釧路行 臨港ホッパー2019年02月05日 08時15分01秒

間が空いたが釧路初日の後半を!
釧路市内に戻り臨港線のホッパーを見に行く。
海が綺麗で重機が忙しそうに動いている。
午後便待ちだが運休も多く、見に来ただけ暫く待つ。
坂の上から外人女性が此方に向かって歩いてくる?
こんな所に何しに、こんにちはと声を掛ける。
パンフレットを示しココで良いのか聞きたいようだ。
英文の釧路市街図、なんとコノ場所にカメラマークが。
博物館に行った様で徒歩でココとはカナリの距離だ?
聞きたがるので石炭列車にホッパーと話すも通じず。
ライカのカメラを見せるのでドイツ人かと聞けば。
フランスと答えた、フランス語では通じる訳も無し。
明日は摩周で鶴を見てウトロと網走で北見の焼き肉?
単語の羅列で旅程説明を始める。
スマホに昨年の写真が有ったので鶴や流氷を見せる。
驚いて何時のモノかと聞かれるが昨年が通じない。
15時半まで待つも汽車は来ず撤収と告げる。
彼女は先に歩いて行ったが住宅街の外れでタクシーが。
こんな所に流しがいる訳も無し不思議だなぁ?
日本語は話せぬのにバス停を指定したのかなぁ。
イキナリの寒い待ち時間、身体が冷えて疲労感が。
撤収後に何故かパフェを食べる事になる?
手持ちパフェと言う新種で透明のコーン状の入れ物。
釧路滞在中の車代と豪華夕食をご馳走の予定で。
時間潰しに釧路市内をドライブするが披露で爆睡。
明日もあると本日は解散、ホテルに戻り早寝とする。




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック