羽越返し2019年11月08日 08時20分05秒

羽越の出だしは遅い、いなほで練習し撮影地へ移動。
先着二名を見れば同宿の方々、挨拶して入れてもらう。
長い待ち時間に少し増えたがそれでも4・5人か。
湿気が有れば蒸気も出るが晴天で予定ほどでは無い。
力行、良い音で通過し早撤収で次の場所へ。
漁港を入れる何時もの場所、警察官が警備中。
駐車車両を調べて集落を回っている?
ご苦労さんと挨拶し、許可を得て橋の上で待つ。
遠く岬に捌けるのが綺麗と言うもカメラ間に合わず。
光る煙は心のカメラに録画する!
予定の場所に移動するも駐車車両が邪魔になる。
仕方無しと少し先の高台に構える。
ソコへ若い子がやっていて挨拶し入る。
良いですかと聞くのでアノ車が邪魔だろうと話す。
なんと!あれ僕の車ですと言うでは無いか。
どけて貰って広く写す事が出来た。
撤収し村上を目指す、途中で友人達を見かけた。
毎度の混雑で焦るも無事に到着今回は切符も有る。
ホームに出れば回送のEF81連結作業中。
村上の観光協会がお茶を振る舞っていた。
美味しいお茶だったので空の水筒に入れて貰う。
記念におばさま達の写真をと言って怒られる。
ココは多少の事は押さえてお姉様と言うべきだった。
帰りのいなほは普通車だったが意外に椅子が良い。
新潟駅に着けばE7が待っていた。
初めて乗ったがG席に足置きが出てくる。
これで来た時のE2と同じ値段というのは複雑だ。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック