赤熊の唸り声2018年12月14日 08時14分37秒

隣の気配に目が覚める、仕方が無いと洗顔し着替える。
何処へ行くのかと聞けば発祥の地、昨日も行ったが仕方が無い。
確かに今考えればこの辺で様子が変だったと思う。
一番で現地に到着、車を停めると大勢来た。
旧知の友人に気づかぬほどまだ寝ぼけていたのかなぁ。
雪が降り昨日より冬景色が美しい。
フト、縦位置が良いなぁと誘惑に駆られる。
隣の先生が時間が有るような事を言った。
何時もならソウイウ事はしないのだが何となく縦位置ADを取りに。
車に戻ると重いエンジン音が聞こえる、あれ?赤熊の唸り声。
撮影場所より駐車場の方が先に唸りが届くのだなぁ。
やってしまったとユックリ戻ったら今通過中だった。
最初の唸りに気がつけば間に合ったのかもしれないが?
済んだ事は仕方が無い、本日1発目はカメラSetのみで見もていない。
追いかけて遠軽で朝食を調達し常紋へ。
ギリギリ規制前、車で撮影地まで入っていける。
先着一名が大音響でラジオを流している。
ここへ来ると立ち位置が決まっている。
後から良くしゃべるレンタカーの方が来て僕の横に入った。
朝の一件が有ったので少し慎重にシャッターを切るも写真は同じだ?
いこいの森に戻り、杭とロープに点検から除雪作業を始める。
午前中は雪の中の試運転となるも事前に7日試運転無し情報が流れ。
6日に試運転終了となっていたので部外者は現れず無事に。
午後からは凸凹コンビも加わりゴンドラに送風機で雪飛ばし。
メンバーも増え始めて何時ものいこいの森の夜になって行く。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック