる。
折角なので一人分100円は自腹で払い場内に入ってみる。
僕も奥方も生まれて初めての競馬場、仕組みも何もワカラナイ?
側にいたおっさんに聞くと最初はメンドクサソウだったが乗って来た。
俺は何番がドウノコウノと演説を始めたがドウモおかしい?
おじさんの説明は大井競馬場の事のようだ、礼を言って別れる。
2レースほど奥方が計200円、見当違いの馬券を買って遊ぶ。
タクシーを待って市内に戻り六花亭でお茶して宿へ戻り小休止。
夜飯は豚丼と思いきやインディアンカレーに反応する?
アレは何だと聞かれてカレー屋だというと食べると言い出した。
思いの他に安い帯広の夜を終える。


車輌故障20分程遅れ2017年02月10日 08時23分43秒

帯広駅に向かう、昼食を買うつもりがうっかり駅に着いてしまう。
早めに着いたがとかち4は既に入線、そのまま乗ってしまう。
新しい気動車は速いねえ軽快に飛ばしていく、あれっ途中から遅れ気味。
新得を過ぎてトマムかなと思ったら雪の中?窓の下を運転手が駆けていく。
しばらくして車輌故障とアナウス20分程遅れて走り始める。
車掌が通ったので接続の確認、新幹線で本州に渡ると伝えると怯える。
走り始めても接続は出来ないと放送だけ車掌は説明にも来ない。
回復運転という感じでは無い?接続時間は9分、その差11分!
信号所毎の運転停車や行き違いで詰め北斗を数分延で乗り継げるのでは?
間に合わぬように調整しているような走り方!

数年前にも有ったのだが石勝線から本州へ新幹線乗り継ぎ客などイナイ。
JR北海道はソウイウ風に決めつけているフシが有る。
あの時は北斗にはやぶさの乗り継ぎ指定券を提示しているのに南千歳で特急券払い戻ししか対応せず、新得駅で暴れたのだった?

南千歳で乗り替えても寒いだけ、このまま札幌まで乗ろう!
車掌が通ったのでその事を伝えて北斗12の指定を依頼する。
駅の窓口で処理をというのでこのままだと札幌で15分の接続。
窓口に並ぶのは無理だからと12の車掌に連絡をと少し命令調で依頼する。
手配を済ませ車掌は万が一が有るとイケナイので新札幌乗り換えと駅での証明をと言い出す、北斗12で確保なら新札幌で何を証明するのか?
キツメニ聞いたら怯えていた!新幹線の事は忘れているみたいだ!
新札幌で下車、時間が有ると見てラーメン屋に行くも意外に込んでいる。
コンビニでサンドイッチを買って反対側を見たら駅蕎麦屋が有った。
ホームに戻れば北斗12も7分遅れ、これならラーメンも食べられたなあ。
実はこのロス時間は五稜郭でラッキーピエロへ行く為。
ハンバーガーじゃなく、脂ギトギトスパゲッティを予定していた。
僕的にはラッキー?函館まで乗ってみがき鰊弁当を買いに行く。
今回の切符はJR線と東北の私鉄も乗り放題、何故かいさりび鉄道は除く。
それでもせっかく来たのだから木古内のおじさんに会って行こうと乗り替。
ながまれ号というのを期待したが普通のキハ40、車内も満員。
JR江差線時代と何も変わらず、木古内まで乗れば殆ど人もイナイ。
木古内に着けばおじさんのお迎え、家にお邪魔しお茶して騒ぐ。
頃合いを見て再び駅へ、最終の東京行きに乗る。
誰も降りぬし誰も乗らない木古内からはやぶさに乗車、弁当を食う!
帯広のホテルから荷物の殆どを送って空荷なのに再び増えてしまう。
定時で東京着、中央線で高円寺まで出てタクシーで帰宅する。




週明け、13日には再びはやぶさ1に乗っている予定。
今回は呑気な見物旅とは行かず雪の中の撮影大会?

初日はそのまま名寄まで乗り続け!
車内は暇なので何処かでブログもUPすると思う。
最近は細かな旅程の報告はfacebookにUPしている。
リアルタイムの出来事はそちらに、さて荷物をまとめよう?

湿原号用の機材は釧路に発送した。



お出掛けの朝2017年02月13日 05時58分48秒

目覚ましの鳴る前に目覚める。
湯を沸かしポットにお茶を。
用意済みの荷を背負い地下鉄に乗る。
最近はこんな時間でも着席100%。
平日の朝は早い。

東京駅には6時に着。
早いと解っているのに毎回同じだ。
今回はグランクラス、朝食もお茶もいらぬ。
ホームにはかがやきが停車している。
発車まで待合室で、何故か毎回同じ場所に座る?

今日は名寄2017年02月14日 06時45分00秒

はやぶさ1から乗り継いで12時間。
名寄に来ている。
昨晩は居酒屋で北海道らしい物を食べた。
今日は現地ガイド付きで撮影の予定。
そろそろ迎えがくるので。
出掛けないと!

と言っていれうちに拉致。
山の上に着いた?