出掛ける用事 講談会2018年09月26日 08時18分40秒

EXPOの会場からゆりかもめ、有楽町線経由大江戸線両国駅へ。
予定通りの移動、既に暗い道を歩く。
時間に少し早いのだが店前に、先客が暖簾を潜を見て続く。
店に入れば食事客はいない、講談ですかと声を掛けられ応じると二階へ。
奥の壁にもたれてヨッコイショ声を出して座る。
少し早かったのだろうまだ二人だけ、一番奥で壁に寄りかかれる。
見かねたのか座椅子が有りますよと持って来てくれて大助かりだ。
お客も半分ほど入った頃に春水さんが来て衝立の陰、隣に入る。
前回が何時だか記憶に無いくらいお会いしていないと思う。
コウイウ場所はマイクを通さずに丁度に届く広さが良いねえ!
聴かそうと話される息というのがやはり粋な声音を生むんだなぁ。
前座の方の妙に礼儀正しさが良い印象だった。
話し二題が済めば仲入りでお稲荷さんが出た。
鰻屋の稲荷寿司だぞ!と言う色合いが中々宜しい。
衝立の陰から食べる?と手が出たがココは遠慮して断る!
美味しいですよ食べればと返すと話しの前は食べられぬとの事。
コウイウ座敷の講談会は良いねぇ、お茶を頂きながらの中休み。
話しは一心太助、この話しは本来は長いので展開目まぐるしい。
初めと仕舞いの説明が入るからコウイウ席では仕方が無い。
戻って来られて、しぇんろんで話したの覚えている?と聞かれたが。
記憶に無いので恐らく行っていなかった回ではと答えた。
思い出そうとしたが記憶に無いのだがなんとなく聞いた気もする。
お茶とつくねが出て、写真を撮すが何か足りない。
隣のお姉さんに徳利を借りて撮す、鰻屋だもの山椒を掛けて頂く。
二本目は七味を軽く、キチント始末してある山椒も七味も香りよい。
再び衝立の陰から稲荷が出た!一度は遠慮したがソレではと頂く。
鰻丼が出ればオシマイ、ご飯も鰻もコレくらいが本当は丁度良い。
江戸前のサッパリした焼き、コレは奥方好みの鰻だなぁ。
食べ終わればさっさとお帰り、コウイウ所も場所柄で粋だ。
奥に入りすぎ席から出られない、どうやら僕の回りはソウイウ皆さん?
頃合いを見て挨拶し辞す、電車を乗り継ぎ帰る途中で写真をUPする。
書き込みが有り”お稲荷さん盗られた!”ぅうう騙された、ヤラレタナァ!