城福寺本尊ご開帳2018年05月21日 08時04分20秒

本来のご開帳は既に済んでいる。
今回のYH50周年に合わせて延長と言う趣向。
本日は午前中よりキチント法要を行うらしい?
本堂に皆で参り住職の挨拶から始まり法要・読経となる。
我が家も真言宗だが派が異なり微妙にお経のイントネーションが違う。
若い頃にホステラーとは隔離され本堂に寝泊まりしていた。
朝になると先代がお勤め、起きていれば正座せねばならぬと。
寝たふりで誰も起きない、本堂イッパイに狸寝入りの中でお経を聴いた。
ソウイウコトは僕らで最後だったのでは・・
午後はコンサートの準備、抜け出して温泉津に浸かりに行く。
今回は三度とも喫茶店のお代まで受け取ってもらえずご馳走になる。
思えばオーナーとも長い付き合いになるなぁ。
僕が偶然に仁万駅に降り立ち城福寺に泊まってから48年だもの。
ちなみに今回は50周年となっているが実際は52年なんです。
本尊ご開帳に合わせたために2年程ずれています。
実は初めて泊まった日の翌朝、髪の長い女性に起こされた記憶が有る。
なんと!その女性とソレ以来の再会となる、ソウイウ事も驚くなぁ。
16歳の夏の日の出来事なのだが二度目なのに63歳が友人のように話す。
法要の後はコンサート、此方は縁のある方とその知り合い。
二部のコンサートの時に初泊の家族連れに銀山の観光案内を請われる。
思い出しながらの案内は現状の銀山観光の役には立たないだろう。
それでもせっかくのご縁「昔、博多の商人神谷寿貞と言う人日本海を」
と一席打つ、ユース時代のミーティングの一説だ!
ナカナカの盛り上がりに宴は続き夜は更けゆくと言う所!



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック