年金の話し2017年04月13日 08時45分42秒

先日のこと、信金の外回りさんが夕方にやって来た?
呼んだわけじゃ無し、話しにくそうだから営業の事だろう。
何時もの定期預金にしては神妙に持って行く。
 
何かなと思ったら年金の手続き。
実は奥方の方が先輩なので彼女は既に貰っている。
お付き合いの有る別の金融機関で処理したので知らないらしい。
僕の方は60歳になる時に手続きをしようとしたら伸びた?
半年しか違わないのに彼女は受給できて僕の番になったら出来ない。
毎年先送りになって追いつかない、年金は何時貰えるのかなぁ。
ソコのトコロが今年、やっと追いつくみたいだ。
 
そういう部署の担当者同道で伺っても良いかと言う事。
話を聞いて委任状でも書いてあげると彼の成績が上がる。
どうせ手続きは行う事になるのだから同じだ。
やって来た担当者は信頼しているから任せると言えば大喜び。
そんな事よりも去年から息子が手伝うようになり。
今年になって僕の給料を凄く少なくした。
別に知識があってそのような事をした訳では無かったのだが?
ソウイウ部署の担当者がとても感心して帰って行った。
 
たったそれだけの事なのだが翌日の夕方に支店長が来た。
転勤かそれとも暇なのかと聞いたら、イヤイヤご挨拶にだってさ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック