北浜の朝2017年03月01日 09時10分07秒

北浜の朝、素泊まり飯無しの宿だがコーヒーとトーストが出た。
昨日の遭難婦人は網走へ、僕は流氷物語の送り込みを撮影に。

国道へ出て橋の手前で遠くに網走行きヘッドライトが見えた!
急いで橋へビデオをSetし手持ちで押さえた。
先の踏切まで歩き海側へ、砂丘に登るも雪も深い。
流氷と気動車は難しいのでサイドを納めようと待つ。
送り込み回送、北浜駅通過で鉄橋上からビデオで追う。
無理して海・鉄橋・気動車で切る。 パーンに合わせて真横。
おとっとバランスを崩して斜めになった、わぁ~遠景も失敗!
流氷の見える岡、寒い中を半時以上も待ったなのに。
すごすごと戻り赤信号に横断歩道のボタンを押すと電話が鳴った。

何処にいます?迎えに行きましょうか!って今頃何を言い出すのか。
もう帰って来て下の信号だから迎えは要らない、見れば再び信号は赤。
北浜人は宿に待っていた、早起きですねとか呑気にお出迎え。
流氷物語号を撮影後の快速なら撮影に行こうと車で出る。
何処へ行こうと言うが、結局は橋で撮すことに。
サイドを綺麗にと言うリクエストに・・・・
アソコの雪山と電信柱の間で2両入りますと言う指示!
快速しれとこに乗って標津を目指す。
流氷は見事に接岸し海は真っ白になっている。
標津駅には既にSLではないSL湿原号が到着している。
歓迎も一段落の駅に降りる。
荷物の預かりサービルが有ると言うのでお願いして町に出る。
周辺の食事場所までの無料送迎も有るようだが帰りは有償?
町を歩いて観光センタのような場所で芋餅と甘酒で昼食。
乗るのは初めての湿原号、綺麗なお姉さんと記念写真?
シャッターを頼んだ方が自分が写るとは思っていないのが面白い。
撮影中はそんなに気にしていなかったが大鷲に尾白、鹿も無数にいる。
乗った車輌の2/3が幼稚園の遠足、凄い賑やかな車内だった。
東釧路で下車、ホームに釧路人が迎えに来ていた。
程なく高松君もやって来て釧路製作所に出掛ける。
二階の事務所に伺うと応接に通されて話が始まる。
思いの外に高松君が話し続けて長居となる?
辞し8700のライトアップまで見学しホテルへ向かう。

夜は居酒屋で宴会とし明日は9時半集合と決し別れる。



釧路初日2017年03月02日 09時25分59秒

初日の目的地は近い、登りもたいして歩かぬ。
ただし狭いので場所取りのため早めの出撃となる。
現地到着、先着2名で予定通り後列に並ぶ。
しばらくすると眼下でアベックが彷徨いていたが見えなくなった。
道ではない方から男の子が登ってきた?どこから来たのかなあ。
フウフウ肩で息しながら三脚を立てている。
下の方でキャアキャア声がする見に行った釧路人が何か指示している。
アベックの片方が登れずに困っている、おにいちゃんは車に戻れと叫ぶ。
そこからそっちへ足跡を追ってと優しい高松君が叫んでいる。
雪まみれで相方が登場、おにいちゃんはカメラのSet終了している。
二人はおっさんおばさんにからかわれてバツが悪そうだが仲良し?
楽しい列車待ちの時間となる。
直前にあまりマナーの良くない連中がヤハリ道じゃない方から来た。
下から僕らの姿を見て道も選ばず登って来て挨拶も出来ない。
何時も思うのだがアレで楽しいのかなあ?
挨拶も受けていないので僕らは無視して楽しく撮影。
最後部で撮していた人が頭が入ったとか怒っていたらしい?
 
昼食はビジターセンタで、ピラフも無くなりライスバーガーくらい?
食後にマッタリしすぎココアまで飲んで動く気無し。
返しは車から徒歩1分の例の場所、15分前に動き出す。
釧路で最も楽ちんな撮影地でそれらしく撮影しコレにて撤収。
その気になれば撮影も可能だが本日の2発共に予定通りで満足。
夜はオムライスの店に行くが到着早すぎて休憩中。
大型スーパーの食堂街に移動しオムライス、コレを晩飯にする。
ホテルに戻り溜まった洗濯、中華おばさんが珍しがって付いてきた。
200円で洗濯100円で乾かすと話すと感心していた。
何でロビーに中華人が大勢いるのかと思ったら無料のカレーサービス。
つられて食べて腹一杯になって寝る。



遭難からパフェ。2017年03月03日 09時08分57秒

昨日の手応えで朝から気合いイッパイの釧路人と待ち合わせ。
良い景色の場所へ連れて行くと張り切っている。
今日は昼食が買えぬとコンビニで調達、昨日とは勢いが違う。
湿原の端に車を置いて山に沿って歩き始める、温んでいてかなりヤバイ。
10分程で高松君のお洒落な靴が湿地に沈み悲鳴が上がる。
その靴で無理だ戻れと指示し進む、山裾はヤバイと湿原に向かう。
今年の湿原は様子が変だ雪はフカフカ、地べたはネチョネチョ。
それでも追い返してから1時間位分け入る、左手に水溜まりが有った。
深い雪に手を着いたらズボッと四つん這い、釧路人が僕を抜いて数歩。
ドボッと沈んだ、もがきながら渡された靴は直ぐに凍った!
もう片方が泥に刺さっているらしくもがくが脱げない抜けない。
頭を雪の中に突っ込み掘り返し、やっと靴が脱げたがドロドロ。
目的地まで100mを切っているがこれ以上は危険と戻ることにする。
帰りは鹿道を歩き半時間ほどで道路に出て車まで歩く。
靴下を履き替えサンダル履き、今度は買い物中のようなカッコウ?
長いレンズは高松君と車で、手持ちの単では当然だが届かない。
日陰を抜ける風がモノスゴク冷たく動画だけでもと撮す。
離脱していた高松君は定番地で上々の首尾だったようで満足らしい。
追えばまだ撮せるし、線路脇には嬉々としてカメラを構えた人がいるのに。
何故か3人共に戦意喪失でパフェの店に、でっかいパフェで腹もふくれた?
高松君これで上がり最終便で帰京、ホテルに送ってもらい別れる。

 
フロントに鍵をもらおうとすると様子が変だ。
しばらく説明も無く待たされたのでキツク言うと鍵が無い?
驚いたなあ連泊客の部屋鍵をフロントが無くした。
コノコトは別項で詳しく書くことになると思うので飛ばす!
 
変な時間に腹が減り夜の町に出て釧路ラーメンを食う。



五十石から知床斜里へ2017年03月06日 08時29分08秒

今朝は釧路人がホテルへお迎え、移動日なので荷物も多く重い。
昼飯の選択から始まり、パスタと決した。
撮影場所も釧路川と背景に阿寒と決まり向かう。
塘路駅を通り掛かると友人達の車が駐まっている。
挨拶でもと駅に行けば皆でお茶の最中、僕らもコーヒーを飲む。
半年振り、何だか年中会っている様な仲間なので話すことも無い?
撮影予定地は踏切まで除雪がされていて近くまで車で行けた。
単焦点数本をポケットにビデオを持って歩く。
川が蛇行して近づき遠く背景に阿寒の山々が見える。
線路横の高台が目的地、三脚を立てて眺めれば線路が近く難しそうだ。
見れば川に離れ鶴が1羽、水面と背景の山との間で宜しい。
短いレンズしか持って来なかったのでコンナ物かな?
後で考えればビデオが有ったのだから超望遠的に撮せたのに。
徒歩の予定が車で来れたので時間が余る、ソウイウ時って余計な事をする。
予定ではカーブから出て来て一枚・川と山でサイドを・後追いで最後尾と阿寒の山の三ショット、その間にビデオをパーンし最後に阿寒の山までユックリズームという計画。
予定より早く音がしたと思ったらカーブから現れた。
ヨシとシャッターを切ったらファインダーが真っ黒?
えぇぇぇと再度切る、真っ黒・・なんだ・・と焦ってビデオも忘れる!
済んだことは仕方が無いが帰り道で故障では無く設定誤りを確認。
余計な事をしたと深く反省!コレにて昼飯。
パスタの店に行く、古くからの知り合いらしい?
こんな場所で頑張るねえと思う、中々美味しい。
今日は北浜まで移動、間もなく廃止の五十石駅から撮影後に乗る予定。
入れ替わり何人も駅を見に来て名残の写真を撮している。
ココでは工夫も無く予定通りに駅名を入れて撮影する。
網走行きを待つ間に駅舎で話しているとパトカーが来て駐まっている。
しばらくすると数台車が来て北海道警の捜査員が降りてきた。
駅外の電柱に有った駅名表が盗まれたらしい、見れば盗られ後がくっきり。
連絡をした人かと聞かれたが違うし。
ナンデこんなモノをネットでも盗品と解り売れないだろうし?
警察官と話してみればコンナ物でも盗品市場的な取引も有るらしい。
本人達は人にも見せず所有欲を満たすのかも知れないが・・
家族が処分すれば盗品と発覚しソレなりの罪に問われるモノ。
警察官とそんな話しをしていたら網走行きが来てしまい。
五十石駅に侵入するキハ54の写真撮できず。

何時も世話になっている釧路人に挨拶もソコソコで飛び乗る?

今回のビデオは出来が悪い?
宗谷排雪は録画開始が遅れ、石北臨貨では録画SWの押し忘れ。
本務長笛、後補機短笛の完璧な場面が写っていない!
流氷物語号も止別-斜里の直線でガラスにピンに気づいていない?
釧路川もカメラのトラブルでパーンせず。
五十石への気動車などは撮影すら忘れていると言う始末。
https://www.youtube.com/watch?v=Ky1dE07PkYM
https://www.youtube.com/watch?v=XqnQi3cLbnQ


知床斜里で宴会2017年03月07日 08時24分36秒

網走行き普通列車の車内は中華の方が大勢乗っている。
車輌自体が彼らのスーツケースを収容できる設計では無い。
網棚も通路やデッキも邪魔だが仕方が無い。
阿寒観光で降りると思ったが逆に乗ってくる観光客の方が多い。
この路線に集まる観光客をJRは過小評価しているのでは無いだろうか。
この気動車は昼に釧路を出て夕方に網走、日中の観光を乗っているだけ?
利用している彼らはソレを承知で楽しみにしているのだろう。
有料でも観光列車を運行すれば需要は十分に有ると思う。
釧路側と網走側に切れている観光誘致をまとめて売り込むべきだなあ。
右に左に写真を撮す中華人を乗せて列車は知床斜里到着。
今日はココで宴会と聞くが迎えがイナイ、電話が鳴って喫茶店にいる。
タクシーが必要な距離、今から来ても移動する?ナンダイ良くワカラナイ。
30分近く待たされて迎えが到着、都会の何処にでも有る居酒屋へ行く。
MOT鉄道倶楽部の面々が集まってくる。
茨木から馳せ参じたボランティアガイドさんが明日で終了帰国。
送別会なのか苦労さん会だか、彼らが乗りたかったのか解らぬが知床斜里。
会長が皆の集まる前に山ほど注文し、料理がドッと並び乾杯で喰う。
帰りの気動車は9時過ぎまで無い、だから帰れない!で呑み喰う?
時間に合わせて駅に行けば夜汽車はホボ貸し切り。
流氷も居るのだろうが真っ暗な中を気動車が走っていく。
北浜着、流氷押し寄せる夜の停車場・・を撮す余裕も無く宿へ。
既に布団も敷いてあってスグに部屋に上がり寝る。
ココは基本素泊まりネイチャーガイド?の宿という触れ込み。
二階に客室が二部屋、部屋に入ると奥にドアがある。
開けるとそれぞれ部屋名が書かれたトイレ二個、シャワーも二室。
洗面台は一台で出入りの戸が部屋毎だから二カ所という不思議な作り。
脱衣場が無いから部屋で裸になってシャワーに入る。
隣の部屋の人がトイレに行こうとすれば裸の隣人と鉢合わせ?
そんな事よりも知床やこの周辺の自然を満喫して戻って風呂無し?
男女では無く部屋で分けたトイレなどは不思議過ぎて面白い。
シャワーを部屋毎は仕方が無いとしてもトイレは男女だろう?
そのシャワーだってドアは磨りガラス、入っていれば丸見えなんだ。
前回泊まった時はオカシナおばさんと一緒だった。
なのに僕が手前でシャワー室の前を通る?
コレはどう考えても逆でしょ!
オーナーには何かシッカリした理由が有るらしいから余計な事は言わぬ。
素泊まり食事無しだが朝のトーストとコーヒーは出る?


流氷物語号2017年03月08日 10時17分50秒

北浜の朝、前回文句を言ったからカモ知れないが早朝に迎えが来た!
素泊まりなのにトーストの朝食をコーヒーもご馳走になり出掛ける。
雪の斜面を登って少し高台から流氷物語号の送り込みを撮影する。
吞気に用意していたら、エンジン音が聞こえて飛び出してきた。
手持ちで450、何とか撮す?と言うより写っていた?
クルクルおばさんの会社?を訪問し網走駅まで送って貰う。
予定では釧路を始発で昼に網走、そのまま普通で遠軽という計画だった。
悪魔のような北浜人がそれなら流氷物語に2回乗ってオホーツクにすれば。
確かに遠軽の1時間半待ちは辛いなあと口車に乗った。
遠軽-旭川の特急券変更、原券を払い戻し再発行にして席を確保。
網走-遠軽・遠軽-旭川で席を替わる指定席券、発券に時間掛かる。
振り向けば切符売り場に大勢並んでいた。
流氷物語号は本日上がりの名ガイドで知床斜里を目指す。
乗車客にタオルを持たせて記念写真のシャッターを押すと言うお手伝い。
車輌の先頭から順に、最初の人には事前に声を掛けて仲良くなっておく。
後方の人達に何をしているのか見せておけば後の方は楽になる!
そう言う仕掛けでタオルを渡す前に皆さんワクワクしながら待っている。
知床斜里でホーム整理のおっさんと話していて乗り遅れそうになり?
折り返しは半分くらい往復客、長天やグッズを押し売りする。
自撮棒を駆使する華人男に明るくはしゃぐ女性グループ。
北浜で大きな荷物を背負った怪しげなヤツが乗り込み?
名古屋からの一人旅の女性と話しながら網走着。
スグにオホーツクに移動し荷物を置き見送っている北浜人に挨拶。
走り始めるとご婦人が一人かと聞く、席を変わってほしい。
そりゃ構わぬが僕は通路側、遠軽までの指定券だが良いのかなあ?
検札の車掌に遠軽までの席を替わってくれと言われ、遠軽からはアッチ。
車掌は旭川までココで良いと言うので荷物も移動する。
礼だと言ってチョコレートとお茶を渡されたのだが・・・
窓側席には次の駅で凄いデブが乗って来て座った?
あの人はナンデ二人席が良かったのかなあ・・・・

後日談だがこの時の元券、JR北海道の変更未使用払い戻し証明付き。
この払い戻しが高円寺駅で処理に長時間かかった。
アノ駅員も派遣なのだろうかイレギュラーな作業は益々面倒くさい!
旭川着、レンタカーを借りてホテルに向かう。
晩飯はラーメンで済まそうと何時も行く店に向かう。
中に入ると七人くらい?何故か全員店の人で皆立ち上がり大歓迎?
今日は暇だと全員で言うのでそれじゃ他に行こうかと言って止められた?



暗い踏切から2017年03月09日 08時15分03秒

午前四時、早朝にホテルを出てメタルクラフトへ向かう。
おかしいなあ、有るハズの場所に会社が無い!迷子になって探す?
 
レンタカーを置いて相乗りで踏切へ向かい前回のリベンジ。
三脚を立ててSetし準備完了、友人が車に向かうのでついていく。
もう来るよと言われてソウとか言っていたら踏切が鳴った。
わぁと走ってカメラまで行きビデオONだがカメラが間に合わぬ。
前回と逆に今度はビデオだけ写った、何をしているのだか?
回送はもう少し近くが良いと別の場所から。
ビデオ三脚を用意するとアソコからパーンしてコウイウ風にと言い出す。
カメラが一脚だものパーンは無理だと思うよと返す?
相変わらず雪は降っていないので排雪は停車中の駅でホーム撮り。
侵入を押さえて移動、階段で滑ってビデオのフードが粉々に飛び散った。
最近はドウモ調子が悪い?
ラッセル車を撮しに行ったのに何故か通過の気動車を全力で撮す?
旅程全てで見事に失敗ばかり。
カメラなんて持って来なくても一緒じゃ無いかと言う感じだねえ!
コレにて終了、工場で荷物をバラし重量物を箱に詰めて送る手配。
始業時間まで話しているウチに、あれっオホーツクが撮せる。
再び三脚を出してレンタカーで走る、止める、三脚立てる、来る!
もう少し良い場所へ行けば良いのにと反省。
コレにて本当に終了、荷を頼んで駅に向かう。
15km程しか走っていないレンタカーに6Lもガソリンが入る?
文句を言っても仕方が無いが少し酷いねえ、早めだがS宗谷2に乗る。
今回唯一の自由席も窓側に座れた、札幌手前で電話が鳴る。
良く聞き取れない*2ウヤ・・と聞こえた、そりゃヤバイ帰れなくなる。
札幌入線時に北斗12の乗り替え案内、走るのか!急いで飛び込む。
車掌に空き席を聞けば1席有り、振り替えを頼み荷を置き乗れたと連絡したら72D?それってオホーツク、発車ベルも鳴り終わる慌てて降りる!
窓越しに誤報で焦ったと車掌に謝った。

接続1時間半、差額を払って出ようとするとトロい駅員で通じない。
このまま出るぞと脅かす、白石から乗り越しの金額を調べている?
210円置いて切符を奪い返して出る、後ろで乗る時も払ってくれだって。
何というマヌケなヤツだ札幌駅の駅員だったらそれくら覚えておけ!
重いモノは送ってしまったので荷は軽い地下道を雪印パーラーまで歩く。
ロイヤルミルクパフェ、平日の店内は殆ど華人しかいない。
ココは50円の券をくれるその為に一階で600円ほど無駄遣いをする仕組み。


本気の非常停止2017年03月10日 08時05分38秒

以前は旅行に出ると駅蕎麦ばかり食べていた感が有る。
最近は余り食べないなあ、駅蕎麦その物が減ったからかなあ。
札幌駅ホームで天玉蕎麦を食べる、相変わらずマズイかき揚げだなあ。
予定通りのS北斗14、豪快に加速し疾走して行く。
それにしても函館行き北斗は必死に走るなぁ五月蝿くて余り寝られない。
長万部を過ぎてアソコで撮したなあとかココ歩いたなあと外を見ている。
間もなく森、官軍の上陸地が綺麗に整備されているんだと思ったら!
思いっきり制動が掛かる、経験上では当たったかな?と言う本気の非常。
停止時に衝撃は無かったがグッと来てガガガっと止まった。
スグに車内販売のおねえさんと車掌が怪我人が居ないか聞いて回る。
あ~こりゃ帰れないかなあと半ば諦めた。
踏切で直前横断と言うがドウイウ状況かはワカラナイ!
しばし停車し森駅に侵入、即発車で何時もにも増して怒濤の加速。
新函館の接続は間に合うと放送が有った。JR北海道エライ!
そう言えば来る時のはやぶさ非常停止も回復はJR北海道内だ?
新青森-新函館間で5分縮めたってトンネル内を何㎞で走ったのかなあ。
今回も森-新函館間で回復運転って、計算が合わないような気がする?
帰りもグランクラスなので売店に寄る必要も無い。

乗り換えがギリでも気持ち的にとても楽だなあと新幹線ホームへ。
新幹線は北海道側が優等車で何故かG車付近で台車が通路を塞ぐ。
狭いホームなのに車輌側に数台の大きなコンテナを置くのでじゃまだ。
何故に壁側に止めて通行が無い時に運び込まぬのだろう?
今日、この列車でその場所を通過した客は二名しかいないのに?
行きに貰った靴べらが余りにも安っぽく本当モノかと疑われた。
そこでお姉さんに持って貰って写真を撮せば証拠になる。
その事を伝えると、ソレは良いアイディアだと褒めてくれた。
で その証拠写真、必ず貰うアイマスクとコレが二回目の靴べら。
もう一人の客は発車からボトルでウイスキーを飲んでいる。
僕の方はハーブティーを貰って食事は盛岡手間と頼む。
最速のはやぶさだが幾分ディスクに歪みの有る制動感、揺れが気になる。
青函トンネルを抜ければ既に真っ暗に。
お菓子と煎餅を食べてジュースにコーラも飲んで東京。

面倒なので高円寺からタクシーで帰る。



出掛ければ事件が起こる?2017年03月13日 10時21分24秒

有り得ないことがオカシイダロウと言うくらいの確率で起こる。
僕の与り知らないトコロが原因で避けようも無く事は起こる。
2月の釧路行きはホテル!
ココは最近よく使っているホテルグループだ。
釧路3日目、撮影から戻りフロントへ711号室と伝えて待つ。
何故か狼狽えている、裏に行ったり走り回る何をしているのかなあ?
いつまで経っても鍵が出てこない、動き回っている!5分近く。
何をしているのか聞く、返事がアヤフヤで少し怒った。
 お部屋の鍵が有りません! なっ何だってぇ~。
スペアは無いのか、有るというのでスグに部屋を開けなさいと言う。
部屋に行って良いか聞かれたので当然だと答えた!
連泊で私物を置きっぱなし、無くなっていたら大事だろうに。
部屋に入り荷物を見れば触った感じは無い、風呂場も良いかと聞かれた。
一緒に除くと、カーテンが真ん中に掃除したのか?
フロント係は謝りもせずカーテンを指摘しても反応無し。
何をしにきたんだ?
何故、帰るまで気がつかぬと聞けば鍵を持ち出す客がいる。
では掃除はしたのか聞いたらシタと即答。
後から電話が鳴って鍵はフロントの暖房機の下から出て来たと言われた?
食事に出るのに鍵を渡し受け取って番号を見てから謝り出す。
この人に文句を言っても無駄と、顛末を紙にしておけと指示する。
チェックアウト時に上席から23日に連絡をするように伝えた。

翌々日に旭川で同じグループのホテルを利用した。
フロントに決まりを確認してみる。
チェックアウトで鍵を返すとチェック・掃除時の持ち出しも同様。
もしチェックイン時に連泊の鍵が無かったら?
スグに部屋に同行し清掃と客の私物が無事か確認すると言う返事・・・!

さて既に23日と指定したのにその日に連絡は来なかった。
後に掛かった電話は釧路の支配人から?あなたじゃだめだよと伝える。
支配人は本社には対応する窓口が無いので連絡したとの答え!
ならばコチラが御本社に掛けると言ったら掛け直すってさ?

と言う事で掛かってきた本社の北海道エリア責任者だと言う人。
いきなり後藤ですけれど岩崎様ですかって言い出すんだ。
驚くなあ、東横インってビジネスマナーも理解していなのか?
会社の電話番号に掛けてきて自分の社名を名乗ったら迷惑かと思った?
本気で言っているのかなあ、東横インってどんな会社なんだろう?
 
まずはこの人に会社人としての電話のかけ方を説教?
有ったことをそのまま話し、意見を聞く。
現地に確認し双方のアチラの言い分も聞いてご覧と言う。
ついでにカレー配膳のおばさんと旭川のフロントは褒めておいた?

早急に釧路に飛び事情を調査すると言う返事だが・・・・
僕には関係ない話だ。
そう言えばココ、無料で2泊分ほどポイントが溜まっているんだ?

防火水槽の点検2017年03月14日 09時02分26秒

昨年の文句の文句を探せば何時だったか解るのだが?
防火水槽の水位の件だ。
点検に来た消防署員がコンベックスで水位を測りOKです。
何処を基準に測っているかアヤシイ。
うろ覚えの数値と違うような?
前回の数値を聞いたら答えられない! では何がOK?
 
そう言う事でホボ1年経ったが満水にして基準水位を決めようとなる。
彼らは水道代を誰が払うかと言うふざけた事を言い出して怒られる。
コチラが出すのは構わぬが使った分を請求するよ。
消防しか使うことの無い防火用水を負担するのは消防だろう。
それなら使った分を請求しないから消防で入れれば良いだろう。
頭が良いの悪いのか良くワカラナイ。
元々管理をキチンとしていなくてコウイウ事になっている。
 
連絡をもらって時間にポンプ車で来た。
ポンプ車で何回も通うと言うので消火栓から継いだ方が良いとアドバイス。
結局は切りの良い所まで注水しようと1時間いれた。
ポンプ車だったら何回往復した事やら?
 
二段目の梯子の根元を基準としたと言う資料を作成し経緯観測とする。
3ヶ月毎に点検に来ると説明し帰って行った。