札沼線の思い出2020年04月21日 08時09分04秒

札沼線にまだ数本の列車が走っていた頃。
鉄友の葬儀の帰りに新十津川を通りかかった。
駅を見れば丁度良く気動車が停車中、序でと撮影する。
走り去るのを見送って移動、しばらく走っていると。
踏切が鳴っている、何時の間にか先行していた。
結局は追いつき追い抜いて数回の撮影をした記憶。
闇中に遠くまで見えている尾灯の赤い光が懐かしい。
この時は突然の訃報にはやぶさ・はまなす・S北斗
オホーツクと乗り継ぎ、通夜と葬儀。
鉄道好きの友人を送る旅だからと言う訳では無いが。
帰りもオホーツク、S北斗・はやぶさと言う旅程。
札幌からの友人も来ていてオホーツクをキャンセル。
帰り車に乗せて貰い札幌までの移動中の事だった。
夜に走る札沼線を見たのはコレが最初で最後となる。
今でも親御さんと付き合いが有るのだが今年7回忌。
そう言えばアノ時は札幌からの帰りもS北斗遅延で。
汽車好きの友人を送った帰りだからコレも供養と。
勝手な理屈で函館から北斗星の個室で帰ったと思う。