流氷行Ⅲ2020年02月25日 08時11分53秒

予定の帯広泊なら、釧路着が11時頃。
上手く騙して丁度良く湿原号撮影だったのに。
昼までは待てないと早めの出発で鶴居に向かう。
奥方は流氷が気になって鶴などどうでも良い?
早く行かぬと流氷が逃ると騒ぎ、鶴には時間も遅く。
初めて来たが撮影者の方が遙かに多いのに飽きれ?
ココで時間調整すれば汽車が来ると考えたが。
こりゃぁ無理だと先へ進む。
湿原号の釧路発車時間には流氷押し寄せる北浜に到着。
浜に降りて奥方念願の流氷に乗ったり触ったり。
奥方的には満足がいったようだ?
天気が悪く雲が出て来て知床も斜里岳も消えていく。
昼飯を停車場で食べていると天候が悪化、景色は霞み。
見る見るホワイトOUT、これでは夕日も出ない。
時間つぶしと北方民族博物館へ行く。
ユックリと見学し早めにホテルに入る。
網走まで来ているのだから気動車でも写せば良いが。
そのままホテルでマッタリとしていると。
流氷物語の到着、斜里人も到着し協議するも。
サンセットクルーズ絶望でキャンセルとした。
歓迎大宴会までゴロゴロしてタクシーで繁華街へ。
渡道後にやっと北海道らしい食べ物で宴会となる。
紋別のガリンコ号が今期最後と聞き。
斜里人が乗った事が無いらしい、明日は紋別と決す。
釧網線の最終に間に合うように網走駅解散。




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック