磐越西線の桜を見に行く2017年04月24日 09時49分01秒

21時前に準備完了のMailが入り、迎えに行く。
相変わらず暗闇に黒ずくめで対象人物が立っている?
 
そのまま関越を移動し湯沢の友人所有のMSに向かう。
無人の風呂に入って上がった来る頃に人影が増える?
そおか!休日をこのMSで過ごす人は金曜の夜中に来る訳だ。
6時前に出発し阿賀の里を目指す、会津在住の人と8時半の待合わせ。
早く着きすぎて三川付近をロケハンし戻りしばしの待ち。
集合しインターへ移動、場所を確保してから何時もの朝食。
二人は朝唐揚げ定食、おじさんは朝からそんなモノは食えない!
食後一休みの後、撮影地へ降りてココで再び二休みとする。
直前に数組来たがベストの位置の3人居るを見て降りては来なかった。
正面は久しぶり良い感じで押さえて早撤収。
コノ距離の上り坂にヒ~ヒ~で皆を待たせる。
今回のテーマは桜、季節モノは余りしないが今回は二人に従う?
ダムの桜という指示で走る、なんと対岸から柵越し。
コウイウ場所を選ぶからコノ案内人は面白い。
柵の隙間からなので苦しい、回りの桜を入れるにも苦しい。
凝らずに普通に納めて撤収、途中で追いつき山都で飛び込む?
彼らは桜へ、僕は人込みを避けて橋だけ、昼飯を悩むが場所取りを優先。
この時期しか行かない喜多方まで走り場所確保で喜多方ラーメン!
食後に戻り待、見ると遠くに大型の観光バスが止まり撮影者が下車!
見た目の印象が派手な集団だなあと眺めていたが。
近づいてきたら言葉が違う、驚いたなあ中華系鉄ちゃん集団だった。
選んだ場所が案内人好み、彼が撮しそうな写真になってしまう?
早撤収で高速に乗り三川に向かう、既に大勢いて場所が無い。
早朝に確認した新しい場所に惹かれていたが皆と一緒に撮影する。
結果は全く定番という絵になってしまった。
コレで打ち止めの予定が空に雲が無い、案内人に欲が出る。
一気に早出川へ、築堤に駐車しカメラを持って走る。
夕日はベスト、橋の中程が黄金に輝いている。
時期が早いがナントカ持つか・・半分沈む、振り返る来ない。
隣の撮影者のアァと言うため息、日没するも来ない。
遠くに走行音が聞こえ振り返る、残照に良い煙で駆け上がってくる。
サイドを淡く輝かせて鉄橋を通過、明日は馬下にしようと撮影終了。
解散で宿の門限もありコンビニで夕飯調達、カップ麺とパンで温泉。