遣唐使船2020年04月01日 08時40分44秒

昨日の復元船解体の話で思い出した。
瀬戸内海の倉橋島に遣唐使船が有る。
コレも実物大復元船で船大工が作ったと聞いた。
出掛けていったのは2007年だったようだ。
既にグラスファイバで補強、木材の傷みが見えた。
ココも見学者は皆無で案内してくれた方が喜んだ?
今はどうなっているのかと調べれば。
屋根が出来ているようで、あのまま保存されている。
双方共に航海可能なサイズの復元船だ。
此方の方は確かに陸に上がっていて浮いてはいない。
石巻に比べれば身の丈に有った展示施設。
そう言う印象が有る。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック