丸瀬布詣32017年05月10日 08時15分41秒

昨晩は早めに寝てしまった。
せっかく窓から線路が見えているので取りあえず撮す。
実は今晩は丸瀬布に泊まるモノと思い込んでいたが変更?
一人で体育館に寝るのはイヤだと宿を探したが北見しか空きが無い。
と言う事で本日は北見まで移動、だから短い?
折角だから北見相生駅に寄ってみよう。
ホテルを出てしばし走ると朝の十勝川の鉄橋がとても綺麗に見える。
その辺りに止めて撮影しようかなあ、見たらキハ40が走ってくる。
走行しながら目測でシャッターを切る、橋の中央に気動車が見えるでしょ。
ここで通過では待ち時間も長いと撮影は諦めて先へ進む。
山越え途中で赤色灯のセダンがお小言中、ソコからは軽快に飛ばす。
こんな山の中、覆面パトが二台は居ないだろう?
現役時代を知らぬ北見相生駅に着く。
良い雰囲気の終着駅だなあと見て回る。
駅舎でコーヒーが飲めるようでカフェオレで小休止。
良い感じの端形庫だったみたいだが崩壊していた。
そのまま美幌まで移動し飯屋を探すが適当な店が無い。
フト気がつけば大雪の通過時間、少し走り撮影場所を探す。
良い場所も無く正面ドッカン出良いかとカーブ端にビデオを置く。
あれ?歩廊の欄干が邪魔だなあと背イッパイに三脚を伸ばす。
遙か遠くで正面を撮影引いて待っていたら風圧でビデオが倒れた!
撮影後は美幌に戻って博物館に寄る。
相生線の展示をしていると聞いて寄って見たと言う!
係のおねえさんがとても喜び限定という磁石をくれた?
見に来る人も少ないらしく僕としては珍しく東京杉並と記帳する。
時間も余り数年前に亡くなった友人の家による。
生前の彼が写り込んだビデオを編集して持って行ったので。
お参りがてらご両親と見る、楽しそうにはしゃぐ姿が懐かしい。
ホテル着けば車が付属の機械駐車に入らない。
遠くの駐車場に入れに行くがこの場合は無料になる!
一眠りして連絡が有り小樽着釧路経由の友人と北見人現れる。
北見の肉を食いに夜の街に出る。