簡単流し2021年07月12日 07時57分51秒

撮影方法で流しとか呼ばれる技法がある。
動く被写体に合わせてレンズを振る写し方で。
背景が流れて動いているモノが止まって見える。
以前は普通に撮影していたが年取って最近は使えぬ。
シグマの50-500を買った時にレンズに手ぶれが有り。
上下のみ手ぶれが有効になるSWが付いていた?
なるほど!コレを使えば簡単に流せるのかと関心。
実際はレンズが重すぎ余り使わないで死蔵している。
K3Ⅲを購入したらペンタ部分にソノSWが有った。
早速使ってみたが歳を取ったか同調出来ない。
ソコで手持ち連射で目で追いながら切って見た結果。
ナントか見られる一枚を。
まぁ、三脚を使えば良いのだけれど。
それも水平にSetは意外と面倒、振るのも難しいのよ。
カンが戻ればSW一つでコレが出来るのは良いかな?
技術の進歩だと思うが使わない機能は増えるなぁ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
面倒を掛けますが投稿には
質問欄に「夜汽車」と
入力をお願いします。

コメント:

トラックバック