昭和47年3月2019年06月25日 08時30分24秒

更新したスキャナーで昔の写真を読み込んでいる。
昭和47年、春の東京駅に二日続けて出かけている。
この日は東京駅発の夜行急行列車が消えた日だった。
前日までは寝台急行でコノ日の夜から寝台特急へ。
朝到着の呉線内をC59が牽引した10系寝台急行は。
博多まで行かぬなら、安芸でも良いのにと思ったが。
東京着で廃止、夕方には下関行きあさかぜに変る。
出雲と瀬戸は名称そのまま特急に格上げとなった。
今では考えられないことだけれど。
入線後の短い時間に駅員の誘導で撮影会があった。
ヘッドサインを撮影している僕らに、順にどうぞ!
そういう風に声を掛けてくれて線路に降りたんだ。
これが東京駅だもの驚きだよねぇ。
狂ったような騒ぎになるSLブーム直前の頃。
鉄道車輌を撮していると珍しがれた時代だった。