流氷行Ⅰ2020年02月20日 10時11分57秒

昨日帰った、最近はPadも持参なので繰り返しに。
行程途中の報告も細かく掛けるようになっている?
整理しながら報告を行うのが伝統の様なモノだ!
大洗夜行便は10時半までにチェックイン。
どうしても早めに出発してしまう。
何時ものスーパーで食料を調達して港へ向かう。
イキナリ一時間押しと言われる?
早めに着いての押しでは2時間ほど待つと言う事だ。
徒歩乗船の奥方も30分ほど乗船が遅れたらしい。
ゲートも開かず誰もイナイので心配し電話が掛かる!
乗ってしまえばフェリーなどすることも無し。
風呂に入って寝るだけだ。
何時もは棺桶のような寝台だが今回はデラックス?
二部屋しか無い個室を予約している。
船齢も古いので予想通り余り綺麗では無い。
地方ビジネスの古い広めツインのような部屋。
苫小牧行きだと個室は海側で窓は見えぬくらい汚い。
自動販売機の並んだ食堂の先、倉庫のようなドア。
通路と有る鍵を開けて二部屋のドアという作り。
ユックリと寝て覚めて見に行くと金華山沖だった。
天気は良いが少し霞んでいて三陸も良く見えた。
朝飯、昼飯の後はひたすら寝る。
奥方に文句を言われるが寝る以外にする事は無い。
定時に着岸し、何時もの回転寿司屋へ向かう。
相変わらずの筋子から、軽い夕食を取る。
何時もならこのまま走りだが、今回は奥方同行。
本日は苫小牧のホテルに宿泊となる。
夜行便だとココがもったいないが仕方が無い?



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック