丸瀬布で2017年05月01日 06時28分43秒

北見の夜~を楽しみ、土曜日は早起きで出掛ける。
撮影場所を絞れずにうろうろ!
土地勘の有る場所へ向かうが着けば逆光。
今さらの移動はまにあわず。
駄作だなぁとオホーツクの撮影準備。
あれ?ビデオがオカシイ!
起動し表示は出るが絵が写らない。
とりあえずk 1のみ撮影し移動、再びチャレンジするも駄目だ。
なんと!開園式を目的に来たのに、当日の朝にビデオカメラが壊れる。
正しくは前日、どうでも良いカットで三脚を倒した。
その時はちゃんと動いていたので気がつかなかったが、写真の後追いの時に。
まさか壊れるとは、さすがにビデオの予備までは用意していない。

舟の中2017年05月02日 00時01分27秒

丸瀬布から遠軽、足寄で食糧を調達。
士幌、新得、占冠、富川で苫小牧!
遠回りしたつもりが何故か当初のナビより早く着いた。
何時もの回転寿司屋で晩飯。
乗り場に着けば、乗船は23時から?
待ち時間長!

出航すれば電波は届かず。
停泊中に上げておこう。

大洗は20時頃、そのまま走る。
報告は明日以降で。
コレを上げたら、ひたすら寝る。
冬眠の熊のように、着岸まで寝る?

丸瀬布詣12017年05月08日 08時45分22秒

夕食後に頃合いを見て家を出る。
首都高速から常磐道へ、北関東道を経て東水戸道水戸大洗で降りる。
今回は食料も買い込み済み、そのまま乗船位置に車を。
以前はモンベル会員のカードを見せると現金が戻ったのだが。
割引率が変わり60歳以上の申し込みが最低料金となった。
1時間程の待ち時間で乗船が始まる。
一番に乗船し部屋に荷を置きそのまま風呂へ入り寝る。
夜行便に乗ると人生の中の一日が減算されるような気がする?
トイレ以外は起きぬ、カーテンを閉めた箱の中の一日となる。
着岸の少し前、夕日の頃にデッキへ出た。
フェーリーで一番前だと何故か気ぜわしい。
下船開始と同時に脇目も振らずに国道へ向かう。
晩飯は何時もの寿司屋へ行こうとしたが見失う?
ナビに聞いて適当な回転寿司へ飛び込み食う。
食後はすることも無く当初の予定通り襟裳岬を目指す。
日高線の駅にでも寄ってと思っていたが走り始めると止まらない。
コノ道は30年ほど前も一人で走った事がある。
仕事で苫小牧に住んでいて夏休みに家族を呼んでいた。
平日昼間は日帰りで、土日にかけては金曜日から遠出する。
仕事終わりに僕が追いかけると言う仕掛け。
この時は奥方と子供達は日高線に乗り襟裳の町の宿にいた。
当時の記憶は走っても走っても着かず明け方に到着。
宿の前で仮眠していたという記憶。
早朝に宿が起きると部屋に行き寝かせて貰ったような気がする。
それがYHだったのか旅館だったのかの記憶も無い。
今回は以前ほど遠いと言う感覚も無く岬に着いた。
灯台横の駐車場に車を止めると一面の霧で何も見えず。
車内を宿泊モードに、グランドお布団を出して寝る。
おそらくは二度と来る事は無いと思う襟裳岬だが。
一晩中何処かで、低いオーボエのような音色が鳴っていた?


丸瀬布詣22017年05月09日 08時36分57秒

車内では山用の空気マットを敷いて、グランドお布団で寝る。
おそらく皆さんの想像しているより遙かに寝心地は良い?
普通にぐっすり寝る事が出来き、爽快な目覚めとなる。
辺りは真っ白、唸るような低い旋律は相変わらず聞こえている。
日が昇れば霧も晴れると思うのだがソレを待つほどの場所でも無い。
歌にもあるように何も無い岬を離れれば即快晴となる。
黄金道路と呼ばれていた道を走る、景色は良いが確かに何も無い。
広尾の街が近きナビの道路図を見れば一目で駅は解る。
線路が消えているので不自然に図上に駅前ロータリーが残っている。
駅に寄れば通学のバスが駅前に止まる。
幕別町忠類のナウマン象記念館へ寄る。
開館時間に僅かに早くノンビリと前庭で寛ぐ。
博物館とか資料館では無く記念館というのが面白い。
道路工事で出土した変な石を見て中学校の理科の教科書に出ていた!
そう言う話しに興味が有って一度は行ってみたいと思っていた場所。
ついでと幸福駅へ向かう、実はこの辺りは先月も観光バスで通った。
保存車輌の回りを駅や彷徨いているとMailが届く。
近くに友人の知り合いのレストランが有るという。
良く聞けば少し戻る、まあ良いかと探しに行く。
国道から枝道に曲がって遙かに走りやっと見つけたが本日休業。
昼食お預けでそのまま十勝三股を目指す。
予定では明日寄るつもりだったのだが。
帯広市内でラーメンを食べてそのまま走った。
途中、新装開店の道の駅で大雨に遭いアイスを食べる。
予想していたよりも遠く着いてみれば記憶とカナリ違う?
写真も撮さず折り返しコチラは記憶通りの橋脚を撮す。
タウシュベツ川橋梁も遠景、せっかく来たので士幌線資料館も見学。
休日ならトロッコで遊べると言う看板を見るもそのまま帯広へ。
前回は低い階、高架の足しか見えなかったので高階を指定。
上手い具合に線路が見えたがそのまま寝た。

夕食は豚丼とし夜の街に出る。
30年以上前に泊まった時は飲み屋街で食べた記憶だが。
前回も勧められた駅前の店に向かう。
松竹梅とかランクがあるが豚肉の枚数らしい?


丸瀬布詣32017年05月10日 08時15分41秒

昨晩は早めに寝てしまった。
せっかく窓から線路が見えているので取りあえず撮す。
実は今晩は丸瀬布に泊まるモノと思い込んでいたが変更?
一人で体育館に寝るのはイヤだと宿を探したが北見しか空きが無い。
と言う事で本日は北見まで移動、だから短い?
折角だから北見相生駅に寄ってみよう。
ホテルを出てしばし走ると朝の十勝川の鉄橋がとても綺麗に見える。
その辺りに止めて撮影しようかなあ、見たらキハ40が走ってくる。
走行しながら目測でシャッターを切る、橋の中央に気動車が見えるでしょ。
ここで通過では待ち時間も長いと撮影は諦めて先へ進む。
山越え途中で赤色灯のセダンがお小言中、ソコからは軽快に飛ばす。
こんな山の中、覆面パトが二台は居ないだろう?
現役時代を知らぬ北見相生駅に着く。
良い雰囲気の終着駅だなあと見て回る。
駅舎でコーヒーが飲めるようでカフェオレで小休止。
良い感じの端形庫だったみたいだが崩壊していた。
そのまま美幌まで移動し飯屋を探すが適当な店が無い。
フト気がつけば大雪の通過時間、少し走り撮影場所を探す。
良い場所も無く正面ドッカン出良いかとカーブ端にビデオを置く。
あれ?歩廊の欄干が邪魔だなあと背イッパイに三脚を伸ばす。
遙か遠くで正面を撮影引いて待っていたら風圧でビデオが倒れた!
撮影後は美幌に戻って博物館に寄る。
相生線の展示をしていると聞いて寄って見たと言う!
係のおねえさんがとても喜び限定という磁石をくれた?
見に来る人も少ないらしく僕としては珍しく東京杉並と記帳する。
時間も余り数年前に亡くなった友人の家による。
生前の彼が写り込んだビデオを編集して持って行ったので。
お参りがてらご両親と見る、楽しそうにはしゃぐ姿が懐かしい。
ホテル着けば車が付属の機械駐車に入らない。
遠くの駐車場に入れに行くがこの場合は無料になる!
一眠りして連絡が有り小樽着釧路経由の友人と北見人現れる。
北見の肉を食いに夜の街に出る。



ゴミ置き場のドア2017年05月11日 08時12分45秒

MS玄関の鍵に非接触式を増設して3年ほど過ぎた。
出入りの度に鍵穴に差し込むと言う儀式が無くなった。
凄く楽になったと住民には大層好評だ。
今期の設備投資としてゴミ置き場も非接触にしようと画策。
鍵屋は贅沢だとか言うけれど便利になればその方が良い。
 
昨年末には発注していたが面倒くさい作業なので遅れていた。
連休後、準備が整ったと見えてイキナリ工事となる。
 
朝からやって来てバタバタと準備が始まる。
作業の方はバカに器用な仲間を連れてきた。
イメージより少し高い位置にセンサが付いたが概ね良好。
 
これからはセンサに鍵をかざせば扉を開ける事が出来る。
ゴミ置き場のドアは閉めると自動で鍵が掛かるが解除ボタンも取り付けたので閉じ込めは無いと思う。
当然だが停電時などは従来通り鍵を使っての出入りも出来る。
築17年となったが殆どの機器は既に更新終了。
新たなサービスも考えられるモノ、可能なモノは取り付けている。
 
築年数からして異例の入居率を維持してる。
遊びに出掛けるお小遣いも遠慮無く使えるという仕掛けだ?

丸瀬布詣42017年05月12日 08時22分48秒

ユックリで良いのに早朝に目が覚める。
しばらく考えて美味くも無い無料の朝飯を諦めて端野に向かう。
行っては見たが撮影場所に悩み逆光でも良いかと三脚を出す。
ビデオをSetするも画面が黒い?
各種表示の文字は写っているが景色が真っ黒!
コレは昨日のひっくり返った時、そっちに気が行ってしまって。
折角のオホーツクが中途半端になる。
そのまま追いかけて遠軽で追い越した。
瀬戸瀬でも踏ん切りが着かず、丸瀬布辺りを彷徨く。
既に時間は一杯、高架橋の下で再び正面で撮影する。
山に入って駐車場に停めれば徐々に皆が集まり始める。
今年の丸瀬布が始まる。
 
機関庫前で開園式が始まる前に声を掛けられる?
町長から賞状を渡されるらしい・・聞いてないよ!
手順が良く解らずコノ順で前に出てきてホシイ手渡しすると聞く。
聞いた場所がずれていたのかなあ目の前に町長が・・。
頂いた賞状は回収され後日に送付と言っていた。
 
場所を変えて被災後復旧となった線路の締結式となる。
金色のジョイントにボルトを締めてテープカット。
来賓を乗車させて汽笛一声、流出区間へ進入していく。
残念ながらコノシーンはビデオのアクシデントで動画が無い!
それぞれの場所で仲間が撮影している何時のも丸瀬布。
開通なった被災部分は復旧工事中で立ち入り禁止。
それでも既通区間で工夫しながらの撮影となる。
皆で軌道自転車に乗って開通区間を見に行く。


丸瀬布詣52017年05月15日 08時35分17秒

体育館の朝、今年は石北臨貨も既に無くユックリ起き出す。
お決まり買い置きのセイコーマートのクロワッサンで朝食。
残念ながら青空が遠く曇りで明るい、撮影しにくいなぁ。
今日はノンビリと撮影タイム。
ふるさと納税のオマケで乗車出来ると言う権利を行使する?
午後に同時運行をと提案が出る。
各地の保存鉄道で動態化が進み動かす展示の注目度が上がってきた。
それでも二列車同時運行で続行運転やすれ違い、併走などは丸瀬布しか出来ない。
すれ違いの場合は間隔を広く周回してくる。
併走の時は直ぐ後ろに付けてくるので面白い。
今回は雨宮が先行でDLが追ってくる。
ポイントを通過し切り替えを確認するとDLが全力で加速する。
午後にはお客さんも増えて双方共に乗っている。
15時を過ぎると仲間達も一人二人と帰路に着く。
僕は丸瀬布泊まりなので最終までブラブラしていた。
今晩は越後屋泊まり、宿泊者は一人だけ。
時間になれば聞こえる気動車のエンジン音だが見に行く事もせず。
風呂に入って飯を食ったら寝てしまう。
高規格道路の工事も終わりお客はメッキリ減った。
越後屋がなくなると丸瀬布の宿が消える。
部屋でオホーツクの加速音を聞きながら駅前旅館という宿も今のうちに泊まっておかないと無くなってしまうんだろうなあと考えた。



丸瀬布詣62017年05月16日 08時32分01秒

朝起きて網走行き始発の走行音が聞こえて飯に行く。
早く行って誰も居ないと考えていたが、オホーツクを撮そう!
急に思い立ち急ぎ白滝方面に走り、牧場の付近で撮影する。
いこいの森に着けば今日は平日、お客は全く居ない。
雑談をして時間を過ごす、お客もいないが撮影者も来ていない。
そこで雨宮に360°カメラを取り付けてみたらと話が出る。
実はこの機械、PENTAXのポイントで購入した。
貯まっていたが使い道が無い、これで買えるならと言う購入動機。
そんな理由で安い方に、動画は5分しか撮影出来ない。
災害復旧区間なら全線撮れるだろう。
掴み棒に一脚を縛り取り付けて踏切一旦停止、SWをOn。
結果は中々の面白さ、コレなら25分撮影可能な方にすりゃよかった。
しかしコンナ事が出来るのも丸瀬布ならの話し。
普段の鉄道撮影で5分回す事など無い、価格差1万円・・・
   https://www.youtube.com/watch?v=UCcT_vqoSxg
昼に近くなってカメラを持った人が一人。
その後で家族連れがチラホラ、やっとお客が切符を買った。
昼前の2回は走る、喜んで水溜まりに行けば空が曇る。
帰りがけにC450の排気音の話になりフル加速の音を聞かせる悪さ。
間が悪く観光客が駐車していて予定の速度までは上がらず?
V6ターボなので以前のV8のような恐ろしい音は出ない!
昼食は遠軽の駅蕎麦へ、ココはスペシャルを注文。
蕎麦を食べる為に遠軽経由で帰る事にしたと話せばおばちゃん喜ぶ。
昔を懐かしみ遠くから来る人が多く励みになると話してた。
ココまで来れば生田原から留辺蘂へ、途中でソフトを食べる。
金華駅辺りで気動車と並走、玉葱畑付近まで走り構える。
コレにて撮影は終了、足寄のスパーで船中の食料を買い込む。
土産に焼きそば弁当をカゴにイッパイ購入、意外な金額になる。
レジのおばさんがポイントが勿体ないと騒ぐ。
後ろに並んだおばさんに付けてしまえと提案する。
何故かレジのおばさんの方が喜びポイント5%だから良かったねえ!
駐車場に戻ったら隣の車の人だった、ナンバーを見て驚かれた。
一般道で検索しても早すぎる、士幌へ抜けて鹿追・清水を目指す。
ナビにこの先通行止めと表示、高速に乗ればまだ早くなる。
適当な農道を新得方向に走る、ポスターのような景色が続く。
遠回りしても遠回りしても何故か着時間がドンドン早くなる?
狩勝峠を越えて日高峠、鵡川に出て苫小牧を目指す。


丸瀬布詣72017年05月17日 08時36分38秒

あんなに遠回りしたのに結局は最初の着時間より縮まる。
苫小牧で何時もの回転寿司に、北海道ならではの寿司をつまむ。
ホッキとか筋子、ココは少し高いが意外と美味い。
まだ早いが埠頭に向かう、先着が数台が隣のレーンに止まっている。
乗船列一番の先頭に止めて手続きに向かう。
長い待ち時間が勿体ないが何処かへ行く程の余裕は無い。
帰りは2階デッキに誘導された、エレベータで客室に上がれる。
荷を部屋に置くと直ぐに誰もいない風呂に浸かる。
連休中日で今日までは料金も安い、四人部屋は一人で貸し切り!
グッスリ眠れ起きれば余りに暇、持ち込んだ本も全て読み終わる。
外に出てみれば良い天気、三陸沖なのかなあ陸地が近い。
遠くに宮古の浄土ヶ浜まで確認出来た。
夕日が相馬沖、広野火力や原発も確認出来て無駄な写真を連発する。
入港が近づき晩飯の心配、大洗の洋食屋を探すも終わり時間が早い。
着岸から下船までが長いので諦めざるを得ない。
最初に乗ったが何故か2番になる?
遅れて乗ったの車がトラック位置に止めてあったようだ。
初めての人が先にいるとナビが案内を開始するまで画面は苫小牧。
その為に埠頭で路頭に迷う人が多い、のろのろ下船し避けた。
追い抜き脱兎のごとく一目散に市内を抜ける。
食事は諦めてバイパスのマクドナルドでハンバーガーを食べる。
この時間だと常磐道のSAは既に閉まっているので毎回の事。
さすがに連休中、渋滞で都内中心部が真っ赤。
外環も混んでいるようなので、久々に環七経由で帰る。