迂回貨物2018年09月10日 08時31分40秒

災害による山陽本線の不通、貨物は船舶輸送で凌ぐと思っていたが。
迂回貨物として山陰本線経由でも輸送が始まっている。
山陰本線はJR後は貨物列車など走っていない。
山陰西部は国鉄時代だって客車8輌程しか交換出来なかったのだから。
山陽本線の迂回と言ったってどれほどの貨物が運べるのか?
そうは言っても走り始めた事を聞けば出掛けてみようかなぁと思う。
そう思っていたら関西空港は沈むは北海道は揺れると言う騒ぎ。
MSの契約に新規入居、9月前半はあっと言う間に過ぎて行く。
不謹慎な人達が有名撮影地に集っているという情報もある?
出掛けていってもそんなに有名な場所へ行く訳では無いし。
何時もの様に一生懸命に撮影する訳でも無いのだから。
巻き込まれる事は無いかなぁと思っていても。
何だかイマイチの元気が出ない、出鼻挫け過ぎなんだなんだと思う。

写真は国鉄時代の山陰本線、仁万駅の東舞鶴行き普通列車。
SNSの荷物列車のお題で話題になっていた列車。
コレもその日に画像は見つけてあったのだが出すのが遅れた。
次位が荷物車代用のワキ、暖房管について疑問が出ていた。
ワキというのは有有蓋ボギー貨車なのだで機関車と客車の間に入ると。
冬季の暖房が客車につなげないのではと言う話だった。
実は仁万駅を朝出る汽車だったのでよく利用した。
客車はちゃんと暖房は効いていたので暖房管は付いていたはずと。
証拠に2・3輌目の客車から暖房用スチームが漏れているでしょう。
定期の運用だったのでワキにも暖房管は通っていと言う写真。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック