今年最後も東京電力2019年12月27日 08時31分17秒

MSでは東京電力の高圧受電設備を預かっている。
小さな部屋の中に高圧電源が納めてある。
新築時に書類授受で保守体制なども決めてある。
内容は簡単な話、東電社員の有資格者しか通さない。
緊急時は貸し出しの鍵で入る以外はコチラが開ける。
それには事前に東京電力から連絡が入る。
数年前にパワーグリットと言う会社から連絡が来た。
東京電力からは事前の連絡が無いから入れない。
ソノ後は東京電力と名乗って連絡があり入れていた。
些細なトラブルから名乗ったのはパワーグリット。
4年ほど前から東京電力では無かったとバレタ。
それで謝りに来たのだが・・・・
使用貸借契約書も鍵の預かり票も東電のママ。
パワーグリットと言う会社とは話した事も無い。
話に来た人達は分社化したとか引き継いでいるとか。
自分達の社内での事を一生懸命に話すのだが。
対外的には何の説明も挨拶も契約変更もしていない。
コチラから東電時代の約束は有効か聞けば。
全て引き継ぎ有効だとの答え。
ならば、東京電力として移管したと説明無くば。
東京電力社員以外は通さ無いという約束を守る。
あなたたちを通す事は約束で出来ないんだよと話す。
先日の侵入者の件も例として説明した。
発注元がパワーグリットなのに東京電力と言い張る。
分社化したのに旧社名での訪問はアヤシイヤツ!
ソコの所を御本人達は解らないみたいだ。
ソウイウ訳で年末のイソガシイ時期に。
毎日のように東京電力の方から謝り隊が大勢来る。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック