歯医者2018年10月01日 08時33分25秒

痛くならなけりゃ用事は無いと何年も行かなかった時期もある。
最近はホボ一ヶ月毎にクリーニングに出掛ける。
毎日歯を磨いていれば不要かと思っていたのだが。
普段のメンテが必要な年齢になったと言う事だろう。
昔はガリガリ、ゴリゴリと痛かったと言う記憶だが・・・
今は水圧で掃除しているみたいだ、見えないのでそう思う。
その後で歯磨き味の磨き粉のようなモノを回転する機械で押しつける。
隙間に何か突っ込んで掃除して約30分。
オバさんやお姉さんだったが歯茎に先が刺さり謝らないので怒った。
それ以後は院長と呼ばれるお兄さんが担当になった?
オバさんの時に普段もクロスを使えとか言うので。
自分でするなら月一に歯医者などへ来ないと答えた。
何かをしている訳でも無く、定期清掃ミタイナモノだ。

羽黒山五重塔2018年10月02日 07時07分12秒

最近はお出かけもせず休日などは一日中テレビを見ている?
我が家のテレビは一週間程度ならホボ全部の番組を見る事が出来る。
バラエティや旅番組をその週分を順番に見ていれば一日終わる!
ソウ言う訳でリビングでボーッと眺めていたら。
羽黒山の御開帳という情報を紹介していた。
五重塔の内部を公開しているらしい。
元々塔建築って中に人が入るようには出来ていない。
出雲清水の三重の塔は拝観出来るがアレは少し違うし・・・
そりゃあ珍しいと奥方に声を掛ければ乗る気、行く気になった。
ソウ言う訳で昨晩遅くに家を出て例の友人のMSに泊まっている。
ココからだと東京発より2時間程先行できる。
まっすぐに行けば昼には着くだろうが宿坊を予約した。
塔の見学は明日にして何処か寄りより夕方に羽黒山に着けば良い。

羽黒山へ2018年10月03日 06時39分33秒

長岡の手前まで来て薬のケースを忘れたと湯沢に戻る!
着いて部屋まで行って気付いた。
ケースは何時もと違う場所に。
まっすぐ歳はとりたくない物だ。
二時間以上のロスタイム。
三条で昼になる。
汽車友にメールしお薦めのラーメン屋をを教えてもらう。
ナビて確認すれば羽黒山着は17時過ぎ。
これはいかんと真っ直ぐに向かう。

御開帳2018年10月04日 08時41分57秒

羽黒山の五重塔を公開している。
テレビのバラエティ番組を見ていて得た情報。
調べてみれば春から始まり11月までと言う。
以前に出掛けた時に綺麗な塔だなぁと言う記憶。
塔の中には入れるらしいよと奥方を誘えば行こうかねぇとの返事。
そう言うワケで夜走りの湯沢入り、ココは友人所有のMS。
東京発よりも2時間は先行でき、この方面に出掛ける時は便利なんだ。
環八を走行中に空気圧異常の警告が出る。
谷原を通過しそのまま小川タイヤまで走る?
ヤナセとも連絡を取り合い点検するも原因は判らぬ。
この車は色々賢いが走る度にコウイウ故障が起きるなぁ。
異常と表示されるも空気圧は適正で問題ない、操作で警告は消える。
社長に礼を言ってそのまま走る、1時間余計に掛かり22時に湯沢着。
早出で酒田まで行くかと言っていたが起きたのは7時、ユックリの出発。
途中のSA出朝食、走り始めて薬飲み忘れに気づきPAへ。
探しても薬が見つからぬ、仕方が無いと湯沢の戻る。
戻って部屋に入り何も無いを見て思い出す、薬は車の中に有った!
往復で2時間近くのロスタイム、三条で昼となる。
食器でも買うかと降り、昼をラーメンにと街を走る。
出掛けに友人に酒田のラーメンを教えてとMailしていてが返信が来た。
そこで予定が変わり三条にいると返信する。
さすがの新潟県人、速攻で数件のラーメン情報が届く。
走行直ぐ近くに一押しのラーメン屋が有った。
迷わずに向かえばカレーラーメンの幟。
僕はラーメン、奥方はミニカツ丼とミニラーメンSetでシェアする。
野菜も肉も大きく麺を含むと小麦の甘さを感じるナカナカの味。
美味しかったねえと店を出て買い物のつもりで検索し資料館へ。
行って見れば予想の場所では無く本当の資料館で見学する。
物産館へ行こうとナビをSetする前に羽黒山の到着時間を調べる。
あれれ17時過ぎとなっているコレは買い物の時間は無いなぁ。
ココより直接羽黒山へ向かう事とする。



御開帳Ⅱ2018年10月05日 08時11分37秒

燕三条から高速に乗って村上まで、海沿いを行く時間も無く走る。
この辺りは羽越線の撮影で度々訪れる場所だ。
急いでいるので温海温泉から地下鉄のような日本海東北道へ。
鶴岡の市内も素通りして向かう、結局は16時に羽黒着。
宿坊にチェックイン、相客は5部屋くらいかなぁ。
入り口の札が全て田中さんとなっているが外国人が大勢いる?
荷を降ろし散歩に出る。
藁葺きの宿坊や山門を眺めるが閑散として人通りは無い。
歩けば五重塔まで行ける時間だが明日にしよう。
風呂は温泉と聞いていた、木の蓋がエライ事重い。
良い湯だが湯船は深くくシャワーは緩い、ソコは宿坊と言う事で。
部屋からは月山も湯殿山も見えると事を言っていたが。
大きな木が有ってその方向は僅かに稜線が見えるだけ。
時間になって食堂へ降りる、どうやら二組の宿泊らしい。
相席の田中さんは大勢のオーストラリア人を引き連れている?
ウルサイかもしれないと挨拶されたが凄く静かな夕食となる。
途中で記念写真を撮そうとしたのでシャッターを押してあげる。
食事は山菜メインで宿坊らしい、カレイが冷えきってパサパサ。
どれかが美味しいと言う事も無く、葡萄が一番美味しかった?
ご馳走様と席を立つと土地の言葉で何やら説明を始めた。
宿坊だもの当然の神棚や行事を話してくれるのだがよく解らぬ。
朝食は7時で良いかと聞かれた事は判ったのでそれでお願いする。
翌朝は晴れたのだが景色は変わらず立木が邪魔で御山は見えず。
コレくらいが丁度良い朝食を頂く。
車を心配して駐車場はアブナイからココに止めていけと言われる。
時間も早いし大丈夫と駐車場に行けば数台しか止まっていない。




御開帳Ⅲ2018年10月09日 08時38分06秒

山門まで行くと社務所に山伏が大勢いいた。
カメラを忘れて奥方に先に行けと取りに戻る。
門方向で法螺貝が鳴っている、カメラを持って行けば山伏はいない。
山門を潜り石段を下りていくと法螺貝を吹きながら歩くが見えた。
朝の参道に響く法螺貝が凄く上手でとても良い雰囲気だなぁ。
橋の所で奥方にが待っていた。
山伏の行列に付いていく感じで五重塔を目指す。
塔前にはCM撮影のクルーが待機していた。
山伏は半分がそのまま山頂を目指し残りはCM対応らしい。
10分ほど早く着いたので皆さんお掃除の最中。
CM隊もマナー良く待機しているし遠くに時々法螺貝が聞こえる。
おばさんが一人現れて時間前だがSet券を購入し3人で受付してくれた。
係のお姉さん達も呼ばれお祓いと祝詞を頂き五重塔に案内される。
仮設のスロープで一層目に入れば芯に大黒さんが祭られている。
説明によると芯柱は痛んだので大昔の回収で底部を切ったと言う。
明治まで祭られていた仏像の写真があった、恐るべし廃仏毀釈。
以前に薩摩を回った時はお寺が跡形無く消えていたが。
この地は神社として残した訳だ、知恵だなぁと思う。
その後は仮設階段で上階の窓から中を覗く。
太い芯柱は宙吊りになっていると言う説明、目の前にその柱が有る。
下を見れば一層目の天井の作りがよく解る、コレは中々の景色。
横になり上を見ろと言われ見上げればまさに塔建築!
各層の小窓に朝日が当たり内部は金色に光っているように見えた。
良い物を見る事が出来たなぁと係のおねえさんとしばし話す。
これから御山に登るのかと聞かれるが車に戻と答えた。
CM撮影が始まったようで法螺貝が響き雰囲気は最高の見学となる。
降りてきたら再びお姉さん達からせっかくだからと誘惑される。
階段はソンナでも無いとか、年寄りでもいけるとか騙そうとする。
石段にも天狗や瓢箪などが掘ってあるとかこの時間が気持ち良いとか。
余りに大勢で誘惑されて奥方が騙されて登る事になる。
丁度大量の観光客が着き始めて塔前は大混雑になる。
アレではまともに見る事は出来ないねぇ早めに来て良かった!
まさかと思ったが参道を戻らずに石段を登り始める。
かつての繁栄がしのばれ、新たに建てられた社も続く。
見上げるほどの石段の先に御茶屋が見える・・・
ヒイヒイ言いながら到着、抹茶と力餅を頂き上を目指す。
上から降りてきた若者が次を曲がれば鳥居が見えますと教えてくれる。
遙か上に鳥居が見えて山頂に到着、珍しく作法通り手水を頂く。



御開帳Ⅳ2018年10月10日 08時18分08秒

前回の訪問は雪囲の最中だったと記憶している。
良い汗をかいて正しい作法でのお参りはヤハリ気持ちが良い。
前回よりも一層の荘厳な感じに感心する。
威圧感を感じる社殿とその屋根は徒歩で参るべきと言う事か?
鐘楼も独特の形状で縄文時代の建物に通ずるデザインだ。
御開帳と言う事で秘仏と言われる仏様を見学する。
五重塔の大混雑振りを見るとあっけないほどに人がいない。
仮設展示中と言う形だが落ち着いた雰囲気。
ココには何時までも座っていられるねぇと奥方にも大好評?
駐車場までのバスの時間も有りお参りと見学だけで辞す。
バス停まで歩くと黄色いバスが待っていた。
有料道路と言うが細い山道をくねくねと降りていく。
バス料金はイクラかなぁとみれば回数券千円と表示がある。
一人600円なので回数券を買えば100円得となる。
別項で書くつもりだがケチな関西弁を笑えないねえと話す。
昼前になったが食べ物屋も興味を引かず帰り道会議。
山形方面に抜けて米沢牛かと問うも余り賛同を得ず。
来た道を戻ろうかと鶴岡へ向かう。
来る時も気になったのだが松ヶ岡遺跡という看板につられて曲がる。
何だろうと行って見れば維新後の庄内藩の殖産振興事業。
奥羽列藩同盟として最後まで戦った庄内藩が行った事業の遺跡。
広大な土地を禍根しシルクの生産で成功したという場所。
幾つもの建物が保存されていて資料館として使われている。
敷地内を散策し松ヶ岡開墾記念館を見学した。
床暖房の仕組みが面白いなぁ、二階も同様に温めていたという。
食事が出来る棟へ行くが休日のみ営業とあり食べる物は無し。
Setで購入した庄内映画村資料館をさらっと見て市内へ移動する。
汽車撮影時にも寄る物産館で昼食を取り土産を買って海沿いに走る。
途中で塩を買い光る海を見ながらの帰途となる。




何しに来たか解らぬ?2018年10月11日 08時25分17秒

電気メータをデジタルタイプに交換したのはダイブ前?
確か店舗分を間違って同時交換にはならず。
その後も交換しようとして再び部品間違えで中止になった。
先週に東電から連絡が有りやり直しの工事を起こすらしい。
再びの間違いの無いように下見に伺いたいとの事。
何時でもどうぞと返答し駐車場も用意し待っていると答えた。

10時頃かなぁ、東電の作業着に工具を持った課長代理が来た。
何となく嫌な予感、何処と指摘できぬが雰囲気がアヤシイ。
電子錠を解錠し中へ、僕は事務所内を先回りして待つ。
何と!人通路を通らずに子供自転車置き場の柵を跨ぐ。
図面も有るハズなのにメーターの設置場所を知らないようだ。
ドアを開けて照明を付けたが工具を持っているので工事かと聞く。
良く解らない事をゴニョゴニョ言うので作業だろと念を押す。
君の会社の仕事で工具を出すならヘルメットはと聞く。
言い訳を止めて会社のキマリを聞いていると強めに”この場合は!”
小さな声でヘルメット着用がキマリですとの答え。
車に有るとかフニャフニャ言うので、取ってこいと言う。
5分ほど待っても帰って来ない・・・待ちきれなくて電話する。
東京電力ですと言うので部署の責任者をと言えば全員対応中。
それでは貴方で良いかと問えば派遣なのでと笑っている。
折り返しの電話を依頼し、待っているとスマホ片手の人影。
都道からヘルメットを持ってブラブラと通話しながら歩いてくる。
出直しなさいと伝えて電話を待つが掛かってこない、再度掛け直す。
責任者と名乗るヤツが言い訳を並べるは聞かず。
ココに直ぐに電話をとの伝言は聞いたのかと突っ込む。
担当者の所在を確認していた、と言う事はマヌケの電話相手だな?
ココの訪問で遠くの有料駐車場は理由にならぬとダメを押す。

検針業務じゃ無いのだから工具持参でインターホンを押す時には。
ヘルメットはアゴ紐キチントが常識でしょうが!
と言うか東京電力のマニュアルはそうなっているラシイヨ。

関西人は面白い!2018年10月12日 08時54分08秒

羽黒山の五重塔見学行で係のお姉さん達に徒歩で登るべきと騙され。
聞きしに勝る急傾斜の階段をフウフウハアハアと登った。
途中で数人に追い抜かれ、そのうちにおっさんが追いついてきた。
抜くかと思えば直ぐ後ろまで来て座って休み、中々抜かない?
相手にした訳では無いのだが近づいてきて関西弁で勝手に話している。
めんどくさいヤツと相手にもしなのだがくっついてきて離れない!
参道中腹で僕らは楽しみにしていた茶店に入り力餅のSetを注文する。
多めの抹茶と切り干し大根、黄な粉と餡の力持ちにお茶が付いている。
奥方は水を購入だが湯飲みは2個でぬるめの焙じ茶が美味しい。
コレが有るから口車に乗った訳だ、景色を見ながら美味しく頂く!

おっさんは茶店の中までついてきてウロウロして落ち着きが無い。
僕らが寛いでいて中々立たないと見たのか、悩んだ末えに蒟蒻を注文。
食べ始めたがしょっぱかったのだろうか水をくださいと言う。
店の方がペットボトルを差し出し200円です。
茶店に入ったのだから料金が発生するのは当たり前の事だと思う。
酷く驚いた様だがソリャソウヤとか何とか言いながら払っていた。
僕の分の支払は350円、おっさんは合わせて370円?
食べ終わると道を聞いていたがソコへは長靴が無いと行けぬらしい。
こんなトコへ来て長靴を貸してくれるかとか聴いている?
店の人も呆れてドロドロになるけれど行けなくは無いと説明。
名前を聞かれ認定証と言うモノを発行してくれるという。
待っていたら僕らの分と二枚持って来たが、おっさんは消えていた?
景色も売り物なのだから茶屋に入ればお代は払えよと思うのだが。
悩ん末に一番安い蒟蒻を食い、結果は僕より余計の払い?
あんなに悩むならどうして店内までついてきたのだろう。
居合わせた人達の中で最高額の支払で記念の認定証は貰わずに消えた!
登場からいなくなるまで絵に描いたような関西人だったなぁ。
と笑いながら山頂へ向けて最後の急坂を登る。

山頂発のバスは10時55分丁度、駐車場にバスが出ると放送が流れる。
親切にも広い駐車場をユックリと乗り遅れ無しを確認しながら回る。
その時に神社の方向から、あれれぇおっさんが早足で現れた。
このバスに乗らないと一時間待ち、なのにアクション無し?
手を振るとかすれば運転手も僕と同じように感じていたと思うのだが。

典型的な観光地のお土産が数件の山頂、散財しちゃうだろうなぁ!
さっきのおっさん乗り遅れんじゃないのかなぁと。
無駄遣いしちゃうねぇと話しかけ、奥方に余計な事をと怒られる。

消防点検2018年10月15日 08時14分26秒

年二回の消防点検が無事に終了!
このMSでは消防法に定められているように全室を行う。
今回は全室入居済みなので100%。
何時頃に伺うかという問診票を配布すると。
翌朝のポストは満杯に、その週で数部屋を残して返って来る。
そのような返信率なのだが期限イッパイまで返答しない人もいる。
次回から回収期限は一週間にしようかなぁ。
そのように時間が埋まっていくので選択肢が減る。
特に9時迄という早い時間が人気だ。
返答が揃い始めると希望時間と工程の調整を始める。
作業チームの効率を考えて同じ階から次の階と調整する。
上がったり下がったりは避けたいと思うが面白い事に何故か揃う。
個人情報になるので見せる事は出来ないが見事な予定表になる。
時間が決まれば各部屋宛に訪問予定を配布する。
ハッチの有る部屋は上から梯子が降りて来る時間も記入する。
コウイウ物は訓練だなぁと思う。