只見で遊ぶ2017年05月25日 09時11分31秒

宿前で待ち合わせ、そのまま山を越えて会津盆地へ。
公民館の駐車場に友人の車を置き一台に減車し撮影地へ向かう。
何時もなら殆ど人のいない場所だが田の水が丁度良い。
呆れるくらいの路上駐車となっている。
役場の駐車場に車を置いて二人は歩いて目的の場所へ。
おじさんは歩くのが面倒なのでそのまま駐車場横にする。
1発目なので長い待ち時間、車でノンビリと。
事情を知らなければナンデコンナ場所と言われそうだ。
汽車が来た時は風が出て水鏡にはならなくて考え落ち!
 
ココからは川口まで一気に戻る。
ギリギリで撮影場所横に車も停められて三脚を出す。
大勢いたが景色も良く場所柄のどかな待ち時間となる。
折角の展望なので2台ともに引いて広く撮す事にした。
案内人がワラビを買うと言うので道の駅に向かう。
見知った顔が多くいて挨拶し話が弾む。
三島の住人が以前に出会った名古屋人はやはり共通の友人であった?
皆さんは食事をしていたが僕らは予定の場所へ・・凄い量の車!
呑気な買い物で駐車場所が無い!
コレはイカヌと逃げ帰って俯瞰に登り場所を確保する。
昼飯は用意してきたが道の駅で昼食とした。
若い二人は鉄塔まで登りおじさんは一段下で構える。
昔はドウノと盛んに話すが、実は初めてのおっさんが五月蠅い。
良くしゃべる上にポケットに聞いてないラジオ?
今回は引きばかり、横だけでも少し寄る。
案内人はもう1ヶ所と考えていたようだが却下し飛ばす。
目的地の公園駐車場にギリで止める事が出来た。
三脚を置きカメラを乗せているとおっさんの集団が来た。
線路は何処か汽車はまだダイブ先か、何mmかと聞いてくる。
めんどくさい集団が来たと思ったら、そんなに待つなら帰ろう!
一人が言い出すと全員がソウダソウダと帰って行った?
遠い上に暑い、煙も期待できる場所では無いので汽車が見えない。
それでも展望台よりは解り安い感じがする。
コレにて打ち止め、公民館で三島の人と別れる。