釧路行 根室本線2019年02月01日 08時42分20秒

釧路-根室を花咲線と呼ぶに釧路までは根室本線?
釧路飛行場から向かうと海辺までは以外に近い。
友人の車はマフラーが不調、とても勇ましい音がする。
空港で拉致されて着いた所が火葬場?
いきなりストックを持って歩き始める。
空が広く風が冷たいが気持ちが良い景色だ。
海岸に突き出た小高い丘の上に立つ。
北海道の景色だねぇ、遠くまで見渡せる。
本数も少なく、早着で長い待ちになるが寒くは無い。
遙か彼方に気動車のヘットライトを確認。
駅停車後に市街地に再び姿を見せる。
後追いで良い景色を納めて次へ移動とする。
撤収し廃止になった駅へ向かうと気動車停止中。
保線の車が停まっていて駅まで行けず、徒歩で敷地へ。
ホーム到着の直前に交換の気動車が通過していった。
発車していく気動車を撮影、特急通過に時間が無い。
急いで移動、先程の気動車が交換待ち。
跨線橋に上がり撮影、カメラの設定が狂って失敗だなぁ。
昼飯前に3箇所を回り撮影し評判のラーメン屋へ。
ワンタン麺とボリュームたっぷりの餃子を頂く。




初午の幟2019年02月04日 08時14分27秒

夜半に雪が降ると面倒だなぁと思ったが跡も無し。
朝から旗を出して組み立てる。
旗竿は買い換えたが、旗その物も作替えた方が良いかな。
毎年の事だが、今だ親父の旗を飾っている。
コウイウ物はドコで売っているのかなぁ?
Amazonnなどで買える物は名前の染め抜きが無い。
そろそろ僕の名前の旗を作るが良いだろうと思う。
飾り終る頃に信金の支店長が、今年の初午は土曜。
恒例の信金さんへの赤飯の昼食振る舞いは無し。
お参り頂き、奉納のお酒を受け取り粗茶で返す。
京都に寄った時に、伏見稲荷にでも行って聞いてくれば。
幟などを扱っている店もいっぱい有ったろうか?
社殿の更新の事も有り、笠間のお稲荷さんにでも参るか。

釧路行 臨港ホッパー2019年02月05日 08時15分01秒

間が空いたが釧路初日の後半を!
釧路市内に戻り臨港線のホッパーを見に行く。
海が綺麗で重機が忙しそうに動いている。
午後便待ちだが運休も多く、見に来ただけ暫く待つ。
坂の上から外人女性が此方に向かって歩いてくる?
こんな所に何しに、こんにちはと声を掛ける。
パンフレットを示しココで良いのか聞きたいようだ。
英文の釧路市街図、なんとコノ場所にカメラマークが。
博物館に行った様で徒歩でココとはカナリの距離だ?
聞きたがるので石炭列車にホッパーと話すも通じず。
ライカのカメラを見せるのでドイツ人かと聞けば。
フランスと答えた、フランス語では通じる訳も無し。
明日は摩周で鶴を見てウトロと網走で北見の焼き肉?
単語の羅列で旅程説明を始める。
スマホに昨年の写真が有ったので鶴や流氷を見せる。
驚いて何時のモノかと聞かれるが昨年が通じない。
15時半まで待つも汽車は来ず撤収と告げる。
彼女は先に歩いて行ったが住宅街の外れでタクシーが。
こんな所に流しがいる訳も無し不思議だなぁ?
日本語は話せぬのにバス停を指定したのかなぁ。
イキナリの寒い待ち時間、身体が冷えて疲労感が。
撤収後に何故かパフェを食べる事になる?
手持ちパフェと言う新種で透明のコーン状の入れ物。
釧路滞在中の車代と豪華夕食をご馳走の予定で。
時間潰しに釧路市内をドライブするが披露で爆睡。
明日もあると本日は解散、ホテルに戻り早寝とする。




釧路行 湿原2019年02月06日 08時43分13秒

話しは1月26日の湿原号撮影、8時半に電話が鳴る。
早速の機材積み込み毎年のように塘路駅に向かう!
駅前に見知った車、約束している訳ではないが集合?
珈琲を呑みながら話すも皆が何所へ行くかを言わない。
頃合いを見て出発となる、予定地は昨年の少し奥らしい。
荷を負い水路を歩く、固く氷り歩きやすい。
雪は少なく上りが辛く、骨折治りの案内人にはキツイ。
無理は辞めようと変更、昨年と同じ場所に戻る、
枝は1年で随分と伸びるモノ、上からだと邪魔にる。
予定の場所が広角と言われ、長いのは置いてきた。
ビデオは昨年と同じ様な絵に、そつなく押さえた。
湿原の真ん中、案内人の行く先には全く誰も来ない。
年に一度の湿原で数時間の汽車待ち、贅沢な時間だ。
冬の湿原号が無くなればコンナ季節に雪を踏み分けて。
コンナ場所に来る事も無くなるのだろうなぁ。
待っていたら鹿の親子が目の前の線路を渡る!。
遠くに汽笛が聞こえ、山陰を回り込み目の前に迫る。
立ち位置が丁度窓の高さ、通過時に乗客に手を振る
車中の人達が喜んで振り返す、イベント列車だなぁ。
標茶まで追って機回しと給水を撮影する。
駅先の跨線橋に三脚を置いて確保し車中で昼食とする。
近頃は足が上がらず山は一日一回で良く後は適当で。
天気も悪いので途中で寄り道。
冬の釧路に来ても欲張らず良いのが一回撮せれば。
と言ってのにユックリと走ったのに追いつきすぎだねぇ。
釜飯が食べたいとのリクエストでお店に案内して貰う。
欲が出て僕には珍しく和食のセット。
玉子焼きなどを追加したが食べきれぬ。



釧路行 コッタロ2019年02月07日 08時07分44秒

日曜日、出発を遅らせると言っていたが8時半過ぎに。
候補地を見て回ったが遠くの山がイマイチ映えぬ!
コッタロに登る事と決まるが、長いレンズが無い。
APS用の60-250が一番長い、28-105と×1.4を背負う。
駐車場から見上げる直登の階段、斜面を巻き尾根へ続く。
足が上がらぬのでキツイ、展望台かと思ったらまだ先に進む。
背を登りトラバースして稜線に出ると少し下る。
枝が伸びていて400以上のレンズがあれば抜けるなぁ。
500を送るべきだったが、ココに来るとは考えていない。
逆に枝だが邪魔して300と100位で丁度と言う感じ。
呆れるほど本数を持っていても使える時は手元に無し。
そろそろ軽いカメラとスパーなズームに変時かなぁ。
尾根の先からは釧路の市街まで見渡せる眺望。
振り返れば萱沼方までも見えて良い景色だねぇ。
コウイウ場所が有るから釧路湿原は面白い。
思ったより早く登ってしまったので待ち時間が長い。
日が出ていて暖かいが風が吹けば心底冷える。
湿原道路を時々通る車の外には音の無い世界。
塘路駅を出発する煙が見えて汽笛が鳴り煙が移動する。
切り通しに白煙、ライトが光りシャッターを切る。
普段は撮って出し基本なのだが、余りに遠いので珍しくトリミングでUPです。
その後は絶気に、枝越しなので遠くの列車を探しながら数カット。
走っていく汽車が遠く見え105で覗いた湿原の広さがよく解る。
久々にK3で260を振り回したなぁ、此方は撮って出し。





釧路行 パンケーキ2019年02月08日 08時37分34秒

登るより怖い凍結した階段を慎重に降りる。
昼飯は早起きで駅まで買いに行って来た味噌お握り。
撮影中のコレが美味いんだなぁ釧路来たら定番だねぇ。
湿原らしい景色を満喫したので返しは簡単で良い。
標茶町郷土館へ、他の仲間がいたら寄らないしなぁ。
呑気な二人は行きのみで十分に満足なのだ。
予定通り道端に車を停めて楽な飛び出しで〆る。
平地にいると面倒な人達が寄ってくる。
釧路市内の方で写真展もするとか言う人と。
道内らしいが鉄道趣味人では無さそうな二人。
ビデオが回って、汽車が来ても話しを止めぬ。
平地の湿原号に集まる人達はソンナモノだろう?
狙った飛び出し一発、今期の湿原号のラストショット。
興奮のおじさん達は大喜び、湿原へ走り去る。
良い景色で行きに一発を済ませている。
折角の湿原号だもの何も好んで人込みに入る事は無し。
吞気な二人は釧路市内へパンケーキを食べに向かう。
追っかけ車が狂ったように追いたて、抜いていくに。
爆音号はユックリと走り、塘路駅停車で既に追い抜き?
撮影可能なポイントも素通り、釧路川鉄橋も通過!
目的のパンケーキ屋へ到着、フワフワを食べ終えて。
駅付近に戻れば、まだ湿原号は入れ換えの最中。
晩飯は北海道まで来ている事だしと言う訳で。
何故か今年もインディアンカレーに行ってしまう。
思えば毎年の釧路で一回は一人カレーを食べるなぁ。



明日は網走2019年02月12日 08時59分21秒

やっと湿原号の報告が終わったのに再び北海道!
厳冬期の釧網本線、網走へ向かう。
例年同じ事の繰り返しになるので今年はレンタカーを。
決まっているのは初日の斜里泊と硫黄山の馬橇。
後の網走2泊は予定無しと言う企画だ。
奥方は今年はボランティアはしないラシイ?
お客で乗るのだと騒いでいるがコレも毎年の事。
スッタッフタオルもマフラーも荷に入れて有る。
聞けば流氷物語号も大人気、今年も混雑らしい?
網走の悪人共の悪巧みもコレだけ好評なら立派だなぁ。
とりあえず明日は昼の飛行機で女満別へ飛ぶ。

網走へ向かう2019年02月13日 08時10分20秒

吞気なモノで昼頃に着けば良いだろうと予約した!
安易な考えが面倒な事になる。
家発が8時半頃に、途中は通勤ラッシュで大混雑。
コンナ事なら早朝移動の方がまだ良かったかなぁ。
反省は後の祭りで昼食時間には早すぎる羽田着!
空中で昼、地面に着くのは13時を過ぎる。
コレじゃ移動時間は短いが飛んでいくのは考え物だ。
奥方は一日中乗り続ける鉄道移動は却下だから。
この時期の渡道は飛ぶしか選択肢は無いけれど。
狭い座席に押しこめられるのなら。
船に乗るとか数日掛けて鉄道移動の方が楽だと思う。
しかし僕が予定を立てると始発に乗れば終点まで?
ついついソウ言う予定になってしまうしなぁ。

ついでと言ってはアレだけど?
今期の釧路行きと湿原号の映像をUPしたので。
https://www.youtube.com/watch?v=_a2Ph4A816k

流氷を見に来た!2019年02月14日 07時00分38秒

女満別には5分早着。
レンタカーで北浜を目指す。
ビッシリと接岸しているが薄い?
奥方を物語号に乗せるために駅へ。
そのまま展望台で駅撮とする。
撮影後は追い掛けて網走駅まで。
宿は斜里なので車で移動。
白鳥公園に寄り道して宿に入る。

馬そり2019年02月15日 07時10分16秒

斜里からは積雪も無く快調に走り。
早めの到着、冬期の硫黄山に初めて来た。
かつては硫黄を運んだ鉄道跡をめぐる。
定員10名に本日は8人、僕らの他は5人のグループらしい?
簡単な説明、座布団と防寒着の貸出。
センター横に回ると橇が待っていた。
今回のメインイベントとも言える。
中々に面白い企画だなぁ!