納税者の義務と税務署のお仕事2019年10月10日 08時17分13秒

久々のお出掛け谷川岳を眺め昼は蕎麦を食う。
遠回りだが早く行っても用事はなし、三国峠を越える。
国境のトンネルを過ぎれば小雨が降ってきた。
苗場から山を下りて貝掛温泉辺りで雨は止んだ。
トイレ休憩で道に駅に寄りお茶でもするか。
ココもモンベルカードでソフトが100円引きと有る。
それなら食べるかと売店へ、先客が何か話している。
長く掛かってソフトを買う、僕らも二人分を注文する。
売り場のお兄さんが地図を見せて説明を始めた?
道の駅内は10%で持ち帰りとは敷地外らしい!
ソフトは持ち帰らないだろう、10%支払いを済ます。
モンベルの100円引きは一人分、そりゃソウだろう。浅い池が有り小魚が泳いでいる、ベンチで食べ始めた。
フト見れば池を越えた先、国道の歩道に人がいる。
あの人は何をしているのかなぁと眺めていたら。
ナント、さっきの先客でソフトクリームを食べている。
偉いなぁ、2%の為にアソコまで歩いて行ったのか!
食べ終わったのか見えなくなってしばらくしたら。
池を回り込んで戻ってきた、たいした節税意識だ。
ここでは殆どの人が持ち帰ると嘘を言うそうだ。
敷地外にまで出て食べてから戻る人は珍しいとの事?
ああいう人も居るのだから休日返上で税務署員は。
脱税者の摘発に道の駅などに出動した方が良いなぁ。