鬼怒川の帰り2019年11月13日 08時07分43秒

鬼怒川公園に来ているのだからアノ場所へ寄る。
「コレより返す」の小原沢古戦場。数分の滞在。 
http://imws.asablo.jp/blog/2010/11/01/5460182 
大イチョウを見に行こうと移動を開始。
何処なのか確認すれば南会津と言う、遠いなぁ。
山越谷越え会津に向かう最終行先は檜枝岐らしい。
途中に曲家の里と言う看板を見つける。
何度も通っている道なのに気が付かなかったなぁ。
集落入り口のソバ屋で早昼にする。
昨日とは大違いのキノコたっぷりの蕎麦と天婦羅。
味噌を乗せた団子の様な物を注文、美味い!
橋の袂に料金所があり集落全体が有料となっている。
これは良い方法だと思う。
住人の方が生活されている事を伝えられ橋を渡る。
長閑な景色で水車や粉ひき小屋があり畑の道を歩く。
一軒が展示用に開放されていて囲炉裏に火が。
案内の方の説明を聞き見学、集落を一通り見て移動。
廃校になった小学校の校庭、大銀杏を見学する。
他の銀杏は紅葉していたが大銀杏は色が悪い。
丁度に日も陰り工夫しても色が今一は仕方ない。
屏風岩と言う場所が中々宜しく暫し散策する。
太陽の光線が丁度良く流れる水も奇麗だ。
夕景迫る時間に檜枝岐着、歌舞伎の資料館を見学。
これにて全行程を終了、一目散に古河に向かう。
晩飯はばんどう太郎に寄り、味噌煮込みうどんを食う。
奥方は初めて見たようで喜び写真撮影をしていた。
見慣れている人には普通の風景だと思うが。
かの店は知らない人にはインパクト有りだと思う。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック