旅の記憶2019年06月24日 08時09分38秒

思い出なので以前にも書いたと思うのだが?
先日テレビの旅番組を見ていて思い出した。
十代の頃、汽車を見に休みの度に出掛けていた。
何処で覚えたか、教えて貰ったのかは忘れたが。
旅する知恵の様な物だったしマイブームミタイナ?
旅先でお茶を飲みたいと思ったときに和菓子屋へ。
当時だと和菓子の値段など安い物だったと思う。
ソコで菓子を買ってお茶をもらえるかと聞けば!
かなり良いお茶が飲み放題になるという技?
店によっては思わぬご馳走になったりと言う記憶?
ランクの高い立派な店ほどコノ技は有効で。
背負子を背に若者がふらっと来店し和菓子を買う。
ココで食べたいがお茶をもらえるかと言う訳さ。
店によっては店主直々に入れてくれたり話したり。
良いお茶で美味しい菓子をご馳走様と言う仕掛け。
喫茶店の珈琲よりは遙かに安く喉を潤せる。
山陰の鄙びた駅前、古い和菓子屋に寄ったとき。
若い店員が対応し、お茶を飲みながら話すと。
歳は幾らも変わらぬ美しい女性(記憶の中では?)
東京からに驚き、同年代に感心された。
30年程過ぎ、その町に寄ったが駅前はビル街。
離れた所に菓子屋を見つけて、その話を思い出語り。
対応し話を聞いてくれた奥さんが、それ私ですよ。
店主に気に入られて若旦那と一緒になり店を継いだ。今度は奥さんが、再開発で立ち退きにという話を語る。
それからでも20年以上、記憶は良い事しか残らない。