マンションの経営2019年01月17日 11時16分26秒

昨年末に二部屋ほど引っ越しがあった。
転勤と卒業、賃貸なので必ず引っ越しはあるのは判っているのだが。
しばらく安定していると、そう言う環境となれてしまう。
ココの場合は引っ越しても部屋自体はさほど汚れていたりはしない。
他所ではそのままで貸してしまうかもというくらいに綺麗に使ってくれている。
それでも壁紙は基本的には全部張り替えてしまうしプロの清掃も入れる。
そういった作業が終わると不動産屋がお客を連れて内見という見学会ミタイナ事をする。
専任の任せてある不動産屋を通して客付けの不動産屋が連れてくる訳だ。
最近は案内者の質がカナリ落ちていて酷い人もいる。
常識というか礼儀に欠ける間抜けもいてソウイウのは一応案内はするけれど断る。
オカシナ物でオカシナ案内人はオカシナ客を連れてくる事が多い?
客と不動産屋は関係ないと思うのだが確率的に言えばホボそういう事になっている。
中には可哀想な客もいるがそう言う人には他の業者にしなさいと言ってあげる事もある。
不動産屋は選べる訳でソコに気が付かない人は仕方が無いけれど。
まぁ、そう言う人はココには入って欲しくないというのも有る。
既に大勢の方が住んでいる、空室を埋めるよりもお住まいの方を大事にしたいと考える。築19年目、一時は入居率も下がった事が有るがその考え方は変えていない。
来月には二部屋共に入居される、他に比べれば異常な入居率だと思う!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック