地吹雪2011年12月23日 19時40分11秒

カメラ道具と雪山の装備を用意する!
そうだ! ストックにお皿を付けないとイケナイ?

呑気に準備していた? 朝食後、ロビーに人が多い?
強風による横殴りの風で外に出られないらしい?

気楽に考えていたが、冬山用の装備に身を固め。
エレベータで出会った人が僕の姿に驚いていた?

まさかなあ、ホテルから駅まででストックを使うとは?
時々風下に身体を向けないと息ができないんだ?


参ったなあ 恐るべし北海道

函館まで来た!2011年12月22日 23時25分43秒

大阪から乗った日本海は順調に走りほぼ定時で青森着、とんぼ返りで津軽新城へ美味い工合にあけぼのも定時!
撮影後、野辺地経由で大湊まで、本日の目的を達成しバスで移動。
一時間半も乗るバスが小さくて可愛い?
軽食を取りスーパー白鳥で函館入り。
グリーン車は子連の五人家族、これがウルサイ。
とりあえずチェックインし再び駅へ。
あらら北斗星は既に入線している。
友人と落ち合い 函館らしい飯を食う。

報告はこんな感じ。

携帯の無線ポイントを用意したのでホテルでもアイパットが使える。
使えるがあいかわらず、写真ははめられない?

細かな事は追ってUPするとして今日のところは無事に函館にいるって事で?

出かけます。2011年12月21日 07時18分30秒

のぞみ23号9:30東京発・・・ 大阪で遅昼だな!
荷物は送った! 背負って行くのは何時ものバック?
カメラを減らし防寒具を詰めてある が 意外に思い!

今晩は寝台特急で明日の朝が・・・ 朝食を取る時間は無いと思う?

夜遅く函館に着くのでブログは更新できそうだけれど・・・
あいぱっとからは相変わらず写真が載せられない。
文句を呼んでもつまらないだろうが? そこは無事の報告と言うことで。

おっと急がねば・・ ここで乗り遅れたら? 恥ずかしい!

ばんえつ号に乗る2011年12月20日 07時24分01秒

蕎麦センタで集合! 天蕎麦大盛りを  うまい?

昼食後、朝から同行の友人は用事で帰る。
名古屋と三重の友人は日出谷の花火へ向かう?
 一緒に行くかと誘われるも・・ 誘惑するなあ!
ココは踏みとどまって山都駅まで送って貰う?

車が走り去って駅舎に入ると女子学生?が2人携帯で遊んでいる。
ストーブが暖かい・・ 帰投用に荷物を整理しなおす。

お菓子か何か買ってこようと駅前に出るがナニも無い?
 踏切を越えてまで行く元気は無い・・

次の普通列車で誰もいなくなる?
 なんと降りてきた知り合いを送って委託のおばさんまでいなくなる?

無人の駅に一人残される。
自販機でお汁粉を買って飲むも・・美味い物じゃ無いなあ?

時間前にホームに出てビデオを回す。
 汽笛が聞こえてばんえつ号が入線、撮影後に乗車する。
あっ君とはすぐに会えたが席は5号車?移動すると4号車で手品を?
人集りをかき分けて指定席に行くも仏頂面の相席客が3人?
荷物を置いて展望車へ移動する。

滑舌の悪い手品師を後ろから見ると言う変わった体験が出来た。
 子供が仕掛けてある鳩の事を心配している?
  鳩が可哀想、息が出来ないのでは? って 手品師!ダメだろ。

雑然とした車内は居場所が無く二人でそのまま展望スペースに!
 せっかくの日出谷の花火も停車時間を詰めて慌て気味に発車する。

津川駅が照明が増えていてこりゃあアソコから撮せば綺麗だろうと?

少し遅れて新潟に着く、せわしいので一本遅らせて・・・
 軽食を食べて、あっ君と別れ新幹線で帰る。

とりあえず急いで報告を・・遊びが多すぎて仕事をしている暇が無い!
明日の朝はブログを書く暇も無いかも知れない?

何処に行ってナニをってソコの所もあやふやなまま明日は日本海に乗る

磐越西線クリスマストレイン2011年12月19日 08時19分43秒

北海道行きの準備がだいたい整って・・・
ソコへ新潟地方大雪のニュースが流れる?
去年の雪景色を思いだしむくむくと悪い虫が騒ぎ出す。

誰か行かないかなあ?   実は足が無い!
時々登場する馬鹿げた車では出かけることは不可能だ?
 
Webで呼びかけると行きたいなあ・・ 行こうかなあ?
そう言う返事が・・・ そのうちに行きましょうって言うのが!
但し、行きのみ夕方に用事があるらしい?
 友人の息子が往復乗るという情報が・・
   おお おっちゃんの切符も買ってくれ!

それからが大変! 北海道行きの荷物をほどき組み替え?
 ついでの防寒着のテストだと着込む!とりあえず長靴で!

何時ものように始発の地下鉄! 意外な事だが?長靴の人が多い・・・ 
 と言うわけでとき301に乗る。

上越国境に掛かると積雪は凄い!雪煙を巻き上げ失踪する。

長岡を過ぎると青空が覗く・・ あれ? 吹雪じゃ無いの?

新潟は曇りだが明るい、迎えの車に乗せて貰い連絡を!
ロケハン中との事、あとを追う・・
新関は凄い人・・ココで気がつくべきだったなあ?

人の少ない場所・・それじゃ何時もの場所にするかって誰も居ない!
煙も良く景色は良いがどうもカメラがイマイチ調子が出ない・・・
 案の定、ビデオで引くとこを寄って何時もの失敗。

追いかけて昨年の万歳ポイントへ既に友人がスタンバイ!

高速に乗り川吉へ・・・ ところがココが凄い人だらけ。
 参ったなあ・・ 普段は空いている一番奥まで行っても人集り?

仕方が無いので・・ 以前から気になっていたINに入るも・・  
こんな所だろうなあ?   と言う反省!

北海道へ行こうと思って2011年12月09日 08時39分46秒

去年の大雪騒動で学習したのか?
今年の磐越西線クリスマストレインの運転日が変わった!

そこへ北海道の蒸気運転のお誘いが・・・
重ねて寝台特急日本海の廃止がニュースに流れた。

出かけようかなあ?
中々決められずに時間が経ってしまった。

運転日に間に合わせるには前日に函館に乗り込むか北斗星だな。
指定券を依頼すると、日本海のA寝が確保できた。

良し! 行こう と 決める。

東京から新幹線で大阪へ、始発から日本海に乗る。
帰りをどうするか? あけぼのの個室もA寝も完売?
そうだ! 新幹線はやぶさのグランクラスってヤツに乗ってみよう?

こうして行きと帰りの便は決まった。

後は初日と終日の予定を考える。
 津軽鉄道のストーブ列車と大湊の斗南藩藩士上陸碑への訪問。
  美味い具合に行かない? 冬の臨時列車は23日から!
   青森着が22日なので両方は無理がある・・・・・

ただいま調整中、 しかし・・考えてみたら?
 往復ともに大阪経由の日本海でも料金はそんなに変わらない・・・

21日
東京9:30-のぞみ23-12:06新大阪-大阪17:47 -日本海-

22日
-日本海-8:45青森9:07-9:16津軽新城10:17-10:29青森11:59-12:42野辺地12:56-13:57大湊 -徒歩- 斗南藩士上陸の地
むつバスターミナル15:00-16:31野辺地16:54-17:42青森18:56-S白鳥31-20:47函館

23~25日  人任せ?
(22~24日、コンフォート函館(駅のすぐ前)/25日東横イン青森)
撮影終了後青森へ移動。
26日
青森7:12-7:17新青森7:51-7:59鶴ヶ坂
鶴ヶ坂10:49-11:16川辺11:30-12:02五所川原12:45-津軽中里-16:02五所川原
五所川原16:12-16:48川辺16:50-17:23新青森18:14-はやぶさ6-21:24東京

大湊は徒歩15分 行って・見ておしまいだからそのままバスで帰る。
奥羽本線の撮影は・・寒そうだが、行かないワケにも・・・・
ストーブ列車は乗るのと見るのと・・・

  肝心の函館3日は・・・  お任せで?  コンナン出来マシタけど?

米沢へ2011年12月02日 08時33分24秒

夜中に目が覚めた時は、粉雪が降り続いていた。
同行者が深夜に風呂に行った様だが面倒なので寝たふりをしていた。
朝は晴れるだろうという明るめの曇り、温泉に誘われたが外を浴衣で歩くのは面倒だ。
ココのホテルは食事に来る場所では無いのだろう?
そんなに凝った朝食でも無く普通に最近の旅館のバイキングだ。
心配していた路面状態も問題なく山を下りる。
昨日の夕方に山寺を強行したのは米沢に寄るため!
米沢牛を食らおうという計画らしい。
米沢の何処へ行くかも決めていない。とりあえず城を目指す。
周辺に無料の駐車場が有るらしい、何処へ停めるのが良いか判らない?
案内に沿って走ったが一杯で空いている場所を探したら横手になった!
城の横から入るも目当ての一つ、場内の博物館は震災の復旧中。
 
上杉謙信
・上杉景勝/直江兼続
・上杉鷹山の銅像が順に並ぶ?
なるほど! オールスターズって所だろう。
戊辰の役からの慰霊碑が城跡の祖廟の跡地に有るんだねえ?
城跡から郷土資料館に寄り武家屋敷前を歩く!
藩主の居館と有ったが維新後の建物でレストランになっていた。
ココで食うかと考えたがイマイチなので城跡を抜けて駐車場に戻る。
途中に春日神社が有った?こちらの人は上杉謙信が好きなんだなあと思う。
飯には早いので車で移動し墓所に向かう!
此方でも上杉謙信・上杉景勝・上杉鷹山の3人は特別扱い?
そう言えば吉良上野の息子は影が薄いなあ・・・
車に戻り、肉屋を探す。
貰ってきた資料に、まさに肉屋があった?
市内の崩れ落ちそうな駐車場に車を止めて?
隣の肉屋に行ってみる。 一階はマンマ肉屋で2階がレストランだ。
階段を上がり店に入ると意外や無愛想な感じ・・・・
せっかく来たので米沢牛を食おうと同行者が聞くが・・
   みんな米沢牛と答えられた・・そりゃあそうだ!
 馬鹿げて高額なチャンピョン牛は止めにして200gのステーキを。
 ロースを頼むが出てきた肉が見た目がヒレ風・・ 
なるほど脂部分をカットしてある、正味の肉が200g。
 久々に美味い牛肉を食った。 都内の有名店の半額だな!
    味は此方の方が断然美味い!  来て良かったとご満悦!
   
全ての旅程をこなし帰路につく。
 思ったより早く帰宅でき、家まで送って貰った。
    しまった、それなら土産を買ってくれば良かった。



羽黒山から山寺2011年12月01日 08時36分29秒

鶴岡まで来ていたとは驚いた!
朝、宿を出て小高い山を越えて平野に出たら鶴岡だった?
市内を通過中に信号で止まると資料館のような場所!
時間はあるというので寄ってみる。  
相変わらず明治の人はグルグル好き!
庄内藩の資料も豊富で思ったよりも広い!
以前から気になっていた戊辰戦争後の庄内藩と薩摩藩の関係など・・
良く判り、面白く見学が出来た。
次に向かうは羽黒山だという?

雨も降ってっきたが新型の雨具も用意してあるらしくやる気満々だ。
何時ものように肝心な所で迷子になりかけながらもう少しで羽黒山!
向こうから山伏の一行が歩いてくる・・ 僕は興味を惹かれたが・・
同行者はナビとの会話に夢中でひょいと曲がってしまった?
これがその夜のニュースで知ることになるが羽黒山の一大イベントだったらしい折角行き会えたのに惜しいことをした。
駐車場に車を止めて傘はささずゴアのパーカーを羽織り雨中を歩かされる。
ズボンが夏用なので足下が寒い! 防寒手袋をはめる。
観光バスの一行が歩いているのを追い越して階段を急ぐ!
ああいう人達と一緒に名跡を見るのは大変だからナア。
長い階段を下りきり小社の角を曲がると橋が有り滝が見える。
その先で道が分かれ左折で有名な塔が見える。誰も居なく雰囲気は良い!
ここからズッと歩いて行けるらしいが戻り車で山頂を目指す。
雨は止まず、ますます寒くなり、霧で景色も霞んでいく。
山頂のバス停辺りの駐車場に車を止めて歩くが本殿の前まで行けたようだ?
山の空気の中を歩く方がココに来たと言う実感が湧くと強がりを聞く。
なるほど大きな建物だ・・・既に雪囲いの準備で覆われ始めている。
同行者は工事中と勘違いしている? みんな足場がと言うので教える?
寒いので看板に誘われてごま豆腐付きの抹茶を頂く・・・ウマイ!

山を辞して移動を始め、道の駅を見つける雨は土砂降りになる。
危険なのでココで昼食とする。
 チョット悩んだが安全策で天麩羅蕎麦を頼む。 
 他の客のモノを見てシマッタ鴨南蛮だったなあ・・既に遅し。
この道の駅は漬け物会社がメインのようだ蕎麦屋にも漬け物が並ぶ。
食べ放題でそれぞれが美味い。

その後は山寺へ行くと言い出す? ええっ山寺って 今から登るのか?
途中の峠で雪になりみるみる真っ白に、遅れたら夏タイヤでは走行不能になる所だった!
既に暗くなり始めているのに参る気満々だが相変わらず道を間違える。
へー随分と大きなお寺があるねえと対岸を見ていたらそっちが山寺?
車を止めて歩き始める・・幸い雨は止むが薄暗くなっている。
階段の連続はキツイが仕方が無いので付いていく。
思ったよりはコンパクトだなあ・・と 奥の院まで行く。
何とか明るいウチに景色を見終わりスタコラ降りる。
とりあえず名物のコンニャクは店仕舞いギリギリで間に合う!
ココで・・・なんと今夜の宿は蔵王だと言い出す。

市街を抜けると冬景色に戻り危険な程の積雪となる 真っ白!
ノーマルタイヤで新雪を踏みしめやっとの思いで宿に着く。
スキーリゾート風のホテルで・・ 部屋は狭いなあ。

なんと温泉は駐車場の向こう400mm程は離れている。
お湯は良かったがソコまで行くのに雪まみれになる。
 綺麗な内湯は温泉では無いとのこと?
    あまり美味しくない食事の後はすぐに寝る。



新発田から湯野浜温泉まで2011年11月30日 08時06分00秒

新発田駅に着くが迎えが来ない?
今回は津和野から真っ直ぐに新潟へ、こんな事は二度と無いだろう?
知り合いの和菓子屋に食べさせようと源氏巻きを土産にしたわけだ。
 峰月堂の源氏巻きを和菓子屋へ持って行くと言ったら上用饅頭を食わせたいって言い出したが間に合わなかった。
      次回は笹団子を代々屋に食わせたいなあ?

同行者の到着までお茶しようと思ったのだが?
新発田駅前には喫茶店も無い!
新発田人が自慢げに駅前なんてナニも無いと吠える?
仕方がいのでお願いして大型スーパーまで送って貰う。
      スターバックスでヤヤコシイ名の飲み物を飲む!  
        意外に早く本日の運転手が登場する。
         
ココからは運転手付き接待旅行となる。
春先にイクラが食べたいと訪問し・・既に泳いでいるイクラに感心した。
その時のリベンジ! 村上に向かう・・ 高速道路が延びていたのか?
勢いに乗りすぎ村上を通過しそうになる。

今回は直接イヨボヤ会館を目指す、遡上する鮭が見たいらしい?
僕は北海道で何度も見ているのだが同行者は初めてで期待が大きい!
入場料を払い展示は見ずに三面川が見える地下へ行く?
窓が汚れていて水も濁っている・・  見えない・・
並んでいる窓を眺めていると大きな魚影が横切る! 鮭だ! と 叫ぶ?
見に行くと何のことは無い死にそうな鮭がヨロヨロと泳いでいる。
彼はそれでも大喜びなのだが・・ こんなモノなのか?
そのうちにもう一匹現れたが此方も死にそうな鮭!
春にはいなかった展示水槽の鮭を見て早々に立ち去る。
前回はいくらが泳いでいた場所へ行くと孵化待ちのいくらがこれなら食える。
駅前まで行って店を探すがワカラナイ!新発田人に電話し教授を依頼する。
駅前の・・ 言われた場所を行き過ぎ探し再度電話で・・
なんとそのまま駅前じゃ無いか? 小綺麗な店に入る。
いくら丼ぶりを頼むが遣り取りを聞いていた店の方がイクラだけ大盛りにも出来ると言うので僕はそっちを頼む。
北海道の2倍くらいの料金でイクラはとても新鮮だった。
口の中で噛もうとすると逃げ回り堅い、新鮮と言うことだな!
この後の予定と話を聞くと今夜の宿はエラク遠いらしい。
どうもこの同行者はこう言うことが多い?
魚屋に寄っていくらを確認。
塩引きの工程を見学して
ひすら走りそのまま今夜の宿へ・・
海沿いの温泉街だが散歩に出るほどの景色は無い?
意外に宿泊客が多く営業的に頑張っているのがワカル!
料理は中々美味しい! 温泉も綺麗でよろしい!
翌朝解るのだが女性客が多く男性は少ない・・
 なるほど! それで風呂が貸し切り状態だったのか?



新山口から新潟へ さくら-きたぐに2011年11月29日 09時06分29秒

大阪人はホームまで着いてきて高速で通過する新幹線を眺めている。
今晩帰るか・・明日にするかまだ決めかねている。
 何時もなら大阪まで一緒に帰るのだが?今回は切符の変更が面倒だ?
500系のこだまが走り去り、程なく九州新幹線さくらが入線してくる。
来る時はみずほの指定席、帰りはG車を予約している。
車内に入ると半室で少し狭い・・・
指定席との差別化を考えると3列でも良かったのではと思う?
椅子にそんな差は無く、ふくらはぎ部分が電動で持ち上がるが・・・
そんなに良い椅子とは思えない? ドリンクのサービスも無く普通だ?
通り抜けるお客も多くそんなに豪華でも無い、こりゃあ指定で良いなあ。
そんなに感動も無く定時で新大阪に滑り込む?
接客係も特別良い対応では無く? 値段からしてチョット残念!
快速で大阪へ移動し飲料と食い物を調達する。
これから最後の急行列車に乗る。
寝台特急としてデビューしてあまり縁が無かった車輌
昼行のはとに乗ったくらいしか乗車歴は無い車輌が使用されている。
数年前に大阪へ行くのに新潟経由で寝台は乗った。
今回はG席を予約してある。 国鉄時代製造の最後のグリーン車だ。
ホームに上がると既に入線している。
とりあえず先頭へ行き顔写真を撮影、お姉さんが一人写している?
荷物を席に置き編成の様子を見に出る。
先ほどのお姉さんがホームをうろついている?
後部に回ったらソコでも遭遇する?  
  最近、話題の鉄子さんという種類の方らしい・・  
 発車時間が近づき席に戻ると通路を挟んで反対側に座っている。
なるほど!旅慣れている感じだが僕らとは違う種類の趣味人だなあ?
以前に寝台を利用した時は誰も乗っていなくて驚いたが・・
意外に多く50%は乗っているなあ・・  驚いた!
少しフラット気味の打音がうるさいが581系らしい走行だなあ!
但し、この編成?まるで昔の客車列車みたいに発車の度に!加速減速時も前後の歩調が合わずぶつかり合う感じだ?
連結器のバネが弱っているのかなあ・・・
往年の客車急行に乗っているような振動を感じながら    寝た。
金沢で長時間停車すると聞いていたが寝ていた。
目が覚めると車窓に日本海が見えてお客の数も随分減っている。
長岡停車が長いので蕎麦でも食えそうだったが・・・
ココからは磐越詣で何時も乗る区間だ、新津まで急行そこから快速となる。
新津駅侵入時に自由席周辺のホームに列が・・ 結構混むんだなあ?
各駅で相当な人数を拾って行く!
この列車は新潟地区の通勤通学には欠かせないのだろう。
当初は新潟駅で待ち合わせだったが新発田に変更となり?
到着後は急いで白新線の快速に乗り換える。